ネット検索で知人を探す(1)

ネット検索というものができて、思わぬ人の近況がわかったりします。
時々、ふと「あの人は今どうしているだろう」と思って検索してみます。

この間、音大にいった高校の同級生を検索したら、今もしっかりプロのピアニストで活躍していることがわかりました。

結婚されて姓が変わったので、以前はそちらの方でみたときは判らなかったのですが、旧姓で出ているようです。

コンサートやCDの情報が出ています。
そこに試聴音源がありました。

ラヴェルの「道化師の朝の歌」
以前にスーパーピアノレッスンでやっていて楽譜も持っているので、途中までギターに編曲して投げ出している曲です。

輝かしい音で軽やかに弾いています。
そして、もちろん日本の音大を出てからフランスに留学して研鑚を積んでいるので、レベルは違いますが、おもしろいことに高校の音楽室で聞いた彼女のタッチの特徴が何十年経っても判ります。
演奏家の個性ってずっと残るんですね。

そういえば学校に自分のギターを持っていってアランフェスを聞いてもらったことがあるのです。
「なんか譜面とリズムがちがう」といわれて冷や汗を掻いたことがありました。
アランフェス特有のあのメリスマ(小節?)を結構適当に弾いていたのがばれてしまったのです。
それからは3連符、装飾音、付点四分音符、休符をしっかり数えながら練習した想い出があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

p-cloud
2006年08月31日 00:48
ちょっとだけお久しぶりです。
殆んど毎日来てはいるんですよ。
ただポチだけして帰っています^^
この話は、色んな面で共感できる
ので、チョッと足跡を・・・
私もよく、知り合いや親戚など
検索してみる事があります。
自分の本名でやってみたり・・・
これにはチョッと驚く事が
あったり、ハンドルネームで検索
したり・・・面白いですよね。
昔のお友達がピアニストにね~
音に面影が残ってたわけですね・・・

なかなか興味深いお話でした。
ダンベルドア
2006年09月01日 00:49
>p-cloudさん
 コメントありがとうございます。
個人情報保護法で本名での検索ではだんだん見つからなくなってきているようですが、意外な発見があり、なかなかおもしろいです。

この記事へのトラックバック