アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「クラシック」のブログ記事

みんなの「クラシック」ブログ

タイトル 日 時
チェロアンで弾くシンフォニー
第1楽章はのだめのテーマになったベートーヴェンの交響曲第7番。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/28 15:40
ウィーンフィルのニューイヤーコンサート
あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/01 21:42
デュダメル〜シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ
天才といわれているデュダメル,ユーチューブではいくつか見ていましたが,テレビでは初めて見ました。 ユースオーケストラを指揮しているからかも知れませんが非常に見やすい棒です。 そしてすごい人数です。弦も管も普通のオケの倍はいる。みんなからだが大きそうなのに良くこれだけ舞台に乗ったものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/27 00:46
アデリータ〜ICレコーダーテスト
チェロの練習とか録音しようと思って,ICレコーダー,ローランドのR-09を買いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/01/09 01:25
ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2009
あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/02 15:06
ブルックナー交響曲第9番(第4楽章付)〜芦響定期演奏会
ブルックナ―の交響曲第9番、関西のアマチュアオーケストラ芦屋交響楽団(芦響)の演奏会。 知人が出演するのがご縁で聴いてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/10/04 21:40
小曽根真のサプライズ・コンサート〜大阪クラシック2008
小曽根真のサプライズ・コンサート〜大阪クラシック2008 9月7日に続き,大阪クラシックに行ってきました。 今日は,まず当初の予定には入っていなかったコンサートから始まりました。 ジャズピアニストの小曽根真のコンサートです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/13 00:31
カザルス〜チェロ小品集
カザルスといえばバッハの無伴奏チェロ組曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/11 23:59
ベートーヴェン;合唱幻想曲〜ピアノ,合唱と管弦楽のための
ベートーベンの合唱幻想曲はそんなに有名ではないです。 でもベートーヴェンはずいぶん力を入れていたと感じます。 ピアノと合唱と管弦楽という組み合わせ。 普通あまり弾かれないこの曲を縁あって弾きました。 最近ちょっとオーケストラの末席でチェロを弾かせていただいていて,最初のコンサートの曲のひとつだったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/08/09 23:46
そろそろ再開
気がついたら更新が1月以上あいてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/04 01:03
ショパンのチェロ・ソナタ〜モルクのチェロ
 モルクはノルウェーのチェリスト。 彼の今回の来日は急病で中止になったそうです。 そのために私は6月25日に上京して往復の飛行機の予約も取ったが結局チケットは払い戻しとなり彼の音は聞けませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/27 01:45
バッハ:ゴールドベルク変奏曲〜グールド1981年
 バッハのゴールドベルク変奏曲はピアノの出現する前にチェンバロのために書かれた曲だが,アマゾンで検索してもグールドのピアノ演奏の新旧2種類の演奏がトップに来ています。  ゴールドベルクといえばこの曲でデビューしてポピュラーにしたのはグールドであり,彼の最後の録音もこのゴールドベルク。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/08 23:05
ブラームス弦楽6重奏曲
ブラームス弦楽6重奏曲 ブラームスの弦楽6重奏曲を食事しながらずっと聴いている。  ブラームスは低音の重厚な和音が多用されていますね。 ピアノ曲も左手の動き,交響曲のチェロやコンバスの動き。 ブラームス独特のものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/25 23:33
天才ジャクリーヌ・デュプレの動画
 ジャクリーヌ・デュプレはまだまだこれからという20歳代のときに難病に倒れ夭折した女性チェロ奏者です。 彼女のことは映画にもなったし,もうすでに伝説化しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/22 23:51
引越し初日に聞いたバッハの平均律
4/12  無人島の1枚という言葉があります。今の一人暮らしは無人島ではないが、もって来るCDはかなり制限した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/20 20:02
なぜベートーヴェンはシチューをほっぽったか
この言葉は  チェリストのスティーブン・イッサーリスの書いた本の題名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/02 01:57
幻想交響曲の熱い演奏
今日のテレビはN響アワーでなくて「オーケストラの森」 大植英次大阪フィルの演奏でした。 大阪フィルって30年位前、朝比奈時代に1度ブルックナーを聴いたことがあった。 CDでもベートーベンやブルックナーのドイツモノしか聴いたことがなかったです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/31 00:41
指揮を見ただけで曲が分かる
 テレビ朝日「題名のない音楽会」 で「音楽センター試験」 というのをやっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/03/17 00:32
チョン・ミュンフンのマーラー9番
 今、N響アワーでチョン・ミュンフンがマーラーの交響曲9番を振っています。 今、第4楽章です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/03/09 21:53
ラ・フォル・ジュルネ、今年はシューベルト
 ゴールデンウィークに複数のいろいろなクラシックの演奏会を同時進行的に1日中やっている、熱狂の日といわれるラ・フォルジュルネ。 今年のテーマは「シューベルトとウィーン」だそうですね。 場所はいつもの東京国際フォーラム ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/07 00:40
バッハ;無伴奏チェロ組曲〜ビルスマ(1979年録音)
 バッハの無伴奏チェロ組曲はチェリストにとって特別な扱われ方をせれています。 いわば旧約聖書ともいわれ神格化されているようです。 練習曲のひとつのように扱われていた無伴奏チェロ組曲をカザルスが初めて深い音楽性を持つものとして世にだした経緯があるからでしょう。  後に続いたチェロ奏者はみんなどこかしらカザルスの影響を受けています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/03 01:11
バルトーク;管弦楽のための協奏曲〜ライナー、シカゴ交響楽団
 管弦楽のための協奏曲という名前からヴィルトゥオーゾ的なソロが入れ替わり出てくる曲かと思うとイメージは違います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/29 00:39
バッハのオルガン曲は宝物〜ヴァルヒャの全集
バッハのオルガン曲。トッカータとフーガニ短調しか知らなければもったいないです。 私が最も心惹かれるのは短くて40秒長くても3分ちょっとの小曲。 コラール前奏曲とかオルゲルビュッフラインとかです。 カンタータの最後に必ず歌われる合唱曲コラール。 コラールをオルガンに編曲したものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/26 01:08
チャイコフスキー;弦楽セレナード〜カラヤン
図書館からチャイコフスキーの弦楽セレナーデのCDを借りてきました。 演奏はカラヤン指揮ベルリン・フィルです・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/25 00:39
最期の鳥の歌
N響アワーで聖路加国際病院理事長、名誉院長の日野原重明氏がゲストでした。 趣味のひとつがピアノで作曲もやるそうで日野原氏の作曲の「ノクターン」の一部が池辺さんのピアノで弾かれました。 暗い感じの曲だったですけど多才ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/18 01:12
コーカサスの風景
 ロシアのイッポリトフ=イヴァノフといえば「組曲コーカサスの風景」 その中でもせいぜい「酋長の行列」だけが愛好家に知られていた。  などと解説の紙に書いてあります。 管弦楽作品集「コーカサスの風景」第1 & 2組曲 / トルコ行進曲 フェイゲン / ウクライナ国SOは知られていないからつまらない曲かというとそんなことないです。 こういう曲の作品集があることがNAXOSらしいです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/17 02:04
チェリスト、ヨーヨーマの弾くフランク、フォーレのヴァイオリンソナタ
これは、ここで偶然試聴して見つけたものでした。 ヨーヨー・マ/パリ〜ベル・エポック @HMV わざわざチェリストと断らなくても、今はまずいちばん有名なチェリストでしょうか。 でも弾いているのが全部ヴァイオリン曲です。 もちろんフランクは作曲者自身がチェロに編曲したものです。 タイースの瞑想曲はよくチェロで弾いたりします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/12 00:37
ベートーヴェン;ヴァイオリン協奏曲〜ムッター、カラヤン
ベートーヴェン;ヴァイオリン協奏曲〜ムッター、カラヤン ベートーベンのヴァイオリンコンチェルトをテレビをつけるとやっています。 アンネ・ゾフィー・ムッター・ヴァイオリンでカラヤン指揮ベルリンフィル。 東京MXテレビで今年はカラヤン生誕100周年とかでお正月にやっていたが気がつくと今日もやっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/09 22:21
ファジル・サイ、ハイドンを弾く
サイははじめてのCDのバッハ、モーツアルトから聴いていますが、その目のさめるような音がいつも楽しませてくれます。 特にトルコ行進曲はトルコ人サイの演奏が本当にサイ高だと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/08 00:24
ヒナステラ;パナンビ〜春祭が好きならおすすめ
 ヒナステラはアルゼンチンの作曲家です。 アルゼンチンといってもタンゴばかりが音楽ではありません。 ヒナステラはピアノ独奏曲、協奏曲、室内楽等いわゆるクラシックの作曲家。 チェロ曲やギター曲もあります。 コープランドの弟子でアルゼンチンのコープランドと呼ばれたようです。 そしてタンゴの革命家ピアソラは、若い頃彼に支持していたことがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/07 00:30
クイケンのバッハ〜カンタータ第9番、第94番、187番
クイケンのバッハ〜カンタータ第9番、第94番、187番 バッハのカンタータは200曲以上あります。実際はさらに100曲以上が失われたらしいのです。 バッハのカンタータとオルガンはバッハのまさに本業だったのしょう。 初めはそんなに聴けるわけないと思ったのですが、ここ10年くらいピリオド楽器の演奏を聴くようになってから、このカンタータの面白さが感じられるようになってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/04 00:28
気軽に更新したいのですが
最近更新の頻度が落ちております。 音楽は毎日のように聞いているんですがね。 主に通勤途上です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/01 01:14
カラヤン、キーシンのチャイコフスキー;ピアノ協奏曲
 カラヤン生誕100周年企画で1月4日にMXテレビで放映されたプログラム。 1988年のニューイヤー・イヴ(ジルベスター)コンサートのライブ。 ようやくビデオで見たところです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/14 23:31
CDの整理整頓
 整理整頓といって、あるところでは整理は入らないものを処分することで、整頓はいつでも必要なものだすぐに取り出せる状態にすることだといわれる。  もうCDの置き場がなくなってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/11 01:37
ドヴォルザークのチェコ組曲〜ヴィエラ先生の演奏
のだめの最初に千秋の子供の頃のプラハの回想シーンとして出てくる音楽。 ドヴォルザークのチェコ組曲から第2曲ポルカが流れます。 子供の千秋に指揮を教えたのがヴィエラ先生。 この人本当のチェコフィルの指揮者です。   マーツァル指揮チェコフィルハーモニー管弦楽団 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/10 01:33
ランランの超絶技巧〜オレンジで黒鍵エチュードを弾く
題名のない音楽会で中国のピアニストのランラン(パンダではない 古っ)が出演していた。 今年のウィーンフィルのニューイヤーコンサートでメッセージを述べた人です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/08 01:18
のだめカンタービレinヨーロッパ〜使用曲 第1夜
 ドラマ・スペシャルのだめカンタービレinヨーロッパ 第1夜 順序が逆ですが、今日録画で全部見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2008/01/07 01:48
ドラマ・スペシャルのだめカンタービレinヨーロッパ 第2夜〜使用曲
 のだめスペシャル、途中風呂に入ったりして、先ほどまで再度ビデオで見ていました。 「君は何のためにピアノを弾いているの?」 「芸術は人の耳や目に触れて育てるもの」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

2008/01/06 01:44
ドラマ・スペシャルのだめカンタービレinヨーロッパ
待ちに待ったのだめのスペシャルは帰宅して途中から見ました。 なので詳しい展開は良くわからないけど、―コミックも読んでないし 千秋のコンクールの様子はちょっと見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/01/05 00:43
カラヤン生誕100周年のテレビ
 今年は、カラヤン生誕100周年だそうです。 東京MXテレビがORTFORF(オーストリア放送教会、ORTFはフランスラジオ・テレビ放送局でした)と提携したとかで、大晦日から毎日カラヤン指揮ベルリン・フィルの演奏を流しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/04 00:32
ウィーンフィル、ニューイヤーコンサート2008 今年はプレートル
ウィーンフィル、ニューイヤーコンサート2008 今年の指揮者はフランス人プレートルでした。 プレートルというとCDもほとんどフランス音楽でフランス物の印象が強い。 またマリア・カラスの「カルメン」を始めとするフランス物のオペラの指揮者で名前を記憶しています。 現在83歳で今までで最高齢ということなんだそうです。 曲によって指揮棒を使ったり使わなかったりするのは何故なんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2008/01/02 00:18
ジルベスター・コンサートを見てたら新年になった
ジルベスタ―コンサートを見ていたといってもテレビです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/01 03:06
モーツアルト『フィガロの結婚』E.クライバー〜「勝手にオペラの日」
「勝手にオペラの日」 二日遅れですが・・・・・m(__)m ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/17 01:51
パリ管の音
今、NHKTVでパリ管がラヴェルをやっている。 指揮はエッシェんバッハ。 リハーサル風景もちょっとでてきたけれど団員は若い人が多くなってきている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/15 01:21
ベートーヴェン「英雄」〜パーヴォ・ヤルヴィ、ドイツ・カンマーフィル
 パーヴォ・ヤルヴィのベートーヴェン交響曲第3番「英雄」は去年テレビで見てその素晴らしさに釘付けになった。 新鮮なヤルヴィのベートーヴェン「英雄」〜NHK芸術劇場  いまその輸入CDが安くでていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/14 01:01
来る12月15日は『勝手にオペラの日』
来る12月15日は『勝手にオペラの日』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/14 00:02
テルミンが人気
土曜日の読売新聞にテルミンの記事がありました。 9月のことですが雑誌「大人の科学」の付録に小型テルミンがあって、私も作ってみました。 ↓ 過去記事「世界最古の電子楽器「テルミン」を自作 」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/10 23:37
巨匠のレッスン
テレビ朝日「題名のない音楽会」 今朝は「ガラ・コンサート(1)巨匠からのレッスン」 ということで、オペラ歌手のスミ・ジョーと指揮者のユーリ・シモノフが生徒役にレッスンしているのを見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/09 23:02
フルトヴェングラーの第9〜「勝手にベートーヴェンの日」
 「勝手にベートーヴェンの日」 たくさんある中からどうするか。ということで直球で行きます。 交響曲第9番 フルトヴェングラー指揮、バイロイト祝祭管弦楽団。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/12/03 00:39
本日12月1日は『勝手にベートーヴェンの日』
本日12月1日は『勝手にベートーヴェンの日』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/12/01 00:47
クナッパーツブッシュのブラームス;交響曲第4番
クナのブラ4!! 大学の時、友人の家で聞いたこの演奏の衝撃は今でも忘れません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/28 01:06
シューベルト;弦楽四重奏曲「ロザムンデ」〜「勝手に弦楽四重奏の日」
弦楽四重奏といえばハイドン、モーツアルト、ベートーヴェン、そして時代は飛んでバルトーク、ショスタコーヴィチの名前が浮かびました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/18 00:39
70年代で記憶が停止していた
30年間クラシックやジャズから遠ざかっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/14 01:40
あえて感動しないようにしたBGM
先日のことなのですが、葬儀場でひと通り式が終わったあと、BGMが流れました。 この尋常ではない状況。 感情も尋常ではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/12 01:03
バーバーのアダージョをアカペラ版で聴く
 バーバーのアダージョ。近代の弦楽合奏のレパートリーとして有名で、アダージョブームの時はよくアルバムに入っていました。  この曲を弦楽合奏で弾かせていただくことになりましたので、参考のためにCDを聴いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/07 01:43
チャルメラは楽器、ショームの音
 今日は仕事が終わらなくて休日出勤していました。 夕方、がらんとしたオフィスにいるとどこからかチェルメラの音が聞こえてきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/04 00:11
そんなことはどうでもいいさ〜「勝手にガーシュインの日」
 ガーシュインは、クラッシクでいえば「ラプソディ・イン・ブルー」 これは「のだめカンタービレ」のテーマで一層有名になりました。(と思う) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/02 01:23
東京チェロに参加しました
チェロを弾く趣味のアマチュアの方々―普段はブログとそのコメントでしか交流していない関係、北は仙台から南は宮崎までネットのチェロ仲間が集まりました。 題して「東京チェロ」 少なくとも私はメンバー全員と初対面。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/28 22:29
マーラー交響曲「大地の歌」〜ワルター、ウィーンフィル
マーラー作曲の交響曲「大地の歌」〜ワルター、ウィーンフィル ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/26 00:21
ティボーのヴァイオリンをお風呂で聞く
ティボーはSP盤のレコードの時代。 おそらくかつては蓄音機のぜんまいを巻いて、竹針をセットし、慎重に盤をおいて、そっと針を載せて蓄音機のラッパの前で聞いたに違いない。ビクター(本家ではHMV=HisMastersVoice)のわんちゃんのように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/25 00:51
廃盤は困る〜バッハ;カンタータ第198番
 バッハのカンタータ198番《侯妃よ、さらに一条の光を》を聴いています。 ジャケットがおそらく喪服の女性の行列です。 ザクセン選帝侯妃クリスティアーネ・エーバーハールディーネのための追悼カンタータなのです。 現在の状況からやはりこれを手にしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/21 21:30
姉妹ブログ〜「日曜チェロ弾き日記」
 また、姉妹ブログを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/21 01:31
ブリッジ:チェロソナタ〜ロストロポーヴィチの弾く秘曲
フランクブリッジのチェロソナタ。 以前5月15日の「勝手にロストロポーヴィチの日」で取り上げた曲です。 その時はまだCD化されていませんでしたのでLPの記憶で書きましたが、見つけました。 7月25日についに発売されていたのです。 ブリテンの無伴奏チェロ組曲第1番、第2番とのカップリングです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/17 23:27
ライナーのベートーヴェン「運命」〜「勝手にシカゴ交響楽団の日」
 子供の頃に聞いた演奏の印象はその曲を聴く時の基軸となることが多いようです。 私が聞いたベートーヴェン交響曲第5番「運命」のデフォルトはフリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団の25センチLPでした。 ジャケットがベートーヴェンのデスマスクの写真でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/10/16 00:46
クレルヴォ交響曲〜シベリウスの若書き
シベリウスのクレルヴォ交響曲は7曲の番号つきの交響曲よりも若い時にかかれた曲で、本人は交響曲といっていないらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/14 02:06
ヘラクレス・カンタータ
 今日、衝撃的な出来事があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/11 00:42
クラシックコンサートの聴衆
 先日、久しぶりにクラシックのコンサートにいってひとつ気がついた。 チェロ奏者「ジャン・キアン・ケラス」のコンサートだったのですが、 聴衆がほとんど40歳代以上と思われることだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/09 23:57
ラフマニノフはゆらめいている〜題名のない音楽会で中村紘子
 題名のない音楽会(テレビ朝日:東京)昨日は 「中村紘子ピアノ学院(1)あなたも一流ピアニスト!」 をやっていました。 ピアニストを目指す中学生、高校生、大学生の生徒役の演奏を中村紘子が指導するというものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/08 19:27
オーケストラのチューニングの音が好き
今日のN響アワーはアンドレ・プレヴィンの特集でした。 モーツアルトのピアノ協奏曲第24番ハ短調を弾き振りし、交響曲第36番リンツを指揮していましたが、ビデオにとっていてまだ良く見ていません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/08 00:57
ケラスの弾くチェロのコンサート
カナダのチェロ奏者、ジャン=キアン・ケラスのコンサートに行ってきました。 東京のトッパン・ホールです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/05 00:47
フィンランディアをギターで弾いてみました〜「勝手にシベリウスの日」
 シベリウスでいちばん有名なのはおそらく管弦楽曲のフィンランディアでしょう。 いろいろな指揮者の演奏で聞いてきました。 これは歌詞をつけてフィンランドの第2の国歌として歌われているそうです。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/09/30 18:19
テルミンの音
昨日作った電子楽器のテルミンですが、どんな音なのでしょうか。 昔のラジオのダイヤルを合わせるときのピーピー言う音に似ています。 要するに正弦波です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/30 11:20
来る10月1日は『勝手にシベリウスの日』
来る10月1日は『勝手にシベリウスの日』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/30 01:53
世界最古の電子楽器「テルミン」を自作
テルミンとは世界最古の電子楽器なのだそうです。 「テルミン (Theremin) は、1919年にソ連の発明家レフ・セルゲーエヴィッチ・テルミンが発明した世界初の電子楽器である。 英語やロシア語では「テルミンヴォクス」 (Терменвокс, Thereminvox) とも呼ばれる。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/09/30 01:41
文化祭はドヴォルザークの交響曲第7番
娘の文化祭。 管弦楽部のドヴォルザークの交響曲第7番でした。 女子中高の文化祭とは思えない渋い選曲なのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/27 00:24
ブログ2周年
この9月10日でブログ開設2周年になっていました。 気がついたら過ぎていました。 ^_^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/09/26 23:36
チェロ日記(85回〜86回)
 週末だけチェロを弾いていると、いつまでたっても指が痛い。 2日間弾いて指には厚い皮が出来るのだが、 1週間でそれがむけてまだ柔らかい指に戻ってしまう。 やはり毎日弾かないと、引き続ける身体にならないのか。 それとも余計な力がかかっているのかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/17 23:42
ワーグナー管弦楽曲集〜勝手にテンシュテットの日
テンシュテットのお得意のワーグナー。 私はオペラの全曲盤はあまり持っていないのでここで取り出したのはワーグナーの管弦楽曲集です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/16 00:22
来る9月15日は『勝手にテンシュテットの日』
来る9月15日は『勝手にテンシュテットの日』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/13 23:43
ルクーのヴァイオリンソナタ〜グリュミオー
ルクーは24歳で短い生涯を終えたベルギーの作曲家です。 そのために知られている曲はわずかです。 このヴァイオリンソナタは最も知られているのですが、これがいい曲なんですね。 フランクのヴァイオリンソナタに雰囲気が似ているのですが、そのフランクに学んだのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/13 00:29
楽譜発見〜チェロ日記(82〜84回)「古楽器よさらば」
 最近実家に立ち寄った時に、押入れの中から、チェロの楽譜を大量に発見しました。 懐かしいのもあれば、「こんなの持っていたんだ」というのもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/12 00:47
パヴァロッティを偲ぶ
 ルチアーノ・パバロッティ氏はイタリアのオペラ歌手で世界3大テノールの1人。 パヴァロッティ氏が6日、出身地であるモデナの自宅で死去されました。 享年71歳。死因はすい臓ガンだったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2007/09/09 01:47
バトン;お題「アンドレ・プレヴィン」について
 えりっくさんからバトンが回ってきました。 バトンは初めて。 気楽にやってみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/07 00:09
立ってチェロを弾いていた
 テレビをつけたらN響アワーの途中だった。 チェロの木越さんがエルガーの愛の挨拶を弾いているところだった。 オーケストラの前でオケ伴付きで・・・。 よく見ると立って弾いている。 よくできるものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/09/03 01:08
ペールギュント、ピアノ版〜「勝手にグリークの日」
「勝手にグリークの日」については、これにしようと思っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/02 01:37
来る9月1日は『勝手にグリークの日』
来る9月1日は『勝手にグリークの日』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/28 22:29
チェロ日記(76回〜81回)
 去年、虫に食われていた弓の毛を張り替えてから30年ぶりに再開したチェロの練習も気がついたら1年経ちました。  81回というのはそれからチェロにさわった回数となります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/27 00:28
北の詩情〜シベリウスのピアノ曲集
 暑いですね。 先週の日本最高記録の暑さの比較効果で少ししのぎやすく感じるとはいえ、暑いです。 冷房のない部屋でチェロを弾いている時は扇風機を回しつづけています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/26 00:03
金管五重奏のゴールドベルク変奏曲〜カナディアンブラス
バッハのゴールドベルク変奏曲。 ひとつのテーマの変奏を30回も繰り返しているから飽きてきて眠くなりそうで、バッハはそれが目的なのだが、曲を覚えてしまうと全然飽きない。 最近無料楽譜をダウンロードして見たが、単純そうなテーマでも結構複雑なシンコペーションと装飾音で満ちている。 これが全然複雑に聞こえず、実に美しい音楽を作っている。 ちょっとチェロで弾いてみたが意外に音域が広い。 そのうち二重奏してみたくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/24 00:11
コンマスが弓で振ったチャイコフスキー交響曲第4番
一昨日のN響アワーを見ていたらいろいろな視聴者の質問に答えていました。 Q.指揮者が途中で倒れたら指揮は誰がするのですか。 A.普通はコンサートマスターがします。 ちょうどN響でアシュケナージが指揮棒で怪我をした(左手のひらに突き刺した)とき、そのあとの曲をコンマスが振ったことがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/22 00:15
ティボー、カザルス、コルトーのシューマンのピアノ三重奏曲
コルトーの弾くピアノ曲について先日書いたので、今度はティボー,飾るストのピアノトリオを聴きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/20 23:56
宮本笑里のヴァイオリン〜題名のない音楽会
今日は遅く起きたのでTV朝日「題名のない音楽会」を途中からみました。 ヴィオリン奏者の宮本笑里がでていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/08/20 00:15
ベートーヴェンのピアノソナタ第28番
 ベートーヴェンのピアノソナタの最後の3曲を書いたので今度は全集の最後から2枚目です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/18 00:31
コルトーのショパン〜勝手にピアニストの日
勝手にピアニストの日・・・・・これをピアノの日にしなかったところに意図がありますね。 ピアニストの個性。 こう考えて、古い録音であるがこの機会に、コルトーを聴くことにしました。 手元にあった晩年に近い録音のアンコール集。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/08/17 00:52
チェロ日記(74〜75回)
 もう、本当に暑くなった。 気がつくとチェロの上に汗の水溜りが・・・^_^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/14 00:16
来る8月15日は『勝手にピアニストの日』
miwaplanさん、garjyuさんとの共同企画、『勝手に**の日』、次回、来る8月15日は、『勝手にピアニストの日』とさせていただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/13 23:49
クライスラーの曲をクラシックとジャズの両方で
素晴らしいアルバムです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/13 00:11
ピアノ無限大〜題名のない音楽会
 テレビ朝日「題名のない音楽界」でピアニストの特集をやっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/12 11:45
ベートーヴェン最後のピアノソナタ〜第30番、第31番、第32番
ベートーヴェンのピアノ曲でももっとも好きなのが最後の3つのピアノソナタ〜第30番、第31番、第32番です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/08/08 00:48
チェロ日記(71〜73回)
 夏のチェロは湿度との戦い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/08/06 01:27
イマージュでバッハ以外のグールドをまとめて聴く
グレングールドがピアノで弾いたマイスタージンガー前奏曲を聴きました。 勝手にバッハの日に関して今回取り出してみたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 23:36
クラリネットの奏でるアダージョ
 カール・ライスターのアダージョばかりを集めたのがこれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 01:16
クレーメルのピアソラ
 クレーメルと クレメラータ・バルティカ室内管弦楽団   を今NHKTVでやっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/04 00:54
あの夢を見ました
 チェロを弾き始めてこの8月で1年になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/08/03 01:06
ジークフリート牧歌;クナッパツブッシュウィーンフィル〜勝手にワーグナーの日
 今日は勝手にワーグナーの日。 こんな機会だから今まで聴かない楽劇を・・・と思ってパルジファルを聴き始めましたが,あまりの長さに間に合わなくて結局小品に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/01 23:40
神奈川フィルのベートーベン第1番
 今日の夜9時は、N響アワーでなくて「オーケストラの森」をやっていた。 これ時々やっているのですが、N響と雰囲気が違って面白いですね。 カメラワークも一人一人アップで写していったりしてアマオケみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/29 22:52
篳篥の旋律〜題名のない音楽会から
 題名のない音楽会はテレビ朝日の番組ですが、羽田さんの後、司会者はどうなるのだろう。 今番組ホームページを見たら、羽田さんと久保田アナウンサーがそのままのっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/29 22:34
来る8月1日は『勝手にワーグナーの日』
来る8月1日は『勝手にワーグナーの日』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/29 10:32
ゴールドベルク変奏曲〜弦楽合奏とジャズ・ピアノのアレンジをサンドイッチで聴く
バッハのゴールドベルク変奏曲は鍵盤曲でありながら、いろいろな演奏形態の録音があります。 私が持っている中では、ギター、金管合奏などがありますが、どれも結構楽しめるものです。 でもこのCDはちょっと変わっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/29 00:29
シュタルケルの弾くチェロのエチュード集〜The Road to Cello Playing
The Road to Cello Playing チェロの練習曲をやさしいものから高度なものまでシュタルケルが模範的かつ音楽的に弾いてしまったCDです。 ここ2,3日、アマ・チェロ・ブログ界で話題になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/26 01:17
ベートーヴェン弦楽四重奏曲第15番、16番〜アルバン・ベルク弦楽四重奏団
ベートーヴェン弦楽四重奏曲第15番は初めて弾いた想い出の曲  大学1年ではじめてチェロを弾いてオケに入った年の冬、他の大学の弦楽アンサンブルに誘っていただいた。  そこで「室内楽やりましょう」といわれて夜出かけていって初めて弾いたのがモーツァルトの弦楽五重奏曲のト短調とこのベートーヴェンの弦楽四重奏第15番イ短調。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/25 00:03
バッハのシャコンヌ〜チェロ異種格闘技版
シャコンヌはバッハ無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番の終曲。 ヴァイオリンひとつで、このようなドラマティックな世界を作るバッハは本当に素晴らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/07/23 23:55
チェロ日記(56回〜70回)
 久しぶりのチェロ日記です。 梅雨に入ってからほんとに楽器が鳴らないです。 私の楽器はソフトケースに入っているので(ハードケースは10年早いか?) ケースも湿ってきます。 天気がいいとケースをベランダで干しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/23 01:02
ゴールドベルク変奏曲;グールド(1955)
 グレン・グールドのデビューアルバム、そしてラストレコーディングはバッハのゴールドベルク変奏曲でした。  どちらもこの曲の代名詞的演奏。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/22 00:57
木管の室内楽集〜ベルリンフィルのソリストたち
 いやあ、このメンバーで安かったから買ったんですけど、やはり良いです。 70年代のベルリンフィルのトップ奏者が集まってやっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/20 00:58
マイナルディのバッハ無伴奏チェロ組曲(新盤)〜パルミジャーノの音
エンリコ・マイナルディの弾くバッハ無伴奏チェロ組曲 以前アルヒーフの旧盤をご紹介したがこちらは再発売となったステレオ盤。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/16 13:44
マーラー交響曲第5番のライブ〜勝手にクーベリックの日
ラファエル・クーベリックといえばお国物のドヴォルザークやスメタナも良いが、真っ先に浮かぶのがバイエルンとのライブ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/07/14 23:50
来る7月15日は『勝手にクーベリックの日』
来る7月15日は『勝手にクーベリックの日』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/14 00:14
のだめカンタービレ〜新春にドラマの続編
 のだめカンタービレのドラマ版 アニメが原作に忠実だったとしても私は、実写のドラマ版のほうが強く印象付けられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/13 00:56
シューベルトに合わせてパチンコの音?
 パチンコ屋のBGMでシューベルトが流れるのではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/04 01:12
ドヴォルザークの交響曲全集(2)〜勝手にドヴォルザークの日
ドヴォルザーク交響曲全集 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/01 23:36
ドヴォルザークの交響曲全集(1)〜勝手にドヴォルザークの日
ドヴォルザーク交響曲全集 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/01 01:51
チャイコフスキーコンクールで神尾真由子さんが優勝
 第13回チャイコフスキー国際コンクールのヴァイオリン部門で神尾真由子さんが優勝されたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/30 21:18
来る7月1日は、『勝手にドヴォルザークの日』
miwaplanさん、garjyuさんとの共同企画、『勝手に**の日』、次回、来る7月1日は、『勝手にドヴォルザークの日』とさせていただきます。 室内楽から交響曲、オペラまで数多くの傑作のあるドヴォルザーク。どの曲を聴いてもメロディに満ち溢れていますが、その中でも皆さん、一番のお気に入りについてお書きいただければと存じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/30 20:29
楽器店でチェロを試奏
外出のついでに弦楽器専門の楽器店に入ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/28 01:25
エンドピンストッパー自作
チェロのエンドピンストッパーを100円ショップグッズで自作しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/25 01:07
ロストロポーヴィチのバッハ;無伴奏チェロ組曲
○ ロストロポーヴィチが晩年になってようやく録音したバッハの無伴奏チェロ組曲です。 若いチェリストたちにも「あまり早くこの曲を録音すべきではない」と話していたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/24 00:51
ドヴォルザーク;弦楽四重奏曲「糸杉」〜癒しの弦楽四重奏
弦楽四重奏曲といえば、どこか深刻なイメージが付きまといます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/06/22 00:26
名チェリストたち
図書館で見つけた本。 名チェリストたち マーガレット キャンベル (著), Margaret Campbell (原著), 山田 玲子 (翻訳) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/21 00:52
ベートーヴェン交響曲第4番〜勝手にクライバーの日
交響曲第4番 カルロス・クライバー指揮バイエルン国立管(1982)  クライバーはベートーヴェンの第7番のバイエルンのライブが本当に素晴らしかったので、続けて聞いたのが田園。 これはちょっと期待はずれ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/06/15 23:30
来る6月15日は『勝手にカルロス・クライバーの日』
miwaplanさん、garjyuさんとの共同企画、『勝手に**の日』、次回、来る6月15日は、『勝手にカルロス・クライバーの日』とさせていただきます。 狭いレパートリーながら、それぞれのトップを争う大名演を残してきたクライバー。その中でも選りすぐりの1枚についてお書きください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/14 00:06
左手のピアニスト舘野泉〜NHK芸術劇場
NHK芸術劇場 “左手のピアニスト その後”〜舘野泉に贈られた音楽 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/10 00:41
羽田健太郎が急死
ピアニストで作曲家の羽田健太郎氏が逝去されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/06 01:50
亡き王女のためのパヴァーヌ〜勝手にラヴェルの日(チェロ音声付)
 亡き王女のためのパヴァーヌ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/06/03 21:46
ラヴェル/マ・メール・ロア〜「勝手にラヴェルの日」
 ラヴェルのメルヘン「マ・メール・ロア」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/06/03 00:56
イッサーリスのバッハ:無伴奏チェロ組曲
無伴奏チェロ組曲全曲 イッサーリス はつい最近買ったものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/28 00:17
バッハの無伴奏チェロ組曲の聴き比べにあたって
バッハの無伴奏チェロ組曲の聴き比べ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/05/27 23:27
LPレコードについて
LPレコードについて ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/19 00:44
ブリッジ:チェロソナタ〜「勝手にロストロポーヴィチの日」
勝手にロストロポーヴィチの日 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/05/15 23:40
ロストロポーヴィチ最後のドンキホーテ
ロストロポーヴィチ最後のドンキホーテ  昨日放映された、NHKのドキュメンタリー番組です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/05/15 00:22
歌詞のついたモルダウ
 モルダウはわが国で大変親しまれたスメタナ作曲のオーケストラ曲です。 これは連作交響詩「我が祖国」の中の第2曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/13 16:25
来る5月15日は「勝手にロストロポーヴィチの日」
「勝手にロストロポーヴィチの日」のお知らせ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/13 15:56
今日、ロストロポーヴィチの追悼番組
 ロストロポーヴィチ・75歳最後のドンキホーテ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/05/13 14:37
バッハ三昧の日々〜チェロ日記(49〜55回)
 ゴールデンウィークの間は毎日チェロを弾いていました。 今まで週一、二回のペースなのに連続して練習したのは初めてです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/06 23:34
チェンバロ編曲でも美しいバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、チェロ組曲
バッハの無伴奏チェロ組曲を最近はあらゆる演奏を聞くようにしています。 自分が弾く参考にするためです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/06 01:23
無伴奏チェロ組曲第5番〜92歳のバッハ演奏
 青木十良の弾くバッハ無伴奏チェロ組曲第5番を聞いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/03 22:52
リムスキー・コルサコフ「シェエラザード」〜勝手にロシア5人組の日
シェエラザード。 ロシア5人組の中でポピュラーな曲といえば、この曲か、ムソルグスキーの展覧会の絵あたりか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/02 00:37
バラキレフのイスラメイ〜「勝手にロシア5人組の日」
ロシア5人組のバラキレフといえば、ピアノ曲イスラメイくらいしか思い浮かばない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/01 00:25
バッハの無伴奏チェロ組曲からサラバンド(音声付)
 バッハ無伴奏チェロ組曲第2番よりサラバンドを弾きます。 ロストロポーヴィチの追悼として弾きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/04/30 00:31
5月1日は「勝手にロシア5人組の日」
ロシア5人組とは・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 22:22
ロストロポーヴィッチ氏の逝去を悼む
ロストロポーヴィッチ(ロストロポーヴィチ)氏が4月27日、モスクワの病院で亡くなられたそうです。 世界的なチェロ奏者であり、指揮者さらに民主運動家としても知られていました。 80歳でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/04/28 14:39
クレーメルの弾くウィンナワルツのアルバム
クレーメルとヨハン・シュトラウス。クレーメルのドライな音のイメージから、何かイメージ違うような気がしていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/25 23:18
モーツアルト:チェロ協奏曲〜チョウチンのチェロ
モーツアルトのチェロ協奏曲。 これはフルート協奏曲からの編曲です。 編曲したのはあの指揮者のジョージ・セル ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/24 00:42
チェロ日記(第48回)〜無伴奏第6番を簡単に弾く方法
今日はチェロを弾いてなぜか疲れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/23 00:23
モーツアルトのヴァイオリン協奏曲第1番〜勝手にヴァイオリンの日(2)
 モーツアルトのヴァイオリン協奏曲第1番はのだめカンタービレのドラマのBGMでさりげなくかかっていました。  ミルヒ(シュトレーゼマン)が千秋を連れて行くクラシックのかかっているキャバクラのシーンです。 最初はイントロだけで何の曲かわかりませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/17 22:27
チェロ日記(39〜47回)
 ブログにアップした録音を聞いていつも思うのは、 「こんなに音程が悪かったのか」ということ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/04/17 00:42
ティボーの弾くヴィタリのシャコンヌ〜勝手にヴァイオリンの日
ジャック・ティボーの弾いたヴィタリ作曲シャコンヌ。 これは絶品です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 16

2007/04/15 19:55
若い頃のカザルスのバッハ無伴奏チェロ組曲〜別録音?
ゴルターマンのチェロコンチェルトってどんな曲? とCDを検索していたらアマゾンでヒットしたのがこれ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/12 00:03
いやされました〜ウィンダム・ヒル:バッハ作品集
昨年モーツアルトを現代ポピュラーのアレンジにした A Different Mozart をご紹介しましたが、→こちら この元祖とも言えるウィンダムヒルレーベルから出ていたバッハの曲集がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/04/08 23:05
音楽のしゃべり方を身につけたい
チェリストの堤剛のチェロを生きるという本を読んでいます。 彼はシュタルケルに師事したのでそのエピソードを通して音楽の本質を語っています。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/04/08 01:11
ヴォーカリーズ:チェロ編曲版〜勝手にラフマニノフの日
 ラフマニノフで最も有名な歌曲。 歌曲といってもヴォーカリーズ(ボーカリーズ)は歌詞がないですね。 スキャットともハミングとも違うが、あーとかうーとか(これも決まっているのかはよく知りませんが)声だけで歌う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/04/02 01:25
ラフマニノフのチェロソナタ〜勝手にラフマニノフの日
 今日4月1日はセルゲイ・ラフマニノフの誕生日。  ラフマニノフといえばピアノ協奏曲、特に「のだめカンタービレ」そして洋画の映画音楽やフギュアスケートでよく使われる第2番が一番有名ですね。  優秀なピアニストであったラフマニノフはピアノ曲が多いのですが、交響曲、合唱曲、歌劇や室内楽もあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/04/01 01:28
クライバー、リヒテルのドヴォルザーク;ピアノ協奏曲
 勝手にピアノ協奏曲の日で取り上げた曲を今度はクライバー指揮とリヒテルのピアノで聞いてみました。 ドヴォルザーク:ピアノ協奏曲  前回はヤンドーのピアノのナクソス盤でしたがやはりコメントいただいた方は皆さんクライバーリヒテル番をご存知だったからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/28 00:18
ミルシテインのシャコンヌ
ブリリアントをもしのぐ激安のCDセットをだしているDocument(ドキュメント)レーベル。 グレート・チェンバー・ミュージック(10CD)というCDセットを聴いています。 グレート・コンダクターなどの後に続く室内楽と器楽曲のオムニバスです。 あまりHMVの店とネットショップ以外では見たことがないです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/22 00:56
「身体にやさしいチェロ奏法」を読みました。
以前に「チェロを弾くときに脱力を心がけている」という記事を書いたときにdokuohさんからこんな本をご紹介されました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/03/18 00:47
気になったポゴレリッチの一言
 もうずいぶん前に新聞で読んで気になった記事がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/16 23:12
ドヴォルザーク・ピアノ協奏曲〜勝手にピアノ協奏曲の日
●ドヴォルザークの最も「浪漫派風な」作品・ピアノ協奏曲 ●そこかしこに漂う土の香りがみずみずしい感動を与える作品 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/03/16 00:05
ムラヴィンスキーのルスランとリュドミラ序曲(最速?)、ショスタコ6番
 ムラヴィンスキーとレニングラードフィル。 その名前を聞くと鉄壁のアンサンブルと凍るような透徹したサウンド、そしてロシア(当時はソ連)のオーケストラ独特の馬力が頭に浮かびます。  チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」の凄さは以前に書きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/03/14 00:11
チェロ日記(34〜38回)
 日記といいながら、一月分をまとめて書いています。(^_^;) バッハの無伴奏チェロ組曲は以前に記事に書いたアンナ・マグダレーナ・バッハの写筆譜をプリントして弾いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/11 20:24
幻となった公園デビュー
「チェロは4畳半で弾く楽器じゃない。」 あるホームページにそう書いてありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/08 00:31
ブルックナー 交響曲第1番/朝比奈隆大阪フィルハーモニーSO
ブルックナーには第9番(未完)まで、交響曲がありますが、これはブルックナー:交響曲第1番(ハース版) でも、ほかに0番があるが第1番より後、もう一曲番号ナシのヘ短調交響曲が第1番より前に書かれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/07 00:36
楽器関連のCDカタログを作ってみました
今、アマゾンで売れているチェロを始め楽器で層別したCDです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/03 00:18
ハイドン:チェロ協奏曲第2番〜カザルスが乗り移ったジャンドロンのチェロ
勝手にハイドンの日。交響曲にしようと思ったが絞りきれない。室内楽の良いのがあるが、ディスクが見当たらない。ということでハイドンの協奏曲で有名なのはピアノでもヴァイオリンのでもなくこれでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2007/03/01 23:40
ブルックナーのおすすめディスク
このブログではamazonと提携しています。 そこで、おすすめのページを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/28 01:00
とても楽しそうなプロムスのコンサート
 最近、睡眠が少ないと体が持たない。 夜、ある時間から突然持たなくなります。 アルコールは元々強い方ではないのでそんなに飲まないが、体の中心に染み込んでいくようです。  なんかからだが錆びていく感覚というのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/02/18 23:26
カラス、ステファノ、ミラノスカラ座のプッチーニ:トスカ〜勝手に歌劇場のオーケストラの日
曲、歌手、指揮者、オーケストラ全てが最高だと思います。 全盛期のマリアカラスの迫真の演技と歌唱。 ディ・ステファノ、ゴッビも同様です。 これを語ると尽きないのですが、この素晴らしさは至るところで語られていますし、今回は歌劇場のオーケストラがテーマですので、このミラノスカラ座管弦楽団についてスポットを当てます。 相変わらず古い録音を取り上げています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2007/02/15 23:51
サンサーンス:白鳥〜チェロ自演
昨年の8月にチェロを弾き始めて(○十年ぶりに再開)して漠然と目標にしたのが、サンサーンスの「白鳥」を半年で弾けるようにしようということでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2007/02/12 18:07
愛のある演奏〜イッサーリスの弾くシューマンのチェロ協奏曲
夕刊を開いたらチェリストのイッサーリスの写真が載っていました。(1月30日、読売) 昨年はシューマン没後150年で彼は自ら企画した「シューマン・プロジェクト2006」で来日したそうです。  その時のレクチャーコンサートの質疑応答で「愛のない演奏は最低です。!」という言葉が飛び出したそうです。  「名作チェロ協奏曲を含む晩年の作品紹介に力を入れるのは、作曲家につきまとうロマンチックな「狂気」の影をぬぐい去り、作品に正しい光を当てようという愛情からだ。」とのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/02/11 00:17
バッハ夫人自筆の無伴奏チェロ組曲の楽譜
ネットでバッハの無伴奏チェロ組曲を検索していたら、手書きの楽譜がありました。 J.S.バッハの自筆の楽譜は現存していないらしいのですが、夫人のアンナ・マグダレーナ・バッハが写譜したものがこれです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/02/08 23:29
シューベルトのピアノソナタ第16番〜のだめが1次予選で弾き、故郷で弾いた
のだめカンタービレでのだめが予選で弾いたシューベルトのピアノソナタ。 第16番D845。 テレビのドラマでは後半で何度も出てきました。 これとスーパーピアノレッスンを見なければシューベルトのソナタを聞く気になったかどうか・・・ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/02/06 23:19
ハーゲン弦楽四重奏団のモーツアルト〜NHK芸術劇場
昨日,2月4日にNHK芸術劇場でハーゲン弦楽四重奏団がオールモーツアルトのプログラムをやっていた。 途中から見て耳に飛び込んできたのはニ短調の曲。 ノンビブラートを多用した、静逸な美しさ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/05 23:49
メンデルスゾーンの美しい室内楽〜勝手にメンデルスゾーンの日
 音楽家、特によく知られた大作曲家は不幸な一生だったり夭折する人が多いのでしょうか。 モーツアルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマンあたりのイメージでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/02/01 23:40
ヘフリガーがドイツ語で歌う日本の名曲・1992年
NHKTV「想い出の名演奏」でテノール歌手のヘフリガーが日本の歌曲を歌っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/29 23:23
モーツアルト:ヴァイオリンソナタ〜モーツアルトの誕生日(1/27)
 昨年のことですが、カシオのメーカー・アウトレットセールがありました。そこで物色していて目にとまったのがお風呂用の防水ポータブルCDプレーヤー。 もう小さいスピーカーなので音が良い訳ではないのですが、ゆっくりお湯に使って聴く音楽は同じ曲でも印象が違います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/28 22:54
幻のチェリスト、タウアーの弾くドヴォルザークのチェロコンチェルト
タワーレコードのヴィンテージコレクションの第3弾の1枚。 幻のこの40年前の演奏、わが国に紹介されるのは初めてだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/01/26 23:33
天空のソナタ;ヨーロピアン・ジャズ・トリオ〜ジャズとクラシックがちょうど良くブレンド
久しぶりにジャズのCDを。 といっても題材は全てクラシック。 このヨーロピアンジャズトリオはこの手のアルバムを何枚も出していて今まで逆に敬遠していたのだが、見かけたので聴いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/01/25 23:42
ブログで音声ファイルを載せる著作権は?
最近のニュースで、ピアノバーでビートルズを演奏させていた経営者が著作権料不払いで懲役刑の実刑が下ったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/24 23:56
チェロ日記 22〜30回(推定)
チェロ日記もずいぶん間が開いてしまいました。 気がついたことをいくつか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/22 00:16
ブルックナー:交響曲第9番、クナッパーツブッシュ;ベルリンフィル〜勝手にベルリンフィルの日
ベルリンフィルのディスクは意外に少ないことに気づいた。 しかもカラヤン以外となるとLPではフルトヴェングラーとかあったけれど、CDで買いなおしていません。 ヴァントのブルックナーを探していたら見つからず、クナッパーツブッシュ指揮ベルリンフィルのブルックナーの8、9(2枚組)が出てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/01/14 23:47
ピアソラのタンティ・アンニ・プリマに泣ける〜10弦の響
趙静(チョウチン)のチェロと大萩康司のギターのアルバム【Les Dix Codes 】(10弦の響) チェロの弦は4本、ギターの弦は6本なので合わせて10弦。 以前NHKでやっていて良かったのですが(→こちらの記事) ようやく聞きました、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/14 00:33
のだめカンタービレ アニメ版〜2台のピアノのためのソナタ
アニメ版「のだめカンタービレ」を見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2007/01/13 00:31
今日(1/11深夜)からのだめのアニメが始まります。
フジテレビ系列で深夜1時から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/11 23:54
須川展也のソプラノサックスでのメロウなBGM
クラシックのサックス(サクソフォーン)はジャズとは音の出し方が全く違いますね。 常にリードの抑制の聞いたメロウな音で吹かれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/11 23:40
パコ・デ・ルシアの弾くアランフェス協奏曲
 ギターの協奏曲といえば、このアランフェス協奏曲がいちばん有名。 というより一般的にはこの曲しか知られていないだろう。 だからクラシックのギタリストは必ず弾く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 6

2007/01/09 23:45
N響が古楽に初挑戦〜ノリントンのモーツアルト、エルガーのチェロ協奏曲
 もう昨年のことになるが、NHKの「2006音楽祭ハイライト」(12月24日)でノリントンがN響を振った特集をやっていました。  ノリントンは、ピリオド(古楽)楽器のオーケストラではなく普通の近代楽器のオーケストラで初めてピリオド奏法を取り入れた人だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/08 22:51
当ブログインデックス(作曲家別)
私自身過去記事の検索が大変になってきたのでインデックスを作ることにしました。 一部(というかほとんど)工事中です。m(__)m ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/01/07 12:08
マイナルディのバッハ無伴奏チェロ組曲〜楽譜とCD
 年末に実家に帰って本の整理をしました。 以前、買っただけであまりろくにやっていないチェロの楽譜や教本が出てきました。 「ウェルナー パート2」「リーのエチュード」いずれもこんなの持っている記憶もなかった。 「ベートーヴェンのソナタ全集」これも弾いた記憶がない。どうも買っただけで忘れていたのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/01/06 00:14
男性的なチェロの音〜ドヴォルザークとエルガーのチェロ協奏曲
ピエール・フルニエのチェロによるドボルザークのチェロ協奏曲はピースうさぎさんのブログでこの曲を取り上げていて、私はフルニエのチェロは男性的な面があるとコメントしました。 記憶にある印象だったのであらためて聞きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/01/04 23:15
ルイージ指揮ウィーンSO、上原彩子のモーツァルト
もう2週間前の話ですが、テレビ「NHK音楽祭2006ハイライト」というのをやっていました。 年末のビデオを、ようやく今見ています。 今見たのはルイージ指揮ウィーン交響楽団のモーツアルト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/04 00:08
ウィーンフィルのニューイヤーコンサート
 毎年恒例、ウィーンフィルのニューイヤーコンサート 指揮者は毎年交替するが、今年の指揮者はズビン・メータでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/01/02 00:44
ハート・フロム・バーンスタイン〜「勝手にバーンスタインの日」
指揮者としてのバーンスタインはいろいろなオーケストラを振りました。 amazonでバースタインと検索したら、ウィーンフィルを振ったものが上位に来ていました。 録音は新しくないがニューヨークフィルも関係が深かったのではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/01/02 00:12
ブログ2年目の大晦日に
昨年9月からはじめたこのブログも2年目に入っています。 日記も続いたことがない性格なので、気楽に、簡単に、を最初から心がけてちぎれないようにはじめました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/12/31 23:47
のだめカンタービレの使用曲〜第11話:最終回(12月25日)
のだめカンタービレ、ついに最終回となってしまいました。 続編を期待したくなる終わり方でした。 でも、パリロケはないかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2006/12/27 22:22
まきびと羊を〜クリスマス無伴奏チェロ
クリスマスなのでくるみ割り人形から「金平糖の踊り」か「花のワルツ」をギターで弾いてみようと思いましたが、断念しました。 8月からチェロを弾くようになってからギターはほとんど弾かなかったので練習不足です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/24 19:59
のだめ最終回は時間延長です。
ドラマ「のだめカンタービレ」も12月25日でいよいよ最終回。 私は最近夜遅いので録画してあとで見ています。 今度の最終回は番組表で見たら10時9分までですからいつもより時間延長です。 おお、危ない。いつもの週間タイマーで取っていたらクライマックスで途切れてしまうかもしれなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/23 00:04
「もろびとこぞりて」〜勝手にクリスマスの日
無伴奏チェロ自演版 バッハの無伴奏チェロ組曲第3番のパロディにしてみました。 といっても思い出しながらつなげただけなのでなんか自信ないです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/19 00:03
「きよしこの夜」チェロ自演版〜勝手にクリスマスの日
 クリスマスの曲としてはやっぱりこれでしょうか? 無伴奏のチェロで弾いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/12/17 20:06
チェロ・クリスマス;ロンドンの24人のチェリストたち〜勝手にクリスマスの日
チェロアンサンブルのクリスマスアルバムです。 しかも、この24人ってベルリンの12人を意識してない? これは以前にご紹介した「ロンドンホルンサウンド」などと同じCALAレーベルの同種楽器シリーズです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/16 00:40
バッハ;クリスマスカンタータ ヘレヴェッヘ〜「勝手にクリスマスの日」
クリスマスでバッハといえばクリスマスオラトリオがあるが長いので、今回はクリスマスにちなんだカンタータを取り上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/15 00:10
タリス:クリスマスミサ タリススコラーズ〜勝手にクリスマスの日(2)
イギリスのルネッサンス音楽の大作曲家トーマス・タリス(c.1505-1585)。 そのクリスマスミサ曲をタリススコラーズの演奏で聴く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/13 23:31
ガーディナーの「クリスマス物語」〜《勝手にクリスマスの日》
教会の音楽に一番親しむのはクリスマス。 教会音楽に造詣が深いガーディナーが作ったクリスマスアルバム。 作者不詳の民謡からバード、パレストリーナなども。 「ガーディナーは彼の生まれ育った村で親しんだりクリスマスの音楽をベースに,彼のイメージに見合った曲を選曲して作ったアルバム」だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/13 00:09
のだめカンタービレの使用曲〜第9話(12月11日)
のだめの隠れた音楽的才能がついに出ましたね。 でも、のだめもトラウマがあったんですね。 ますます目が離せません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/12/12 00:37
バッハの無伴奏チェロ組曲〜躍動感あふれるツォイテンの演奏
バッハの無伴奏チェロ組曲は、チェロ奏者にとっては旧約聖書といわれ、まさに宝です。 私はこの夏からチェロを弾くようになって、チェロのCDを聞く機会が増えています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/10 22:36
チェロ日記(20回,21回)
チェロの練習をはじめて20回。 楽器がずいぶん鳴るようになってきました。 4ヶ月あまりですがずいぶん違うものです。 こういうのを楽器が育つというのかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/10 22:20
N響メンバーによる室内楽コンサート
先週ですが、N響メンバーによる室内楽コンサートに行ってきました。いずれもN響アワーでよくお見かけしている方々です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/09 23:14
のだめカンタービレの使用曲〜第8話(12月4日)
 TVドラマ「のだめカンタービレ」も後半になってどんどん展開していきますね。 第8話の使用曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 7

2006/12/05 01:11
激安CDに聞くショパン〜勝手にショパンの日
以前に買った、激安のCDボックス ショパン ピアノ作品集 往年の名ピアニストたち(10CD)¥1,173 【往年の】と書いてあるだけに録音は古いがいずれも名手の若き日の録音です。 そのうちのいくつかを「勝手にショパンの日」を機会に聞いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/03 00:38
のだめカンタービレの使用曲〜第7話(11月27日)
TVドラマ「のだめカンタービレ」第7話の使用曲です。 ひとつ、曲名が思い出せないのがあります。 (ヴィヴァルディあたりだったと思うのですが) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2006/11/28 00:33
アーノンクールの指揮するウィーンフィルのモーツアルト〜NHK芸術劇場
ウィーンフィルの来日公演。 アーノンクールが指揮してモーツアルトをやっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/26 23:25
チェロ日記(17、18、19回)
 先日、自分の演奏をこのブログにアップしてから、時々聞いてみる。 音程、リズム、強弱、ヴィブラートなど課題が山積みであることが、客観的に聞いてかなり気づきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/26 22:44
ヘンデル「ハープ協奏曲」〜のだめ第3話より
TVドラマの「のだめカンタービレ第3話」でヘンデルのハープ協奏曲が流れてきました。 しばらく聞いていなかった曲なのでこの機会に聞いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/25 23:48
のだめカンタービレの使用曲〜第6話
 昨日は帰宅が遅かったので、今日、ビデオを見ました。 さっそく、のだめカンタービレ第6話の使用曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/11/21 23:57
黛敏郎「涅槃交響曲」〜勝手に岩城宏之の日
 岩城宏之といえばベートーヴェン全曲マラソンコンサートの話題が強烈だった。 もうひとつは、現代音楽の初演魔といわれるほどわが国の現代音楽を精力的に紹介してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/19 00:11
のだめカンタービレの使用曲〜第5話
今日ようやく見ました。 実は、夜遅く帰ったらビデオも撮っていなくて見逃してしまった。 子供が友達からビデオを借りてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/11/18 00:46
ブラームス「クラリネット五重奏曲」〜ウラッハ、ウィーン・コンツェルトハウスSQ
この曲のイメージはまさに秋です。 昼下がりの陽だまりの中にまどろんでいるかのような空気に包まれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/15 23:11
メンデルスゾーン「無言歌集」〜コントラバスで聞く
コントラバスのゲリー・カーが弾いたメンデルスゾーンの無言歌集 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/14 23:41
夢のあとに〜パユが吹くジャズ
ジャズといってもクラシックの曲をジャズのアレンジでフルートとピアノトリオ(ピアノ、ベース、ドラムス)の編成でやっているアルバムです。 国内盤のタイトルだけ見て普通のフルート小品集と勘違いして買う人いないのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/11/12 23:45
ヘンデル「オンブラ・マイ・フ」〜チェロ自演
ヘンデルのアリア【オンブラ・マイ・フ】は、かつて、サントリーのCMでキャサリン・バトルが歌って有名になった曲です。(ページ下部のamazonのリンク) この原曲はオペラ「セルセ」ので主人公セルセ(ペルシャ王クセルクセス)が歌うアリア「懐かしい木陰」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/11/11 23:57
映画「ほんとうのジャクリーヌ・デュプレ」
 セールスの電話がかかってきて、映画をはじめ動画が見放題。そして3ヶ月間は無料。 ということなのでお試しで申し込んでしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/10 00:11
チェロ日記(14回、15回)
最近、チェロの練習は基本的なロングトーンと音階とアルペジオをやるとすぐ曲に行ってしまいます。 それもカラオケのCDと一緒に弾くようになってからそればかりになってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/08 23:38
のだめカンタービレ 第4話の使用曲です
 のだめカンタービレも第4話。 だんだんとこの世界も違和感なく見られるようになってきました。竹中シュトレーゼマンを含めて。これって慣れてきたってことでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

2006/11/07 00:03
「モーツアルト生誕250年目の真実」をみました
11月3日の夜テレビでモーツアルトの特集をやっていました。 日本テレビ「 モーツァルト生誕250年目の真実」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/05 22:09
フォーレ 「即興曲」 〜勝手にフォーレの日
フォーレはおそらくレクイエムがいちばん有名だし、もう書いてしまった室内楽や歌曲、ピアノ曲も良い。 管弦楽は余り多くない。 他にハープの曲に傑作があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2006/11/01 23:27
のだめカンタービレ使用曲〜第3話
これ、一応チェックしましたが、第1話、第2話とほとんど同じ曲ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 8

2006/10/30 23:21
題名のない音楽会「オーケストラ楽器道場」、オーケストラの森「東響のモーツァルト」
今日見た音楽番組から ■題名のない音楽会 「ジャズ界のモーツァルト・松永貴志〜オーケストラ楽器道場」 として松永貴志が自作のピアノ曲「shukudai」のオーケストラ・アレンジに挑戦した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/29 23:50
ヴィゼー「組曲ニ短調」、アメリアの遺言〜映画 「禁じられた遊び」 使用曲
中学の頃ギター部の級友が目の前で弾いたのがスペイン民謡「禁じられた遊び」。 初めて聴くギターの音のとりこになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/28 23:49
歌う演奏と語る演奏〜ピアティゴルスキーのサン=サーンス
「グリーシャ、おまえのチェロは素晴らしく良く歌う。見事なものだ。けれども、歌うばかりでなく、語るようにも,やってごらん。そうするともっと良くなる」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/25 23:47
のだめカンタービレ ドラマ第2話〜使用曲
 のだめカンタービレ ドラマの第二話を見ました。 劇中での使用曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 7

