★ 音楽と季節の記♪ ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 「モーツアルト生誕250年目の真実」をみました

<<   作成日時 : 2006/11/05 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

11月3日の夜テレビでモーツアルトの特集をやっていました。
日本テレビ「 モーツァルト生誕250年目の真実」

モーツアルトは膨大な量の作曲を短い人生の中で驚異的な速さで書いていたそうです。
その楽譜は全く書き直された形跡がなく、頭の中ですでに最初から出来上がっていたということです。

「それは実は我々の誰もが持っている能力。モーツアルトも理解できない宇宙人のようなものではなく、我々の仲間なのだが、自分の中の小さなタネが何故彼だけ大きく育ったのか」(茂木)
という問題提起がありました。

○遺伝子なのか?
 彼の父親のレオポルド・モーツアルトは音楽家でしたが友人からは凡庸な才能といわれていました。しかし幼児教育にかけてはまれに見る天分があったようです。
そしてモーツアルトが生まれる前から兄弟たちが音楽をやり、一家に音楽が満ち溢れていた環境と教育熱心な父が、彼の才能を開花した要因ということです。

○モーツアルトは本番で鍛えられた
 彼は幼少の最初から人々の前で弾き、彼がどう弾いたら人が喜ぶかを実践から学びました。拍手と喝采が彼を育てたのです。

○ 旅が脳に刺激を与える
 ある地域の人だけに受けるのではなく、どんな国の人々にも普遍的に受ける曲を志向することになりました。

 やっぱりこれみていて思ったのは、こんな体験普通の人じゃ絶対できない。まして、交通機関の発達していない、経済インフラも不安定な社会でよくこれだけの体験ができたものです。

現代のモーツアルトとして、14歳のジャズピアニストのマット・サヴェージのことが取り上げられていました。画像
もう何枚ものCDをリリースしているそうです。

ちょっと弾いている様子が映りましたが、ジャズです。
彼が将来モーツアルトのような大器になるかは分かりませんが・・・・・・。

モーツアルトと違うのはパソコンで譜面を書いていたことです。
でもモーツアルトと同じように書き直したりしないそうです。
もっともジャズは基本的に即興ですから出した音符を弾きなおすことはできないわけです。


Quantum Leap
Quantum Leap

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。
モツアルトという天才は、どうして生まれたんでしょうね、天才って天(神)から与えられた才能なんでしょうが。
今日は「のだめ」の日ですね
今日も楽しみです。
ミ(`w´彡)
rudolf2006
URL
2006/11/06 05:41
こんにちは。
私は、その番組を見ませんでした。
民放が作る番組は、変なタイミングでCMが入ったり、芸能人のとんちんかんなコメントが入ったりで、ストレスがたまることが多いからです。
でも、見ればよかったみたいですね(涙)。
のすけの母
URL
2006/11/06 12:03
こんばんは。
ぼくもその番組は見なかったのですが、モーツァルトの作曲期間は29年間だったわけですが、1人の人が毎日8時間モーツァルトの作品を筆写(!)しても29年間では終わらないという研究結果を聞いたことがあります。しかもモーツァルトは29年間ひたすら作曲していたわけではなく、その間に演奏や旅行をしたり、家族と交流したりもしていたわけですからね。モーツァルトという1人の作曲家が存在したということ自体が人類史上の7不思議の数えられるのではないでしょうか。
アルトゥール
2006/11/06 21:59
>rudolf2006さん
 天才のことは普通のヒトには想像できないのでしょうね。本人は「こんなこと普通のことなのに」て思っていることかもしれないのに。
モーツアルト自身のことは神から与えられた天賦の才能で想像を超えていますが、私たちはその作品をいつでも味わえるのですから、そのことはありがたいですね。

>のすけの母さん
この番組のCMなのですが、ある保険会社の105周年記念ということでモーツアルトのゆかりの地でロケをしてモーツアルトの曲が流れるという特別なCMで、本編と変わらない雰囲気のものでこれも見ものでした。

>アルトゥールさん
>モーツァルトという1人の作曲家が存在したということ自体が人類史上の7不思議の数えられるのではないでしょうか。

まさにそのとおりですね。知れば知るほど信じられない人で不思議さは拡大していきます。
ダンベルドア
2006/11/06 23:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「モーツアルト生誕250年目の真実」をみました ★ 音楽と季節の記♪ ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる