ドビュッシー「弦楽四重奏曲」~ヴィア・ノヴァ弦楽四重奏団

ドビュッシーの唯一の弦楽四重奏曲いつもになく快活で前向きなドビュッシー。
ドビュッシーの日に書き損ねたので今日は、少し吹いている夜風にあたりながら聞いています。

画像


第1楽章
 情熱的な曲想ですね。
最初がなんか「ひょっこりひょうたん島」のテーマに似ている。といったら興ざめ?

このヴィヴァ・ノヴァ弦楽四重奏団。
 かっちりと音程を決めないで、人間の声のようにちょっとふらふらするところがとてもフランス的に感じます。
以前に書いたフォーレのピアノ五重奏、四重奏と同じ団体だけどより持ち味がはっきり出ています。

第2楽章
 ピチカートでちょっとエキゾチックな曲想。
第2ヴァイオリンの高速ピチカートが物凄いヴィブラートで、なんかちがう楽器みたいに聞こえる。

 中間部は天の花園を駆け回っている?
・・・そんなところいったことはないけれど。

第3楽章
 これはミステリアスなソロから始まり、弱音器をつけた弦の甘い歌が始まる。
やがて生命を謳歌するようなクライマックスに達する。


 いつしか沈静しています。

第4楽章
 けだるい出だしから始まる。
推理ドラマの一場面のようだ。
躍動的な第1楽章から始まって、普通とは逆に終楽章にこういう雰囲気をもって来ました。


そう思っているうちに思い出したように明るく早くなりジャンと終わりました。

* * * * *

 このディスク2枚組みで弦楽四重奏のほかにも、名盤ランパル、ラスキーヌ、パスキエの「フルート、ヴィオラ、ハープのためのソナタ」、トルトゥリエの「チェロソナタ」などドビュッシーの室内楽の演奏がいろいろ聞けます。

「フルート、ヴィオラ、ハープのためのソナタ」は月夜に聴くととても合うような曲です。
この曲の同じ盤の演奏はkikiさんのこちらの記事に詳しく書いてあります。

トルトゥリエについては別に書くつもりです。

パイヤールの「小組曲」(これはピアノ四手曲からオケへの編曲版)も気楽に聞けてよいです。



指揮: ランパル(ジャン=ピエール)
演奏: ヴィア・ノヴァ弦楽四重奏団、ラスキーヌ(リリー), パイヤール室内管弦楽団その他
レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン

ディスク枚数:1
1. 神聖な舞曲と世俗的な舞曲
2. フルート,ヴィオラとハープのためのソナタ
3. チェロ・ソナタ ニ短調
4. ヴァイオリン・ソナタ

ディスク枚数:2
1. 弦楽四重奏曲ト短調op.10
2. 小組曲(ビュッセル編)
3. 6つの古代碑銘(パイヤール編)
●サティ:
4. ジムノペディ第1番(ドビュッシー編)
5. ジムノペディ第3番(ドビュッシー編)



ドビュッシー:室内楽作品集
ドビュッシー:室内楽作品集

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月19日 00:31
こんばんは。
この曲・演奏の組み合わせにオっとなりました。まあ、ほとんど聴いたことあるもののはずですが、今手元にないんですよ。ランパル、ラスキーヌのソナタ良いんだよなあ。“神聖な舞曲”はランパルが指揮までしているんですよね。
あと、パイヤールのこれらの演奏は聴いてないですが、気になりますねえ。小組曲大好きだし。これもウィッシュリスト行きです。

garjyu

ダンベルドア
2006年08月19日 09:05
>garjyuさん
 このCDはかつてのエラートのフランス音楽の大御所が大集合といった感じです。
ちょっとマイナーな「神聖な舞曲と・・・」まで一種独特の雰囲気があります。
KiKi
2006年08月19日 15:08
こんにちは♪  ああ、これもいい曲ですよね~。  KiKi はこの「エラートのおフランスものシリーズ」はかなりせっせと集めたのですが、どれもこれもお気に入りのCDばかりとなっています。  ジャケットも美しいしね(笑)。  拙ブログのご紹介までいただき、本当にありがとうございます♪  ダンベルドアさんに触発されて、KiKi もこれからもう1度このCDを引っ張り出して聴いてみたいと思います。  
ダンベルドア
2006年08月19日 22:15
>kikiさん
 「エラートのおフランスものシリーズ」は例のフォーレもありますし、・・・今、思い出しましたが、マスネの管弦楽全集なんかもありました。これもなかなか良かったかな。
2006年08月28日 00:38
ダンベルドアさん、
ちょっとだけ曲目違いでしたが、ほぼ動内容(演奏)のCD1枚無事に購入。
堪能。TBさせていただきました。

garjyu
ダンベルドア
2006年08月28日 22:56
本当にフランス音楽が堪能できますね。
お買い上げありがとうございます。・・・って私がお売りしたわけではないですが。

この記事へのトラックバック