2006/10/23 23:52
カザルスが自宅で弾く【鳥の歌】の映像 &チェロ日記
YouTube(ユーチューブ)でカザルスが「鳥の歌」を弾いた映像をみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/23 00:36
ハイドンのチェロ協奏曲第1番〜ハンナ・チャン13歳の映像
最近、無料動画サイトYouTubeの結構クラシックの歴史的演奏が多くあるのに気づきました。 息子はYouTubeでポケモンを見たりしていてパソコンの稼動が上がっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/22 01:21
ベートーヴェン「交響曲第7番」〜のだめのオープニングテーマ
のだめカンタービレのオープニングテーマはこの交響曲第7番の第4楽章。 今日頂いたDMによるとデプリースト指揮、東京都交響楽団+のだめオーケストラの演奏だそうです。〜よく見たら都響+のだめはエンディングテーマ(ラプソディ・イン・ブルー)の演奏でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/10/19 23:31
新倉瞳 ミニ・ライブ〜おおらかなチェロ
昨日、たまたまネット検索していたら、新人チェリストとハープの無料ライブのお知らせがヒットしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/18 22:59
のだめカンタービレ 第1回を見ました
最初は美しいプラハの町並みの映像に、マーツァル指揮のチェコフィル?の演奏で始まリました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/10/16 23:42
クナッパーツブッシュ/ワーグナー名演集〜勝手にウィーンフィルの日
ウィーンフィルの演奏はたくさんあります。 現在もこのオーケストラの音はオンリーワンの個性をもっています。 透明感がある上に伝統の味が残っている。 やはり、今の味は一言で言えば現代的。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/10/14 22:43
のだめカンタービレ のドラマが始まる
「のだめ」のTVドラマがついに始まります。 10月16日から フジテレビ系列 月曜夜9:00〜 のだめ役は「スウィングガール」の上野樹里ですね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/10/13 00:12
成田為三「浜辺の歌」〜無伴奏チェロ自演版
チェロの自演の録音してみました。 伴奏がいないので無伴奏。 といってもバッハはまだ早いので、唱歌です。 勝手に編曲、即興演奏で・・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/09 21:17
チャイコフスキー「悲愴」〜フリッチャイの名盤
 「暖かさ」の感じる悲愴です。 「悲愴」交響曲にこの言葉は似つかわしくないのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2006/10/09 01:14
ムーンライトセレナーデ〜ベルリンフィル12人のチェリストたち
今日は嵐が過ぎてまさに抜けるような秋の空でした。 夜になって信じられないくらいまぶしいような満月です。 まさに月見日和です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/10/07 23:57
ベートーヴェン:ピアノソナタ「月光」〜バックハウス
お月見団子の記事を書いたのでお月様の曲を。 月並みだけど「月光」ソナタを聞きました。 やはりぴったりのネーミングだと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/06 23:23
柔らかい音〜ケラス チェロ・リサイタル;NHK芸術劇場
■チェロのケラス、この人は知りませんでした。 カナダの方ですが変わった名前ですね。 ベートーヴェンのチェロ・ソナタでいちばん有名な第3番。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/04 22:37
ツィマーマンのライブ〜NHK芸術劇場
10月1日の日曜日のNHK芸術劇場。 ○モーツァルトのK.330のソナタが始まる。 軽い可憐な感じのするソナタです。 最初は普通に弾き始める。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/03 23:31
TVCMのあの曲を弾いた〜チェロ日記(6、7)
初めて2日続けてチェロを練習しました。 まだ左の指先がじんじんします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/02 23:46
ブルックナー交響曲第8番オルガン編曲版〜「勝手にブルックナーの日」
ブルックナーは交響曲はシューリヒトの8,9を両方書いていますので極め付けでなく、変化球で行きます。 オルガン編曲版交響曲第8番です。 『作曲もするオルガニスト,リオネル・ロッグが京都コンサートホール委嘱により編曲したオルガン独奏版』だそうです。 この録音はジェノヴァのヴィクトリアホールのオルガン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2006/10/01 16:57
「白鳥」チェロ演奏聞き比べ
以前に書いたとおり、チェロの練習は音階などのあと、曲を弾き始めています。 曲はサン=サーンスの「白鳥」 初心者は半年で弾けるとようになるということで練習しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/09/30 23:50
マルコム・アーノルドの訃報
 9月23日、イギリスの作曲家、マルコム・アーノルドが亡くなられたました。 9つの交響曲、たくさんの管弦楽曲、協奏曲、吹奏楽曲を手掛けました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/27 23:54
佐渡裕の熱血指導!〜「題名のない音楽会」
TV朝日の「題名のない音楽会」 「佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ(1) 〜熱血指導!高校生吹奏楽クリニック」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/26 00:15
バレンボイム、ベルリンフィルのモーツァルトを見て〜NHK芸術劇場
 ちょうど一週遅れになってしまいましたがバレンボイムがベルリンフィルを指揮してモーツアルトのシンフォニーとコンチェルトを続けてやっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/24 12:22
「眠れる森の美女」とチェロ日記
■今日は、チャイコフスキー「眠れる森の美女」(抜粋)を聞きました。 娘の学校の学園祭の管弦楽部の曲目です。 今年は特に傑出してうまい人が目立たない代わりにアンサンブルがとても良くまとまっていました。 オーケストラ、とくにアマチュアは個より集団の力が影響しますね。 毎年、2年生が指揮をするのですが、おそらく指揮者の力もあったのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/24 00:18
オーロラのささやき〜北欧音楽の神秘の調べ
フィンランド音楽はシベリウスの管弦楽やシンフォニーだけじゃない。 私がそれに気づいた最初のCDです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/23 00:28
「泣きたいだけ泣いてごらん」ベルリン・フィル12人のチェリストたち
「泣きたいだけ泣いてごらん」 ちょっと照れくさい題名がついてます。 英文のタイトルは「NOSTALGIE」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/20 00:12
アンドレ・ギャニオン;ピアノ・ソリチュード〜勝手にイージーリスニングの日
 イージーリスニングって何があったかな。 最近、そういう言い方あまり聞かないし・・・ と思ったらHMVのショッピングページにそのカテゴリーがあったのを思い出し、 開いてみると ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/09/16 00:21
イギリス弦楽小曲集・第2集〜どれも美しい秘曲;癒しのイギリス音楽
 これを買うときはどうしようかと思いました。 エルガー、ディーリアスやRVWの名前はあるものの、半分以上はその頃は知らない作曲家ばかり。 深刻な現代音楽だったらどうしよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/14 23:46
バッハ;アリア〜カザルスの演奏
カザルスが隠遁してからプラ―ド音楽祭やマルボーロ音楽祭の記録が残っているけど、これは1951年のペルピニャン音楽祭のもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/10 23:39
「風の谷のナウシカの曲」〜藤原真理のチェロで
100円ショップで2枚組のブランクCDを買って、音楽を入れたらCDプレーヤーで再生しない。 パソコンのリアルプレーヤーだと再生するのだが・・・ 以前買っていた3枚組100円のCDはそんなことないのでこれはCDのせいなのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/09/10 00:41
バックス「ハープと弦楽のための五重奏曲」この世で最も美しい室内楽曲〜「癒しのイギリス音楽」
 「ハープの魅力が満開! この世で最も美しい室内楽曲」 というのはこのCDのオビに書いてあったセールストークです。 解説には「幽玄とか憂愁とかといった形容詞も、このあまりに美しい音楽の前には色褪せるばかりです。」 とも書いてあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/08 23:36
黒い箱の中から見つかった楽譜で世界初演〜N響アワー
 アルメニアンダンスを聞いた、日曜のN響アワー。 最後に尾高尚忠の交響曲第2番の第2楽章の日本初演をやっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/07 23:28
絵のような風景〜マスネ:管弦楽作品集 ;ガーディナーのフランス音楽
エラートのフランス音楽シリーズ。 今までフォーレのピアノ五重奏やドビュッシーの室内楽などをご紹介しましたが、管弦楽もあります。 今日はマスネの管弦楽曲集。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2006/09/06 23:06
ブルックナー「交響曲第8番」シューリヒト〜今日はブルックナーの誕生日
garajyuさんのblog「1年365枚」で 今日、9月4日はブルックナーの誕生日だと教えていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/04 23:27
大萩康司「シエロ」〜魅力的なギターの音
以前に、CDショップの視聴機に入っていた新進ギタリスト大萩康司の1stCD「11月のある日」 その音色に惹かれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/03 00:19
ショスタコーヴィッチ「チェロ・ソナタ」/ロストロポーヴィッチ〜「勝手にショスタコーヴィッチの日」
ショスタコーヴィッチといえば、まず多産系の交響曲か弦楽四重奏が思い浮かびます。 ショスタコーヴィッチは相当のピアノの名手だったらしいですけど、ピアノ曲ってあまり知りません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/09/01 23:54
ノラス「チェロ名曲集&アルペジョーネ・ソナタ」〜
子供の宿題の追い込みでパソコンがふさがっていたため、4日ぶりの更新です。 さて、ノラスはフィンランドのベテランチェリストですが、その演奏は知りませんでした。ショップでこのCDを手にしたとき「白鳥」をはじめ、ありきたりのチェロ小品集かと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/01 00:42
フィッシャー「ハイドン交響曲全集」第93、94番「驚愕」、95番(CD29)
久しぶりにフィッシャーのよるハイドンの交響曲全集から。 今日は有名な「驚愕」(びっくり交響曲)を含む、93番〜95番です。 kikiさんの「落ちこぼれ会計人の Music Diary」で驚愕を取り上げていたのをみて 私はまだ取り上げていなかったのに気がつきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/08/27 23:05
ネット検索で知人を探す(1)
ネット検索というものができて、思わぬ人の近況がわかったりします。 時々、ふと「あの人は今どうしているだろう」と思って検索してみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/26 23:25
力がみなぎるカザルス指揮のバッハ〜「ブランデンブルグ協奏曲第3番、他」
昨日のMAKのディスクをしまうとき隣にあって手にとってしまったディスク。 あのチェロのパブロ・カザルスが指揮したとても力強いバッハです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/25 23:31
バッハ「ブランデンブルグ協奏曲第2番」〜ゲーベル、MAK
暑さを忘れるさわやかなバッハ。 ゾリンゲンのナイフの切れ味を想像させるような演奏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/08/24 23:53
チェロの練習日記
今日は、練習日記を書こうと思います。 実家に置いてきたチェロを持ってきて、チェロにさわるのは20年ぶりくらい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/08/22 00:00
バッハのチェンバロ曲は涼しさを呼ぶか?
昨日の記事で、偶然にもバッハを聞いていたという点で一致したというコメントを頂きました。 その中に「バッハは涼を呼ぶ」という言葉があって、ひらめいたのは チェンバロの音は涼しそうではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/20 21:49
カザルス「鳥の歌」〜「勝手に戦争(反戦)関係の音楽(終戦記念日に)の日」
もう、戦争は起こしたくない。 現代は戦争のようなおろかなことは起こるはずがない。 私の身近でもそういう発言をする人がいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2006/08/14 23:27
偉大な芸術家の思い出〜ギトリス、ブルネオ、小山実稚恵
夏休みで家族サービスで出かけていました。 三日ぶりの更新。 8月6日、日曜日のNHK芸術劇場のビデオを見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/08/13 00:32
シュワルツコップさん死去
エリザベート・シュワルツコップが8月3日にオーストリア西部シュルンスの自宅で亡くなられたそうです。 死因は明らかにされていないそうですが、90歳だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/08/04 23:46
ドビュッシー「12の練習曲」〜「勝手にドビュッシーの日」
ドビュッシーは管弦楽は意外とネタが思い浮かばないので、室内楽かピアノ曲にしようと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2006/08/01 22:37
スーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」が終了
スーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」 日曜の再放送は最終回のまとめをやっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/01 00:01
フィッシャー「ハイドン交響曲全集」第9〜12番(CD3)、 第91、92番、他(CD28)
33枚組のハイドンの交響曲全集の続きです。 ハイドンはエステルハージ公に仕えて毎日このような演奏をしていたのでしょうか。この演奏は,まさにそのエステルハージ公の宮殿で録音されています。いにしえのヨーロッパの貴族が独り占めにしていたであろう同じような響きが毎朝きけるのは幸せです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/29 23:08
古川展生「ロマンティック・ストーリーズ・オン・チェロ」
東京都交響楽団の主席チェリストでソロでも活躍の古川展生のアルバムを聴きました。 クラシックのCDではありません。 塩入俊哉というポップスで活躍しているミュージシャンの作曲、編曲が中心で編成も、曲に応じてピアノ、ギター、アコーディオン、パーカッションなどいろいろです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/28 23:40
チャイコフスキー「祝典序曲1812年」〜ラストの盛り上げが良かった
今年もやりました。 『都響とティーンズのためのジョイントコンサート』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/07/27 23:09
次のスーパーピアノレッスンはダルベルトの「ロマン派を弾く」
NHKTVのスーパーピアノレッスン、 ベロフの「フランス音楽の光彩」は終わってしまいました。 最後のメシアンは後半を見逃してしまいました。 メシアンについてはCDも買ったので別の機会で触れようと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/07/27 00:11
バッハ「管弦楽組曲第2番」リヒター=ミュンヘン・バッハ管弦楽団〜ニコレのフルートが懐かしい
どうも、長い間バロック音楽というものが苦手でした。 ピリオド奏法が今のように普及するまでは、特に弦はそれぞれの音の綾にビブラートをかけてロマンティックに歌うのが暑苦しくて耐えられなかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/07/24 23:30
バッハ「平均律クラヴィア曲集」〜グールドとリヒテルで聞いて
今日は、外出したり、部屋の整理をいろいろしたりして、今までかかってしまいました。 BLOGを書くようになってから、CDを探すのにとても時間がかかることもあって、層別して仕分け直すのにほとんど全部をひっくり返す状態に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2006/07/23 01:32
高木綾子「南の想い」〜伸びやかに歌うフルート
「ラテンアメリカを聞く」2回目は本当に伸びやかに歌う音です。 倍音の多い、息使いの感じられる音です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/07/22 00:17
WAVE~ジョビンへのオマージュ〜チェロとギターでジョビンの曲を
夏らしいラテン・アメリカの曲が聞きたくなりました。 長谷川陽子のチェロと福田進一のギターのデュオでカルロス・ジョビンの曲を中心としたものです。 長谷川さんは最近ではNHKの連続テレビ小説「純情きらり」のテーマも弾いているチェリストですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2006/07/20 00:37
新鮮なヤルヴィのベートーヴェン「英雄」〜NHK芸術劇場
昨日、カラヤンの記事を書きながら、耳はヘッドフォンでNHKTVの芸術劇場を聞いていました。 ヤルヴィ指揮のベートーヴェン交響曲の第1番、第2番、第3番です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/07/17 23:00
カラヤンのレコードの想い出〜「勝手にカラヤンの日」
私がレコードを聞き始めた頃はすでにカラヤン全盛といっても良い時代でした。 当時は、FMのスポットCMによくクラシックの新譜の宣伝が流れたが、記憶にあるのはみんなカラヤンのものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/07/16 23:52
クライバーのベートーヴェン「田園」〜現代の田園か?
今日は昨日の記事で触れたCDショップの半額セールに行ってきました。 そこで、いろいろ見た後、これは半額ではないのですが、クライバーの『田園』に「SALE」のシールが目に付いて思わず買ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/07/15 23:51
トゥーネラの白鳥〜シベリウス「管弦楽曲集」
暑い、暑い。 やっぱりシベリウスを聞こうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/07/15 00:19
耳寄りな情報〜CD・DVD10万枚が50%OFF!!
CDショップからこんなメールがきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/14 22:33
カステルヌォーヴォ=テデスコ「ギター協奏曲全集」〜昔の映画音楽のようなのどかな雰囲気
ギター協奏曲といえばアランフェス協奏曲が一番有名です。 カステルヌォーヴォ=テデスコ(新しい城のドイツ人?)という長い名前の作曲家が作ったギター協奏曲はセゴビアの委嘱で作られた第1番が良く演奏されますが、親しみやすくて美しい曲だと思います。 この曲をきっかけに彼はギター音楽の大作曲家になったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/13 23:44
ディーリアス「春はじめてのカッコウを聞いて」〜季節はずれ?「癒しのイギリス音楽」(3)
 昨日のシベリウス、続けて書こうと思ったけど、なんとなくディーリアスの曲集を手にとってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/07/13 00:26
シベリウス「交響曲第1番」ベルグルンド〜シベリウスで涼しく?
東京は梅雨は明けていなくて、蒸し暑いです。 今日も不快指数がうなぎのぼり。 シベリウスで涼しくなるかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 5

2006/07/11 22:57
ドビュッシー「沈める寺」「花火」〜スーパーピアノレッスン
ドビュッシーの前奏曲集。 特にこの沈める寺はいいですね。 情景が浮かんできます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/11 00:40
ショスタコーヴィッチ「ピアノ協奏曲第1番」〜トラーゼの大汗
今日のN響アワーはピアノ協奏曲 モーツァルトのピアノはアンデルジェフスキ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/07/09 22:40
ドヴォルザーク・イン・プラハ〜「新世界」初演100周年記念コンサート
私は通勤途中にしばらく歩くのでその間にヘッドフォンでCDを聞きます。 何しろ毎日使う上に、満員電車で引っかかったりして引っ張られたりするのでやがて断線して使えなくなります。もうそういうヘッドフォンを何個だめにしただろう。 だからあまり高価な物はもったいなくて買わない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2006/07/08 00:49
フィンジ;クラリネット協奏曲〜癒しのイギリス音楽シリーズ(2)
このブログも、何かテーマを持っていきたいとは思っています。 ということで、突然の思いつきなのですが、 「癒しのイギリス音楽シリーズ(2)」です。 マイナーな曲が多くなりますのでいつまでできるかわかりませんがとりあえずやってみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/06 23:49
ショスタコーヴィッチ「交響曲第8番」:ムラヴィンスキーの晩年のライブ
タワーレコードのオリジナル盤「ヴィンテージ・シリーズ」。 このシリーズは「1年365枚」のgarjyuさんが以前この予告をみて夜中に興奮してましたね。 その中にムラヴィンスキーのショスタコーヴィッチの交響曲第8番がありました。 ショップで試聴してそのよさを確信して買ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/07/05 23:34
シューマン『カーニバル」「ウィーンの謝肉祭の道化」〜ミケランジェリの若々しい演奏
勝手にシューマンの日でシューマンのピアノ曲を探したら、 ミケランジェリのボックスセットに 「カーニバル」と「ウィーンの謝肉祭の道化」がありました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/07/05 00:20
吉松隆;ピアノ協奏曲『メモ・フローラ』〜ちょっと寂しくなる癒しの音楽
この曲が私の吉松隆の入門CDでした。 現代音楽ってメロディのない12音音楽ばかりかと思っていたら こんなにきれいな曲があったのですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/07/03 23:44
岩城宏之の指揮/顎で弾くチェロ/小曽根真のジュノーム〜N響アワー、芸術劇場を見ながら
岩城宏之氏は首の手術をしてから顔で指揮をする方法を会得したそうです。 先日の記事にも書きましたが、以前顔だけで運命の最初の部分をやって見せた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/07/02 23:20
バッハ・ヒッツ・バック〜器楽曲のアカペラの元祖:スィングル・シンガーズ
昔「恋するガリア」という映画があった。 もう内容はすっかり忘れているが、そのテーマがバッハのチェンバロ曲(チェンバロ協奏曲第5番〜ラルゴ)の旋律を声でやっていた。このスイングルシンガーズの演奏(合唱?)です。砂浜に波が砕けるモノクロの画面に良くあっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/07/01 22:30
シューマン「ピアノ五重奏曲&ピアノ四重奏曲」:バリリ弦楽四重奏団〜「勝手にシューマンの日」
シューマンはどちらかというと苦手な作曲家でした 交響曲第4番をチェロで弾いたことがあるのですが、どう弾いても弾き栄えのしないパートの書き方になっているところが多いのです。・・・私が未熟だっただけなのかも知れませんが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 9

2006/07/01 00:48
これは素晴らしい〜クライバーのベートーヴェン;交響曲第7番
発売以来、ショップの視聴機で聞いて最初の音を聞いたときから、素晴らしいのはわかっていたんですが、レギュラー盤はなかなか後回しになってしまって。ようやく2000円を切ってきたので買ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 9

2006/06/29 23:03
謎のCD2組〜マイルス、ピアソラ
なるべくCDの購入を控えようとしているのであまりショップには近づかないようにしていたのだが、今日は外出していて時間があったので久しぶりにCDショップを物色してしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/06/28 23:40
シュワルツコップ&フィッシャー/シューベルト歌曲集
今日はこのCDが目につきました。 NHKの「シューベルトを歌う」で 「糸を紡ぐグレートヘン」をレッスンしたとき、フィッシャー・ディスカウが最後に生徒に言った言葉、 『エリザベート・シュワルツコップの歌ったこのCDを聴いてください。エドウィンフィッシャーが伴奏したものです。』 これを聞いてすぐに買い求めたたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/06/27 00:19
スーパーピアノレッスン〜サティー:《金の粉》
ミッシェル・ベロフのNHKスーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」 今回はサティーの「金の粉」でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/25 21:47
ロンドン・ホルン・サウンド〜32人のホルン奏者たちのアンサンブル
ホルンという楽器は最も難しいという楽器でギネスブックに載っています。 他の金管楽器に比べて音域が広く、多彩な音が出る反面、音を外しやすい楽器です。 非常に豊かで柔らかく美しい音は他の楽器と溶け合いやすいのでオーケストラでも縁の下の力持ちですがこのホルンのアンサンブルのCDではメロディ、和音からベースまで全部ホルンでやっています。 でも無理して演奏しているというようなところはどこにもなく、音楽的にレベルの高いアンサンブルです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/06/25 00:29
ロジェのラヴェル;ピアノ曲全集〜雨の日にキラキラッ
こういう雨の日にはとてもよく合います。 パスカル・ロジェの『ラヴェル・ピアノ曲全集』 CD2枚組みでラヴェルのオリジナル・ピアノ曲全集。 もっとたくさんの曲を作曲しているようなイメージでしたが、これですべてです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/23 00:22
また、今日も雨になった〜「パヴァロッティ愛唱歌集」を聴く
今日は傘を持たないで出たら、もう勤め先につく頃には雨になった。 kikiさんの「落ちこぼれ会計人の Music Diary」を見たら、 「こんな日には太陽が恋しいでしょ ♪」とパヴァロッティの「イタリア民謡集」が出ていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/06/21 23:46
岩城宏之ベートーヴェンとともにゆかん〜NHKTVより
先日亡くなられた岩城宏之氏の番組を見ました。 NHK総合TV 【岩城宏之ベートーヴェンとともにゆかん】 ワールドカップの日本―クロアチア戦の裏番組だったので、ビデオでようやく見たのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/06/20 23:46
D.スカルラッティ;14のチェンバロのソナタ〜力強く訴える憂愁
昨日、「プラド美術館展」に行ったとき、音声ガイド(絵の解説が入っているメモリープレーヤーのようなもの)の解説の中に所々ドミニコ・スカルラッティやバッハの音楽が流れていました。 D.スカルラッティはイタリア人ですが、スペインで生涯を終えた作曲家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/19 23:29
【あのころ…〜日本のマエストロたち】・・・ノスタルジックなサウンドで癒される
全篇に大城正司のソプラノサックスがフィーチャーされた「といぼっくす」というグループのアルバムです。とっても癒されます。 吉松隆、武満徹、細野晴臣などの日本のノスタルジックなサウンドが満載です。 楽器編成もソプラノサックス中心に、チェロ、ギター、バンドネオン、マンドリンなどとの2〜4,5人くらいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 7

2006/06/18 00:04
イベール「寄港地」パレー、デトロイトSO〜エキゾチックなヨーロッパの風景
昨日の記事のパレー指揮デトロイト交響楽団の「道化師の朝の歌」の同じCDにはいっている イベールの「寄港地」。印象派の影響を受け継ぎながら親しみやすい音楽です。 フランスの響きが感じられる。アメリカのオーケストラであることを忘れます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/06/15 23:21
ラヴェル「道化師の朝の歌」〜管弦楽版、ギター版
NHKのスーパーピアノレッスンでラヴェルの「道化師の朝の歌」をやっていました。そのときオーケストラ編曲版もちょっと流れました。 手持ちのCDでパレー指揮デトロイト交響楽団がでてきたので聴いてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/06/14 23:37
シベリウス、グリーク;弦楽四重奏曲〜ニュー・ヘルシンキ弦楽四重奏団
シベリウスといえばフィンランディア他の管弦楽作品と交響曲がよく聞かれますが、ピアノ曲、合唱曲などもなかなかいいですね。 ここでは弦楽四重奏曲を聴いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/14 00:15
はちすずめ◎インドの歌 / 山下和仁ギター小品集2
秘曲ともいえるギターの小品を集めたもの。 そして山下和仁お得意の編曲もの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/06/11 01:39
シューベルト;交響曲第9番「ザ・グレイト」〜クナッパーツブッシュのグレイトな世界
クナッパーツブッシュ、ウィーンフィルのシューベルト「ザ・グレイト」 巨大な演奏です。 ■第1楽章  拍手が終わらないうちにホルンの主題が始まる。 確信に満ちたゆっくり目のインテンポ。 チェロの旋律がもう熱く歌い始めるのを聞くと何かが始まるのを予感する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/06/08 23:53
充実した演奏〜ハイドン交響曲全集第96、97、98番(CD30)
ハイドン交響曲全集。 はい、どんどんいきます(^_^;) ザロモンセットの前期の最後第96,97,98番です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/07 23:57
ドビュッシーの「映像」第1集、第2集〜ミケランジェリ
さて、スーパーピアノレッスンで聴いた「子供の領分」持っているCDはミケランジェリのもの。 でも、どうも気が乗らないので、一緒に入っている「映像」について。こっちの方が素晴らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/07 00:14
ウィーン風の優美な演奏〜ハイドン交響曲全集99、100「軍隊」(CD31)
また、ハイドンの交響曲全集からです。 1枚ずつ続けて取り上げないで何枚か聴いてから書こうと思ったのですが、やはり記録として書くことにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/05 22:31
スーパーピアノレッスン〜ドビュッシー:《子供の領分》から
NHKテレビのミッシェル・べロフのスーパーピアノレッスン 2週間続けて、ドビュッシーの《子供の領分》でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/06/04 23:55
ショパン;ピアノ協奏曲(ピアノ6重奏盤)〜ルイサダ
スーパーピアノレッスンのショパンの講師を熱くつとめたルイサダのCDを聴いてみました。 このショパンのピアノ協奏曲第1番は、通常聞かれるピアノとオーケストラではなく、オーケストラに替わって弦楽五重奏(弦楽四重奏+cb)が役目を務めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/06/02 23:40
ストラヴィンスキーの交響曲〜「勝手にストラヴィンスキーの日」
まだ6月1日だからストラヴィンスキーをもうひとつ。 『ハ長調の交響曲』『3楽章の交響曲』『管楽器のための交響曲』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/06/01 23:52
やっぱり「春の祭典」〜「勝手にストラヴィンスキーの日」
ストラヴィンスキー「春の祭典」聴けば聴くほど好きになってくる 美しい音楽です。 最初聞くと不協和音とガチャガチャしたリズムだけの曲と思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

2006/06/01 00:28
ジェズアルド〜ストラヴィンスキーが高く評価したルネッサンス作曲家
カール・ジェズアルド。 ルネッサンス期の作曲家です。 とても美しいマドリガルを多数書いていますが、後期になるにしたがって和声進行がとても大胆になります。 300年の時代を飛び越えて現代曲のような雰囲気すらあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/31 23:25
学校のギターアンサンブルを聞いて
先日、子供の学校の集まりがあっていったらギター部が何曲か演奏してくれました。 自分のギターは独習(自己流)だし、こんなにたくさんのギターのアンサンブルを見た聴いたのは久しぶりでした。 全国コンクールで何度も金賞や最優秀賞をとっているということでなかなか楽しく聞けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2006/05/29 23:46
マーラー「さすらう若人の歌」〜F・ディスカウ,フルトヴェングラー
あるところに、東京交響楽団のカレンダーがかかっていました。 カレンダーには毎日その日に生まれた音楽家の誕生日か漫画で書いて楽しそうでした。 そこで今日はとみたら、バリトン歌手フィッシャーディスウの誕生日(1925年5月28日)です。 81歳になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/05/28 23:27
「吉松隆氏の記事」について
「勝手に○○の日」他でお世話になっているgarjyuさんのBLOGに、作曲家の吉松隆氏に関しての記事がありました。 【好きな作曲家のCDがリリースされなくなった原因について考える。】garjyuさんのBLOG 【八分音符の憂鬱】吉松隆氏のBLOG ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/28 19:40
吉松隆のギター楽譜購入
明日使うチャイコフスキー「荘厳序曲1812年」のスコアを買いに行きました。 楽譜売り場に行くのは久しぶり。 ついでにギターの楽譜を買いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/05/28 00:23
『朝』『昼』『晩』〜コンバスのソロがあるハイドンの初期交響曲CD(2)(32)
ハイドンの交響曲全集引き続いて聴いています。 初期の交響曲から 第6番『朝』、第7番『昼』、第8番『晩』 ちゃんと受けそうな名前がついています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/26 23:56
巨大化した小シンフォニー〜クナッパーツブッシュのベートーヴェン交響曲第8番
このどちらというと小さく可憐なシンフォニーが巨大に変身します。 クナッパーツブッシュ指揮ミュンヘンフィルのベートーヴェン交響曲第8番です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/05/25 23:15
グレインジャー:リンカンシャーの花束〜ウィンドアンサンブル(吹奏楽)の古典
高校時代クラブはブラスバンド部でした。 その時ブラスバンドの曲知っているのはスーザのマーチと軍隊行進曲くらい。 実際に始めてやった曲がスーザのマーチでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/25 00:09
モーランの室内楽曲集〜ラヴェルのSQが好きな人はおすすめ「癒しのイギリス音楽シリーズ(1)」
今日もハイドン全集を聞いて素晴らしさに浸っていたが、続けてUPするのはやめて変化をつけたくなりました。 以前から取り上げたかったイギリス音楽について書こうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 10

2006/05/23 23:51
豊かな曲想の宝庫〜ハイドン交響曲全集CD(1)(33)
ついに買ってしまいました。 全33枚組のハイドン交響曲全集です。 演奏はアダム・フィッシャー指揮オーストリア・ハンガリアン・ハイドン・オーケストラ(Brilliant)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/05/22 23:13
スーパーピアノレッスン〜ドビュッシー「月の光」
ミッシェル・ベロフのNHKスーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」 今回はあの有名なドビュッシーの「月の光」〜ベルガマスク組曲でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/21 18:26
来年の熱狂の日は「国民楽派」
今年の「熱狂の日」音楽祭(ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン)はモーツァルトをテーマとして盛況のうちに終わりましたが、来年のテーマの記事を見ました。(「別冊ぶらあぼ」による) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/21 00:53
長谷川陽子のチェロ〜「純情きらり」のテーマとコダーイ
勤め人にはNHKの大河ドラマはもうずいぶん見たことがないです。 この間ビデオに撮りました。目的はドラマそのものでなくてオープニングテーマが聴きたかったから。 今、放映されている「純情きらり」のテーマは作曲;大島みちる、演奏は長谷川陽子のチェロです。 以前に長谷川さんのブログ見ていて知りました。 のどかな曲想でチェロが歌います。CDとかにはなっていないのかな? ・・・探したらサントラ盤がでていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2006/05/20 00:33
ハイドンのピアノトリオ;ティボー、カザルス、コルトー〜名人芸のトリオ
ティボー(vn)、カザルス(vc)、コルトー(p)のトリオのこの演奏から80年がたちます。 3人とも昔のスタイルというか、ポルタメントや微妙なテンポルバートがあるのだが、本当に暖かいチャーミングな演奏です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/05/18 23:45
エルガー&ディーリアスのチェロ協奏曲〜デュプレ
昨日ワルキューレの第1幕について書いていて、ショルティVPOのリングの抜粋版の存在を思い出しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/05/17 23:53
クナのワルキューレ第1幕〜凄みのある音で始まるドラマ
今日は手を伸ばしたところにこのディスクがありました。 クナッパーツブッシュ指揮ウィーンフィルのワーグナー「ワルキューレ」第1幕全曲です。 オペラ史上類を見ない大作「ニーベルングの指輪」の始まりの部分です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2006/05/16 23:34
ジュリーニのブラ2&スターバトマーテル〜「勝手にジュリーニの日」
今日は「勝手にジュリーニの日」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2006/05/16 00:07
スーパーピアノレッスン〜ラヴェル:「スカルボ」は「くわばら!!!」
ミッシェル・ベロフのスーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」 ラヴェルの「夜のガスパール〜スカルボ」を2週続けてやりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2006/05/14 23:17
ボッケリーニの弦楽四重奏〜ニックネームはハイドン夫人
ボッケリーニという作曲家はおそらく「ボッケーリーニのメヌエット」が一番知られていますが、たくさんの良い曲を残しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/05/13 23:48
スターウォーズ、スーパーマン、ET、未知との遭遇の音楽〜ジョンウィリアムス
先週、「ハリーポッター炎のゴブレット」のDVDを見ましたが、音楽はジョンウィリアムスから違う人に替わりました。それは後回しにして作曲家のジョンウィリアムスが聴きたくなった。 クラシックではないですが演奏は、まさに後期ロマン派のオーケストラ編成。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/05/13 00:58
フォーレ;ピアノ五重奏曲〜五月雨は今日も続く
今日も雨が降っていました。今はもうやんでいます。 フォーレのピアノ五重奏曲は、昨日のCDの2枚目です。 これは編成がヴァイオリンが1人増えただけですが印象が違います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 10

2006/05/12 00:01
フォーレ/ピアノ四重奏曲〜五月雨に聴く
ちょっとはっきりしない小雨混じりの天気が続いていますが そんな天気にも合いそうなフォーレの室内楽を聞いております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 7

2006/05/11 00:24
ベートーヴェン序曲集:ジンマン
以前、書いた記事で、テツラフ(vn)ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハーレのベートーヴェンのバイオリン協奏曲の記事を書きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/05/08 23:39
モーツァルトの生活/アコーディオンのモーツァルト〜「勝手にモーツァルトの日」(その7)
「勝手にモーツァルトの日」最終日となりましたが,この機会にモーツァルトのエピソードを書いてみます。 〜スーパーピアノレッスン「モーツァルトを弾く」;NHKより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/07 12:31
ニューエイジ・ミュージックのモーツァルト 〜「勝手にモーツァルトの日」(その6)
今、モーツァルトにちなんでジャズ、ボサノヴァさらにラップにアレンジしたものもでているそうです。 ここにあげたのは 「Different Mozart」 以前国内盤では「コンテンポラリー・モーツァルト」として出ていたものでニューエイジミュージックとかヒーリングにおいてあるものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 10

2006/05/06 13:21
春への憧れ;ピアノ協奏曲第27番〜「勝手にモーツァルトの日」(その5)
「ピアノ協奏曲第27番」k.595はモーツァルトのピアノ協奏曲の最後の作品です。 作曲されたのはレクイエムと同じ1791年。つまりなくなる年です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/05/05 10:46
ピアノソナタの聴き比べ〜「勝手にモーツァルトの日」(その4)
モーツァルトは最初は天才ピアノ少年としてスタートした。作曲も同時に始めた。 この機会にモーツァルトのピアノソナタのCDを聞き比べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/05/04 11:20
弦楽五重奏曲ト短調〜「勝手にモーツァルトの日」(その3)
バッハのロ短調、ベートーヴェンのハ短調と並んで、モーツアルトはト短調が宿命的な調性としてがあげられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/05/03 09:01
バリリの弾くヴァイオリンソナタ〜「勝手にモーツァルトの日」(その2)
ワルター・バリリが弾いたモーツアルトのバイオリンソナタ。 なんともいえない芳香が立ち上ってくる音で、奏でられる夢のようなモーツァルト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2006/05/02 12:33
フルート四重奏曲集:パユ〜「勝手にモーツァルトの日」(その1)
モーツァルトの室内楽は結構管楽器のレパートリーがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/05/01 13:22
スーパーピアノレッスン〜ベロフの「フランス音楽の光彩」
ミッッシェル・ベロフのスーパーピアノレッスン。 今日はフォーレの舟歌をやっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/04/30 22:15
ブルックナーの第九〜シューリヒトVPO
ブルックナーの交響曲第9番。 オーケストラ曲では私のベストCDです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2006/04/29 23:59
ラッスス(ラッソ)のレクイエム〜ヒリヤードアンサンブル
先日のミゼレーレの記事をきっかけにルネッサンスの音楽について書きます。 ルネッサンス音楽はバロックよりも前の時代です。 主流はアカペラの合唱曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/04/29 00:34
ジャクリーヌ・デュプレの小品集
若くして難病でなくなった天才女流チェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレ。 ドヴォルザークやエルガーのコンチェルトの鬼気迫る演奏がよく話題になります。 しかし、このような小品も彼女の魅力が良くわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 10

2006/04/28 00:04
モーツァルトそっくりなフンメルのトランペット協奏曲
フンメルのトランペット協奏曲を聞いていて「あれっ」と思った。 モーツァルトにそっくりなのである。 作風が似ているという意味ではなくいわゆる有名な曲に似せている。引用というかパクリというか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/26 22:56
熱いバッハ〜アルゲリッチのパルティータ
これは本当にアルゲリッチのテンパラメントが出た熱いバッハです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2006/04/25 00:22
モーツァルトで癒されるのは〜「たけしの誰でもピカソ」(2)
「たけしの誰でもピカソ」でモーツァルト特集。前日の記事、感想の続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/23 20:46
5月1日〜7日は「勝手にモーツァルトの日」
毎月2回、garjyuとmiwaplanさんによる「勝手に**の日」の企画があります。 私も、4月1日の「勝手にチャイコフスキーの日]、4月14日の「勝手にバッハの受難曲」に参加させていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/23 19:42
100均ショップのクラシックCD〜カラヤン、フルトベングラー他
外出のついでに100円ショップのダイソーの大型店によりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/23 17:04
「たけしの誰でもピカソ」のモーツァルト特集をみて(1)
「たけしの誰でもピカソ」でモーツァルト特集をやっていた。 出演:青島広志(作曲家)、鈴木慶江(ソプラノ)、茂木大輔(N響奏者&指揮者) 「勝手にモーツァルトの日」の参考になるかと思いますが・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2006/04/23 01:20
ハプニング〜オルガン交響曲でオルガンの音が出ない
オーケストラのコンサートでのハプニングはライブではいろいろあります。 弦楽器だと弦が切れたり、弓を折ったり(・・この前N響アワーでみた) 木管だとリードをはずしたときに届かないところに落ちたり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/04/22 00:25
スークの弦楽セレナーデ〜18歳のみずみずしい曲
弦楽セレナーデといえばいちばん有名なのが、石田衣良の「池袋ウェストゲートパーク」にも出てくるチャイコフスキーの曲だがほかにもいくつかの作曲家が書いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/04/21 00:29
「こうもり」と「スターウォーズ」
管弦学部の春公がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/21 00:26
こうもり序曲の聞き比べ
ヨハンシュトラウス2世のワルツ、ポルカなど500曲を作曲したそうだ。 その中で彼の代表作であり、喜歌劇(オペレッタ)の代表作であるのが 「こうもり」その序曲だけを集中して聞いてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 9

2006/04/20 00:04
武満徹のギター曲〜マタイがのぞく「フォリオス」やビートルズ
武満徹は多くのギター曲を残している。ギターが好きだったそうです。 その中で確かマタイ受難曲のコラールが引用されているのがあった。 「フォリオスIII」という曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/18 23:51
ベルリンフィルのピクニックコンサート
日曜夜の芸術劇場、後半はサイモン・ラトル指揮ベルリンフィルのピクニックコンサート。 つまり野外コンサート。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/04/18 00:33
美しいチェロの音〜趙静(チョウチン)NHK「トップランナー」
途中からだったが、NHKテレビ「トップランナー」でチェリストの趙静(チョウチン)がでていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2006/04/16 22:19
ソラブジ「グリスタン」〜不思議な美しい曲
インド系イギリス人ソラブジが作曲した「グリスタン」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/16 00:34
メンゲルベルグのマタイ受難曲〜「勝手にバッハの受難曲」の日
今日は聖金曜日でバッハなどの受難曲を演奏するそうです。 それにちなみ今回の記事は「勝手にバッハの受難曲の日」についてです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2006/04/14 13:27
マタイ受難曲のコラール〜オルガン音声付
本日は「勝手にバッハの受難曲」イヴです。 このところずっとマタイ受難曲を聞いていたので 自分で弾いてみたくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/13 23:17
バロックオーボエののほほんとした音
バロックオーボエののほほんとした音が好きです。 CDショップの視聴機ではじめてバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)のバッハのカンタータを聞いたとき、まずアリアのオブリガートで演奏されるオーボエの音にその場を離れられなくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/13 00:23
朝FMでマタイ受難曲をやってる
今朝、NHKFMをつけたら流れてきたのが「マタイ受難曲」やっぱりこの時期に合わせてやるんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/04/11 22:30
テンポの伸びちぢみ〜テンポ・ルバート
自由にテンポ・ルバートをかけるのは簡単ですが、本当にその音楽が要求しているように弾くのは難しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/10 23:24
ベロフのスーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」
ベロフのスーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」 ついにスーピーも(我が家ではこう呼ばれるように)再放送が定番化。 嬉しいけど、本放送は子供の裏番組に譲ることに(-_-) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/04/09 20:32
4月14日バッハの受難曲について記事を書きませんか〜「勝手に**の日」
garjyuとmiwaplanさんの「勝手に**の日」の企画を見て4月1日の「勝手にチャイコフスキーの日」に参加させていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/04/09 11:11
バイオリン、オーケストラのポルタメント
昔のバイオリンやオーケストラの録音を聞いて特に現代とは違って目立つのがポルタメントという奏法です。 クライスラー、ティボーやオケではSP時代のウィーンフィルやコンセルトヘボウでよく聞かれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/04/08 00:50
都響とティーンズのためのジョイントコンサート
プロのオーケストラと競演できる。 ただし、小学・中学・高校生です。 これは東京都交響楽団が毎年夏に行っているものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/07 00:28
ラ・テールのチーズケーキ:ドゥーブル/バッハのドゥーブル
ベイクド・チーズケーキの上にレアチーズケーキの2層のケーキ。 東京渋谷の東急フードショーの「ラ・テール・セゾン」のドゥーブルです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/05 22:29
スーパーピアノレッスンの再放送:トラーゼの「大曲をひく」
スーパーピアノレッスン、今日からベロフによる「フランス音楽の光彩」が始まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/04 22:40
中音部のビオラの魅力
学校のクラブ活動でオケに入ったとき、私はチェロを始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/04 00:48
モーツァルトの「骨の折れる仕事」〜「プロシア王」四重奏曲
モーツァルト「プロシア王」の名演、ヴェラー弦楽四重奏団ののCDを聴きました ウィーンフィルの歴代コンマスの中でも、もっともウィーンの香りのあった天才バイオリスト(と私は思う)のバリリが腕の故障で引退して、その後に若くして、コンサートマスターになったのがヴァルター・ヴェラー氏。 彼の音もバリリに似たところがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/03 00:13
ウィーンの森の物語〜音声付
電話で音声が入れられるようになったので、ついにやってみました。 まずは手近にギターで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2006/04/02 20:39
チャイコフスキー「悲愴」はロシアでは「熱情」
 今日4月1日はgarjyuさんとmiwaplanさんの"勝手にチャイコフスキーの日”ということなので、便乗させていただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/04/02 00:18
モーツァルト:中田英寿が挙げた「教会ソナタ」
 モーツァルト教会ソナタ全集。 編成はオルガン、管弦楽と書いてあり、名前から受けるイメージからバッハのような音楽を想像していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/30 00:24
スーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」のテキスト
ミッシェル・ベロフによるスーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」のテキストが書店に並びました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/26 23:29
フィギュア使用曲〜世界選手権2006
フィギュアスケート世界選手権。今日は女子のショートプログラム(SP)をテレビでやっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/03/26 00:35
荒川静香選手波瀾万丈。。キンスマ
また荒川選手の感動の金メダル演技を見ました。 TBSテレビ「中居正広のキンスマ:超緊急企画荒川静香選手の波瀾万丈&金メダルの真相・・・・天才少女の苦悩 引退決意....24歳の素顔 母の愛」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/25 00:12
ベートーヴェンのバイオリン協奏曲〜ジンマン、テツラフ
 ベートーベンのバイオリン協奏曲は、ピアノ協奏曲の5曲に対して唯一のものです。 ここには苦悩するイメージのベートヴェンはありません。 明るくて充実していて飽きないです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 3

2006/03/22 23:07
スーパーピアノレッスン「大曲をひく」最終回
トラーゼのスーパーピアノレッスン「大曲をひく」が最終回を迎えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/03/21 23:51
日本人の好きなモーツァルト(その2)
以前に日本人の好きなモーツァルトの曲を御紹介しましたが、 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン  「熱狂の日」音楽祭2006 〜モーツァルトと仲間たち〜 のサイトにまた別のランキングがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/21 01:05
「新垣勉 さとうきび畑」について
「新垣勉 さとうきび畑」(garjyuさん)をみて思い出しました。 あるパーティーに新垣さんが来られて、目の前でこれを歌われて私は初めて彼と、この歌を知りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/03/19 23:18
カーボン製、ガラス製のチェロ、バイオリン
 トリノオリンピックのフィギュアスケートのエキジビションで、エドウィン・マートンというバイオリストがプルシェンコといっしょに氷上にでて熱い演奏をしていました。 最近CDショップでよく試聴機に入っています。 クラシックの曲を題材にロック系のリズムとアレンジでバイオリンを弾いています。 (ページ下のCD) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/19 21:31
小学生オーケストラのハイドン
子供の小学校の卒業式に出席しました。 やはりパイプオルガンの「G線上のアリア」には涙してしまいました。 今回以前と違ったのは低学年のオーケストラの演奏があったことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/18 23:11
ピアノのヴィブラートってどうやるの?
去年のことになるんですが、 スーパーピアノレッスン、ルイサダのショパンのテキストに楽譜の各所にルイサダのつけたコメントが緑の字で印刷されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/17 22:30
スーパーピアノレッスン第4弾はフランス〜講師はベロフ
スーパーピアノレッスン,もうすぐトラーゼ先生の「大曲に挑む」が終わります。 次の4月〜7月の講座がわかりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/03/16 13:50
G線上のアリアで涙
もうすぐ長男の小学校の卒業式です。 その時、ちょっと気がかりなことがあります。 音楽で涙が出てきてしまうのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 11

