高木綾子「南の想い」~伸びやかに歌うフルート


「ラテンアメリカを聞く」2回目は本当に伸びやかに歌う音です。
倍音の多い、息使いの感じられる音です。

ちょっと日本的ないぶし銀のような音。
なんて、彼女のフルートが銀製だからそう感じるのでしょうか。

最近のプロのフルーティストは金製の楽器を吹く人が多いような気がするが、高木綾子は会えて銀製の楽器でしっとりとした音を出すそうです。
銀といっても特別の合金の入った手作りでその辺の楽器じゃないらしいです。

実はこれはデビュー当時の5年位前のCDらしいのですが、その時すでに5枚目のリリース。
その中ではこれが一番気にいっていました。

これは本当に良いです。
引き込まれます。画像

それと、蛇足ながら右のブログランキングをクリックするとわかりますが、クラシック部門でたいてい第1位なのが高木綾子のブログ<*フルート&Diary*> なのです。
このブログははるか下を低迷しています。



■ワルツ風に
 最初からとても良い。
ギタリストのS.アサドはギターに限らずこういういい歌を書くことが良くわかりました。
弦楽器のような大きなヴィブラート。
ブレスをするときの「ハ」という息の音が魅力的です。(?)

■11月のある日
 確かこれもギター曲。でもこのフルートの音に良くあっています。
中間部から最後にかけて情熱的に盛り上がっていくところが良い。

■想いの届く日
 突然チェロの音から始まります。
チェロ奏者古川展生がゲストに入っているタンゴ調の曲。

■小麦のダンス
 ヒナステラはアルゼンチンの作曲家で、「粋な娘の踊り」というピアノの小曲が私は好きなのですが、それと同じ途中にメロディがでてくる。

■波(ウェーヴ)
 この曲、何で聞いてもよいね。この前の長谷川陽子のチェロは結構けだるさを思わせる歌い方だったけど、こちらは夏の木陰を感じる涼しさ。
 ピアノのリズムも光っています。
このピアノのパネがほとんどの編曲をしているらしいのですが、その編曲がどれもなかなか良い。

■チキリン・デ・バチン
 この曲ピアソラの曲と思えないほど可憐な感じですね。
フルートの高音だからですかね?
と想ったら、尺八のようなと行ったらいいすぎだが、倍音の多い低音で情熱的になってきました。

■ブラジル風バッハ
 フルートで聴いても良いですね。これは。
中間の盛り上がりが情熱的です!




南の想い
演奏: 高木綾子(fl), フェビアン・レザ・パネ(p)、古川展生(vc)

1. 「アクアレル」~ワルツ風に(アサド)
2. イマジナ(ジョビン)
3. 11月のある日(ブローウェル)
4. 想いのとどく日(ガルデル)
5. わが愛のミロンガ(ラウレンス)
6. 小麦のダンス(ヒナステラ)
7. 波(ジョビン)
8. マズルカ第2番(ポンセ)
9. はちすずめ(ナザレー)
10. 黒いオルフェ(ボンファ)
11. パリャーソ(道化師)(ジスモンティ)
12. モコヴィの地で(ラミレス)
13. チキリン・デ・バチン(ピアソラ)
14. 「ブラジル風バッハ第5番」~アリア(ヴィラ=ロボス)
15. 歌と瞬間(ナシメント)
16. 白い道(ジョビン)




南の想い
南の想い

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月22日 06:33
天は2物を与えますね。
美人だし、センスの良いフルート(私も、1枚だけ過去に推薦書いてます。)

この選曲の良さ、他のJクラシックの人たちとちょっと違いますね。そそられます。

garjyu
ダンベルドア
2006年07月22日 14:19
一見すると単なるビジュアル系のようですが、実力はかなりのものだと思います。

デビュー当時は、ユーミンとかカーペーンターズとかもだしていましたが、この「南の想い」のようなCDをこれからもだしてほしいと思います。
p-cloud
2006年07月22日 15:15
私はこの方は知らなかったのですが
ダンベルドアさんの解説を読んで
いると、また欲しくなっちゃいますよ。う~~欲しいなあ。
でもご存知のように、このブログを
みて2枚注文したばかりですからね~
貧乏人の私は、少しガマンしないと。
(>_<)でもホント夏向きですよね~~
KiKi
2006年07月22日 17:07
こんにちは♪  実は KiKi はフルートの音楽は交響曲と協奏曲と室内楽でしか聴いたことがないのですよ~。  我が家のピアノの調律士さんがフルーティストで「フルートも、もっともっと聴いてくださいよ~。」と仰るんですけどね。  どうもフルートというと学生時代のブラスバンド部のイメージが・・・・(笑)  どうも KiKi はクラリネットを除くとブラバンで使われていた楽器はちょっと苦手意識が強いようです・・・・ ^^;  でもこれ、選曲がいいですね~。  お?  それに古川さん(vc)が共演??  む~ん、これは悩むなぁ。  つい何日か前に散財したばかりだというのに・・・・。    
ダンベルドア
2006年07月23日 00:43
>p-cloudさん
 実は、私も皆さんのBLOGのおすすめを見てほしいのを我慢しています。
もう買っていて未聴のCDが溜ってくるので、当分買わないつもりなのですが、実際は・・・(^_^;)

>kikiさん
 フルートは苦手ですか?
私も、昔のどこかのオケのフルートにあったように、常にシンセみたいな細かいヴィブラートがかかっている一部のフルートは苦手なのですが、このCDを聞くと弦楽器に通じる表現力に引き込まれました。
 古川さんの競演しているのは2曲です。
彼のチェロは最近さらに表現力が増したように思います。

この記事へのトラックバック