フィッシャー「ハイドン交響曲全集」第93、94番「驚愕」、95番(CD29)

久しぶりにフィッシャーのよるハイドンの交響曲全集から。
今日は有名な「驚愕」(びっくり交響曲)を含む、93番~95番です。
kikiさんの「落ちこぼれ会計人の Music Diary」で驚愕を取り上げていたのをみて
私はまだ取り上げていなかったのに気がつきました。

■第93番
・第1楽章 いかにもハイドンらしい感じ。画像

・第2楽章 弦楽四重奏から始まる。
とても美しい。この形でずっと聞いていたい。が、楽器が加わってきて荘厳な感じになってくる。なかなか美しいところが多い。最後近くに、いきなりファゴットの低音が「ぶぉー」とフォルティッシモになるところがある。
これも「驚愕」を狙ったのかな?

・第3楽章 勇壮なメヌエット。これを聞いているとやっぱりこのオケは良いです。

・第4楽章 とてもハイドンらしいロンド。テーマの1st.vnとObがウィーンのオケらしい音がする。

■第94番「驚愕」
・第1楽章 この序奏は美しいですね。
この部分はかつてLPレコード時代はクリップスやモントゥーのウィーンフィル盤で陶然として聞いていた。
 主題に入る。颯爽とした弾いている。
この楽章はなかなか魅力的に曲だと思います。
モーツァルトのような意外な展開はないですが。

・第2楽章 誰でも知っているこの楽章。
 驚愕の名前の由来となったフォルティッシモをどうやるか?
短く「Bang!」とやる。
もちろんどうやっても現代は驚く人はいない。
この曲は変奏曲の見本ですね。
主題が有名だから変奏の様子が楽しめますね。

・第3楽章 このまま踊れるメヌエットです。私はしませんが。

・第4楽章 楽しいロンドです。

■第95番
・第1楽章 ハイドンでは珍しい短調です。
ユニゾンでドランチックに深刻に始まる。でもすぐに明るい長調になってしまうところがモーツァルトとはちがいますね。
 展開部ではどんどんドラマが発展していきます。

・第2楽章 美しい長調のアンダンテ。
チェロのソロがフィーチャーされている。ここがチェロ弾きにとってはコンチェルトも書いたハイドンのいいところ。

・第3楽章  短調のメヌエット。トリオでは長調になってチェロのソロになります。

・第4楽章 「早い。うまい。楽しい」演奏です。
どこかで聞いた言葉ですか?
コンマスのキュッヒルさんが頑張っているのが目に見えるようです。


HMVのこの全集のページ
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

KiKi
2006年08月28日 00:57
こんばんは♪  今日は拙ブログにコメントと TB をありがとうございます。  又、何だかおねだりをしちゃったみたいで申し訳ないですぅ・・・・ ^^;

>「早い。うまい。楽しい」演奏です。  コンマスのキュッヒルさんが頑張っているのが目に見えるようです。

わぁ、これは是非聴いてみたいなぁ!!  う~ん、やっぱりこれは買いですかねぇ。  実はHMVに行くたびにこれを手にとっては棚に戻していた KiKi なのですが、次に行くと夢遊病が発症してふと気がつくと黒と赤のロゴの袋を提げて電車に乗っているような予感が・・・・(笑)。
ダンベルドア
2006年08月28日 23:17
>kikiさん

>実はHMVに行くたびにこれを手にとっては棚に戻していた

実は私も5年近くそうだったのです。HMVの「まとめて25%offセール」のときにえいっとクリックしたのですが。
isa
2006年09月13日 03:46
こんばんは~ 以前フルオケで「驚愕」をTPにて演奏したことがあるのですが、そのときの本番中話をば。
3楽章に入り、半分くらい来たところで急に睡魔に襲われ、譜面を見たところ150小節は休みがあり、4楽章に入ってもさらに100小節も休みが!!7分は寝れる! ってことで仮眠にw ところが5分後・・・3楽章の終わりにD.C.・・・ まじでびっくりしましたw 隣の2ndに「今寝てたろ」と・・・ ばればれでした (;´д⊂)
ダンベルドア
2006年09月13日 22:37
こんばんは
オケの金管は休みを数えるのが大変ですよね。
それにしても本番中に寝るとは慣れてますね~。
D.Cはまさに驚愕でしたね。

この記事へのトラックバック

  • ハイドン 交響曲第94番 Hob.I-94 「驚愕」

    Excerpt: 東京に戻ってまいりました。  いえね、本当は昨日には東京に戻っていたのです。  でもね、昨日は何かと忙しくて音楽を聴く余裕がなかったので、この Music Diary の更新はお休みさせていただいちゃ.. Weblog: 落ちこぼれ会計人の Music Diary racked: 2006-08-28 00:53
  • ハイドン作曲、交響曲第94番「驚愕」

    Excerpt:  きょう某所に向かう電車の中、長椅子に寝そべるくらい行儀の悪い奇声を上げるたぶん高校生が幾つめかの駅で杖をついた老夫婦が乗ってきたらさりげなく、ごく自然に段差のあるホームと電車の間を手をさしのべて、茶.. Weblog: yurikamomeの『妄想的音楽鑑賞とお天気写真』 racked: 2006-09-26 23:13