2006/03/15 00:49
【喰いタン】のラヴェルのボレロは駄作か?
隣で子供が見ていた「喰いタン」から ラヴェルのボレロが流れてきました。 高校の時,音楽の先生の「これは駄作といわれていました。」 という言葉を記憶しています。 本当に駄作なのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/13 22:47
オペラ歌手の選んだオペラ名曲ランキング
TV朝日の「題名のない音楽会」を見ました。 今日3月12日は「錦織健のオペラ・セレクト20!」 ということで、テノール歌手でオペラのプロデュースも手掛ける 錦織健さんがオペラの名曲を選んでおられました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/12 23:50
クラシックをインターネットラジオで聴く
無料でインターネットラジオの聞けるサイトを探しました。 REAL RADIO STATIONSでいろいろなジャンルの放送局が並んでいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/12 00:50
トラーゼのスーパーピアノレッスン〜プロコフィエフ
アレクサンドル・トラーゼのスーパーピアノレッスン プロコフィエフの再放送を一気に見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/09 23:29
高価なチェロの弓・・・200万円
チェロを弾き初めてなかなか楽器の鳴りが以前の感覚に戻らない 塗装に細かい日々が入っているのも気になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/06 23:22
ミケランジェリ、ムラビンスキー、ショパンの激安CD
HMVで安いCDを見つけたので思わず買ってしまいました。 まだ聴いていません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/06 00:11
「ピアソラ タンゴ組曲 / セルジオ&オダイル・アサド(ギター)」
「ピアソラ タンゴ組曲 / セルジオ&オダイル・アサド(ギター)」について〜 自分でギターを弾く身でありながら、クラシックギターのCDはほとんど持っていなかった。曲のせいなのか、音色のせいなのか退屈なのが多かった。 しかし、このタンゴ組曲が突然ラジオから流れてきたとき(なんかこの表現セピア色になった昔の映像みたい)まさに衝撃的だった。理想としているギターの音に近かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/03/05 00:13
ショパンの幻想即興曲
フィギュアスケートの荒川静香選手がトリノオリンピックのショートプログラムで使った曲。 ショパンの幻想即興曲をオーケストラ編曲したものでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/04 00:57
トラーゼのスーパーピアノレッスン再放送〜プロコフィエフ
アレクサンドル・トラーゼのスーパーピアノレッスン。 今度は18番のプロコフィエフの一挙、再放送です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2006/02/27 23:53
フィギュアで使われた曲
オリンピックのフィギュア・スケートで使われた曲を調べてみました。  ☆ショートプログラム ●安藤美姫「Merry Christmas Mr. Lawrence」:坂本龍一 ●荒川静香「幻想即興曲」:ショパン ●村主章枝「Toca Orilla(Jesse Cook)」 ●高橋大輔「エル・タンゴ・ド・ロクサーヌ (ユアン・マクレガー、ホセ・フェリシアーノ&ジヤケク・コーマン)」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/02/27 00:02
日本人が好きなモーツァルト作品
今年の1月27日でモーツァルトは250歳になりました。 読売新聞の記事によると日本人が一番好きなモーツァルト作品は ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/02/19 00:30
トラーゼのスーパーピアノレッスン〜再放送
トラーゼのレッスン。プロコフィエフはすごすぎます。 まさにエキスパートであることを実感します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/14 13:00
チェロで聴く哀愁の「鳥の歌」
N響アワーでシューマンとヒンデミットのチェロ協奏曲を聞きました。 チェリストはゲリンガス。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/12 23:55
くるみ割り人形〜ギター編曲してみました
去年の暮れぐらいから、ギターでオーケストラ曲の編曲を試みています。 もともとは、学生の頃ワーグナーのマイスタージンガーを編曲しようとしましたが、 途中で手におえなくなって挫折。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/12 23:19
「音声ブログ開始!」について
「音声ブログ開始!」について ハーモニカ奏者の木谷悦子さんのブログ 「クロマチックハーモニカ日和」を見ていたら 「音声ブログ」 なるものを開始したそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/12 22:50
「吉松隆 ギター・ソナタ「空色テンソル」他 / 山下和仁」について
「吉松隆 ギター・ソナタ「空色テンソル」他 / 山下和仁」について ちょうど、このCDを聴いていたところです。 確かにかっこいいですね。最初の「空色テンソル」のまさに雲が流れていく様子をイメージさせる早いパッセージが心奪われます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/02/12 01:02
チェロ始めました
正確には30年ぶりにチェロの練習を再開しました。 結婚してからずっと実家に置いていたのを 娘が「弾いてみたいからもってきて」といっていたのでそれを口実に運んできました。 いよいよ脳内演奏脱却です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/02/04 22:43
ピアニストは深窓の令嬢?〜楽器別の性格
1月29日(日)の テレビ朝日「題名のない音楽会:クラシック楽器入門」 あの青島広志先生が 楽器別の演奏家の性格について持論を展開していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/01 22:51
スーパーピアノレッスンの再放送〜大曲に挑む(1)〜(3):トラーゼ
NHK教育テレビの スーパーピアノレッスン ハイドン、ベートーヴェンを見る限り トラーゼ先生の指導は、あの体格からは想像できない繊細なものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/01/28 23:52
ウィーンフィル来日コンサート
1月8日NHKでリッカルド・ムーティー指揮ウィーンフィルのコンサートを見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/13 13:04
青島広志先生の世界一受けたい授業♪ベートーヴェン
12月24日の日本テレビの「世界一受けたい授業」で 青島広志先生が出演。 「クラシック波瀾万丈 聖夜に贈るベートーベン 」でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/12 13:29
左手のピアニストをテレビで見ました
左手だけでピアノを弾く ピアニスト舘野泉氏 をテレビで見ました。 彼は長い間フィンランド在住していた著名な日本人ピアニストですが、 脳溢血で半身麻痺となりリハビリに励み 現在、自由になる左手だけでピアノをひくピアニストだそうです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 9

2006/01/08 23:23
ウィーンフィルのニューイヤーコンサート
ウィーンフィルのニューイヤーコンサートのライブ中継を見ました。 今年の指揮者はヤンソンス氏。 ラトビアの生まれでレニングラードでムラビンスキーのアシスタントをしていた人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/01/02 00:21
エリック・サティの癒し音楽
癒しの音楽。・・・そういえば診療所の自動血圧計(セルフで測る機械)のスイッチを入れると 「静かに呼吸をして落ち着いてください。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/12/31 00:03
ケンタでもらったクリスマスのCD
持っているクリスマスCDのいくつかを御紹介します。 いつものことながら廃盤だったり非売品だったりばかりだと思いますが (アマゾンのダグがはれない) いつか復活するかもしれませんので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/25 01:08
スーパーピアノレッスンのトラーゼ先生のピアニッシモ
NHK教育TVで火曜日にやっているトラーゼのスーパーピアノレッスンも3回目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/21 23:39
スーパーピアノレッスン:トラーゼの大曲を弾く
ルイサダの「ショパン」が終わったら 今度はトラーゼの「大曲をひく」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/14 23:46
小澤征爾の「運命」と突然のリハーサル見学
先週のことになりますが、NHKテレビで小澤征爾がN響を指揮していました。 気が付くのが遅れてTVつけたら最初の「運命」の第1楽章の終わり。 リハーサルもやっていたそうで、本当に残念!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/11 22:03
ミケランジェリの魔法のようなピアノの音
初めてミケランジェリのピアノを聴いたのはFMから流れてきたドビュッシーの前奏曲集でした。 基本的にはピアノはハンマーが弦をたたくだけの構造なのに、まさに七色の音が出て来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/10 01:42
ルイサダおすすめのショパンCD〜スーパーピアノレッスンが終わって
ジャン・マルク・ルイサダのスーパーピアノレッスンが終わりました。 何回かは見逃しているのでいつかビデオで見ようと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/12/03 00:11
懸賞でCDがあたった
アフィニスというところから、 「応募された懸賞に当選されました。」 ということで、CDが届きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/27 19:29
「大曲に挑む」次のスーパーピアノレッスン
ルイサダのショパンは完結しました。まだ再放送は何回かありますね。 次は「大曲に挑む」というタイトルでチャイコフスキーのコンチェルトやプロコのソナタ他をやるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/11/26 00:06
ヨー・ヨー・マの清清しいチェロの音:シンプリー・バロック
チェロ奏者ヨー・ヨー・マの「シンプリー・バロック」を聴きました。 とてもすがすがしい音がします。 前半は主にカンタータから編曲したバッハの小曲。 後半はボッケリーニの協奏曲のオリジナル版。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/18 23:43
ルイサダのスーパーピアノレッスン再放送だ(^o^)
待望のスーパーピアノレッスンの続きの再放送です。(関東) 見逃した方はぜひビデオに! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2005/11/15 01:05
ウィーンフィルの柔らかい音
ウィンナオーボエ,ウィンナホルン,ヴァイオリンをはじめウィーンフィルは他のオーケストラに見られない独特の楽器を伝統的に使用しているそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/11/09 23:40
のだめカンタービレ千秋のCD・ブラームスとドヴォルザーク間違い探し
以前に書いたのだめの千秋氏の CDを試聴しました。 ブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレ ドヴォルザークの間違い探しスコアは5 6箇所ほど見つかりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2005/11/03 23:28
のだめCDと都響とティーンズのジョイントコンサートCD
のだめのメインキャラクター、千秋真一とその仲間たち、R☆S(ライジングスター)オーケストラが、あのブラームス交響曲第1番を最新録音。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/10/22 00:27
一糸乱れぬボーイングとホルンのビブラート
ムラビンスキー指揮レニングラードフィルのショスタコービッチ交響曲5番。 1973年,この演奏をテレビの生中継(多分)で見ました。 前評判を聞いていましたが,テレビを見ていてびっくりしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/19 13:44
ルイサダのスーパーピアノレッスンの再放送は?
(11月16日追加) 11月19日11月26日深夜に再放送があります。下のトラックバックから11月15日の記事に飛んでください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/10/11 23:23
ミルシテインの全盛期の録音
ミルシテイン(ミルシュタイン)は史上最高のバイオリニストの一人だ。 彼は1920年デビューから1986年まで録音があるが、このCDの1946年は全盛期といえる。 つやのある輝かしい音。特にE線の高音域は美しい。さすがストラディバリウスっていう音だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/09 16:27
チェロが嫉妬するコントラバスの美しい音
アヴェ・マリア/鳥の歌〜ベスト・オブ・ゲリー・カー 10年ぐらい前、初めて買ったコントラバスのソロCD。 チェロよりも深く、高音域も美しい音。チェロ弾きの私はちょっと嫉妬してしまう音。 この人はバースタインのNYフィルの動物の謝肉祭のCD(LP?)でチェロの替わりにチェロと同音域で白鳥を弾いたCD(LP?)あるそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/10/09 00:40
ルイサダのショパン:スーパーピアノレッスン
NHK教育TVのスーパーピアノレッスンを時々みます。 ルイサダ先生のレッスンはピアノのテクニックがよく知らない私にも伝えようとすることがよくわかります。 教えるときの言葉が興味深いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/10/05 20:00
高校数学教師と生徒のプロ級のピアノ
10月2日,ある男子校の文化祭<興風祭>に行ってきました。 「教員生徒合同演奏会」というのがあって, 事前にみたホームページに「出演者の腕前はセミプロ級です」とあった。 音楽室に入りきれない観客。プログラムを見ると主にピアノのソロだった。 一人の生徒がワイシャツを腕まくりしてショパンのスケルツォを練習していた。 確かに期待できそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2005/10/04 20:00
ホロヴィッツのCD
ピアノの音って弾く人によってこんなに違う。そう思ったのが,ずっと以前にFMから流れてきた普通の音じゃないピアニストのホロヴィッツやミケランジェリを聞いてからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/27 20:30
青島広志先生の脳に効くモーツァルト♪をみて
土曜日の日テレ「世界一受けたい授業」で青島広志先生の脳に効くモーツァルト♪をみました。 モーツァルトは疲れた人間の脳に癒すの効能があるということです。 その理由として ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/26 00:13
新世界:ドヴォルジャーク
女子校の文化祭の管弦学部の発表で「新世界」を聞いた。 こまかいことはいろいろあるが、かつて自分たちが演奏したときもこんな感じだったんだろうな。ホールに入りきれないほどの観客。何よりです。 昨年のチャイコの5番は「あれこんな曲だっけ」と新発見があったが、今回は思ったとおりの感じだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/23 23:09
新世界
新世界(ドボ9)は始めて聴いたときはクラシックとは思えないかっこいい曲だと思った。 でも自分がチェロの立場からオケで弾いてみて結構ストレスがたまる感じでした。テュティでフォルティシモで鳴っているときに低弦で細かい音形弾くとか多かったような気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/09/22 21:34
ヨークのサンバースト
 自分が一番長く弾いてきた楽器はクラシックギター。一度も教師に付いたことも,クラブに入ったこともないけれど。始めたころは,教育TVでギター教室をやっていたのでそれを見ながら練習した。 最初,弾きたかったのは「禁じられた遊び」。中学のギター部の級友が弾くのを聞いてとりこになった。  それからお昼の弁当の時間に放送部が流していた校内放送のテーマが「アルハンブラの思い出」。毎日聞いていて,あれはどうやって弾いているのか不思議だった。聞いていたのがお弁当を食べながらだったのか今でも自分で弾いていてお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/16 19:27
《われらがイエスの四肢》,モーラン:弦楽四重奏曲
今日聞いたCD ☆ D.ブクステフーデ/連作カンタータ 《われらがイエスの四肢》   鈴木雅章指揮,バッハ・コレギウム・ジャパン  ブクステフーデは若きバッハがオルガンの師と仰いだ人。オルガン以外の曲は始めて聞いた。美しい曲だ。あまりバッハのような悲劇的なところがない。BCJのバッハのカンタータシリーズは大変美しい演奏が多いが。このBCJの演奏も弦もコーラスも大変に美しい。  http://www2s.biglobe.ne.jp/~bcj/cd-info(vocal).html#メンブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/15 23:03
千住真理子さんのTVを見て
 先週、9月10日の土曜日だったか、朝TVでバイオリストの千住真理子さんが出ていた。 素晴らしいストラディバリウスのデュランティの音はちょっとしか聞けなかったけど、確かに官能的な音だと思った。このストラドに出会って弾き方まで変わってきたとおっしゃっていたが、彼女がバイオリンを弾いているのか、バイオリンが彼女に弾かせているのかなんてちょっと思った。 パブロ・カザルスのチェロはゴフリラーという楽器で低音に類を見ない力強さがある。彼はあるときあるストラドのチェロを紹介されたとき非常に惹かれたけれど... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/09/13 21:40
チェロの脳内演奏
私は、いろいろな楽器を弾くのが好きですが、チェロは特に愛着があります。 しかし、楽器は実家に置いたままもう15年が過ぎました。 昔、寺内タケシ氏がTVのインタビューで「ギターが上手になるためには、楽器に触っていないときでも頭の中で弾いているイメージで練習していること」といっておられたような記憶があるのですが、 私のチェロの場合、もうこの脳内演奏ばかりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/09/11 08:33

トップへ | みんなの「クラシック」ブログ

★ 音楽と季節の記♪ ☆ クラシックのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる