★ 音楽と季節の記♪ ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS G線上のアリアで涙

<<   作成日時 : 2006/03/15 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 11

もうすぐ長男の小学校の卒業式です。
その時、ちょっと気がかりなことがあります。
音楽で涙が出てきてしまうのです。

実は3年前長女が同じ場所で卒業式をしました。
系列の大学のホールでやるのです。
卒業証書授与が始まり一人一人名前が呼ばれます。

その時、突然舞台の後ろのパイプオルガンが鳴りだしました。
G線上のアリアです。その後小フーガト短調、アヴェ・マリアと続きます。

その音と情景に私は涙が出てきてしまうのでした。
それは、卒業していく子供の姿や友達と別れていくことに涙しているのではなく、ただ情景付き音楽を聴いて泣いているのです。

もし純粋なコンサートとしてこれらのポピュラーな曲を流して聞いていたらこれほどにならないと思います。
私は普段はドラマを見ても、本を読んでも、そして多分とても悲しいことがあっても、涙は流さないでしょう。
音楽に弱いのです。

でもそれが悲劇的な曲とは限りません。G線上のアリア(管弦楽組曲第3番「エアー」)は長調で静かな曲です。もしかすると一番好きな曲かもしれない。。。

バッハだからか?
誰の言葉かは忘れましたが
 「バッハはいつもその向こうに死の世界が見える」
というのを聞いたことがあります。

・・・死かどうか私はわかりませんが、
 「この世とは違う別世界をバッハの曲という窓からのぞいている」感じがします。

先日10年くらい以前にとったビデオを見ていたら小澤征爾指揮でロストロポーヴィッチのチェロでドヴォルザークのチェロ協奏曲ロ短調をやっていました。

アンコールにロストロポーヴィッチさんは
 「ちょうど演奏会の前に阪神大震災があったのでその犠牲になった方にこの演奏をささげたい。だから終わったら拍手をせずに黙祷をしていただきたい」
そういってバッハの無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調からサラバンドを弾きました。

いやあ、その演奏も涙が出たなあ。
彼の無伴奏チェロ組曲のCD全集を持っていたけれど
「ちょっと現代の弾き方とは違うなあ。」という感じで理想とは違うと思っていたのでしたが、この時のサラバンドはもう最高でした。
そういえばこれもバッハです。

さてG線上とはもともと管弦楽組曲だったニ長調の「エアー」いう曲をウィルヘルミという人がヴァイオリンのG線(最も低い音の弦)だけで弾くようにしたのでこの名があります。なんでエアーがアリアになったのかはよく知りませんが。このときハ長調になってG線でこってり弾かれるので印象が原曲とずいぶん違います。

もとのオケ盤の方が良いです。チェロで編曲するとA線(一番高い音の弦)1本でニ長調のままなのでこちらはよろしい。
パイプオルガンはバッハにぴったりですし、リコーダー、サックス、シンセなどいろいろ編曲があります。〜下記のCDはそんないろいろな演奏を集めたものです。
(なぜかストコフスキーだけは聞きたくない気が・・・)


↓ランキング参加中。よろしかったらClickお願い致します。
人気blogランキングへ




G線上のアリア100%
G線上のアリア100%

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
G線上のアリアを使ったラップの曲
FMでよく聴くんだけど曲名が分からない。[:ポロリ:] ...続きを見る
うきうき日記
2006/03/17 11:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
G線上のアリアは私も好きです。心の中に穏やかな波が広がっていくようで。

私も以前、不思議に思っていたアリアとエアーのことなんですが、エールとも言いますけれど、元々の語源は同じで、イタリア語のaria、フランス語のair、ドイツ語のarie又はair、英語のair、いずれも「空気、雰囲気」、そして「歌曲」「旋律」という意味も持っているようです。
Elinor
2006/03/16 23:11
G線上のアリアを使ったラップの曲
FMでよく聴くんだけど曲名が分からない。
心に沁みるなんていい曲なんだろう。
うさこ
URL
2006/03/17 11:07
>Elinorさん
補足ありがとうございます。
エアーとアリア語源がいっしょだったのですね。
するとロンドンデリーエアーの意味もわかりますね。

>うさこさん
おそらく1997年に大ヒットした
スウィートボックス(Seetbox)の
Everything's Gonna Be Alright
(エヴリシング・ゴナ・ビ・オーライト)だと思われます。最初のヒットの頃のヴォーカルTINAからヴォーカルがJADEに代わり、あわせていくつもの(7つ)リミックスバージョンがあります。
歌詞の内容は死の床にある彼氏に思いを告げるという結構悲しいものだそうです。
ダンベルドア
2006/03/17 21:46
SWEET BOXの"everything's gonna be alright"ですか。ほんとうに心に沁みるいい曲ですね。ご親切に教えていただいてありがとうございます。いろんなバージョンがあるんですね。CDショップで探してみます。
うさこ
URL
2006/04/01 11:32
はじめまして。突然の書き込み失礼します。
私は、まさにその"別世界"に魅かれ、バッハにどっぷりハマっている者です。

実は、今度の23日、大学の卒業式のBGMとして、パイプオルガンを弾くことになりました。
曲は、G線上のアリアです。

楽譜通りに弾くのは簡単なのですが、なかなか美しく響かせることができません。
演奏会と違って、出席者はいわば強制的に聴かされるわけですから、せめて良い演奏を送りたいなと思うのですが、なかなか難しいものです。

なにか、アドバイス、こだわりのポイントなどありましたら、教えていただけるとありがたいです。
ping
URL
2007/03/21 12:45
pingさん
はじめまして
パイプオルガンでG線上のアリアを弾く。
聴いているほうは泣けますね。(私だけ?)

私のこだわりのポイントは後半の最高音Cになるところが一番盛り上がって感情が自然に湧き上がるところだということです。

パイプオルガンの勝手は分かりませんが、この曲の場合、あまりストップを重ねて重厚な華やかな音を出すより、フルート等の単音でストレートな音を出す方がかえってじーんとくるような気がします
ダンベルドア
2007/03/21 19:02
貴重なご意見ありがとうございます。

そうですね。やはり、後半の最高音ですよね。
ピアノと違って、アナログな音量の調節ができないので、
タッチとタイミングでうまく雰囲気を作り出さないといけません。
こういう曲って、自分の呼吸のタイミングも凄く大切なんじゃないかな、とよく思います。
簡単な曲ほど難しい気がします。。

あ、なるほど。確かに、あんまり重厚な音だと似つかわしくありませんね。
今のところ、軽い音で弾きながら、
繰り返しのところでは、少しずつ音色を変えてみようかなと考えています。
ping
2007/03/22 10:23
昨日、弾いてきましたが、まあまあうまくいったような気がします。
アドバイス、参考にさせていただきました。
ありがとうございます!
これからも機会がありましたら、よろしくお願いします。
ping
2007/03/24 13:30
pingさん

うまくいってよかったですね。

>これからも機会がありましたら、よろしくお願いします。

よろしかったらまたおこしください。
ダンベルドア
2007/03/24 21:45
私も現在21で18の頃にスウィートボックスを聞いてからははまりっぱなしなんです。深い意味合いなど詳しくご存知の方はいませんでしょうか?
聖歌
2007/04/22 05:35
聖歌さん
こんばんは

私はスウィートボックスはこのG線上のアリアしか知らないです。
「死の床にある彼氏に思いを告げる」という歌詞は知りたいですね。
ダンベルドア
2007/04/23 00:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
G線上のアリアで涙 ★ 音楽と季節の記♪ ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる