ヴィゼー「組曲ニ短調」、アメリアの遺言~映画 「禁じられた遊び」 使用曲

中学の頃ギター部の級友が目の前で弾いたのがスペイン民謡「禁じられた遊び」。
初めて聴くギターの音のとりこになった。

でもギター部にはなぜか入らなかった。あんなにうまく弾けないと思ったから。画像
自分はテニス部でした。
どこでも同じだと思うが、テニスは人気が高い。
新入生は素振りと球拾いと筋トレ。
ひまなときはラケットのガットをはじいてギターを夢想していました。

そうしたら、1年後、伯母さんから弾いていないギターを頂きました。

その頃はベンチャーズなどのエレキブームの後、クラシックギターもブームになっていたようで、街のどのレコード屋にもギターが何台も置いてありました。
NHKの教育テレビで毎週ギター教室の番組をやっていたので、テキストを見ながら独習で、何年もお世話になりました。

ギターと一緒に貰った教則本が調弦で「5番目の弦を男の人の一番低い声ぐらいに合わせる」とかいてあった。これはラの音のことなのですが、音叉だとか調子笛だとか、ピアノだとか絶対的な音に併せる方法はどこにも書いていませんでした。
何かいい加減な本でしたが、最後のページに載っていたのがギターを始めるきっかけとなった「禁じられた遊び」。
半年位毎日弾いていました。

今この曲のレコード、CDは持っていないことにはじめて気がついた。
余りにも毎日のように自分で弾く曲はあらためてCDで聞こうと思わないことが多い。

そのあとは、給食の時間に流れる校内放送のテーマ曲「アルハンブラの思い出」を半年くらい弾いていました。ちなみに禁じられた遊びのアルペジオの型 p a m i を1本の弦で早く弾くと簡単にトレモロができます。

うるるさんのBlog【Un Dia de Noviembre】の 映画「禁じられた遊び」の記事をみてこの映画の曲を他にも弾いていたことを思い出しました。

ロベール・ド・ヴィゼー ;組曲ニ短調
 ~これは親戚から頂いた全音ギターピース(今でもあるのだろうか?)の曲だった。
カルメンのビゼーではなくてヴィゼーはバロックギターの作曲家。
簡単に弾けてとても美しい曲。

CDは今はブリームのしか見当たらないです。
ブリームは端正なギターといわれるがちょっと中途半端に聞こえます。
取り上げておいてなんですが、ブリームのギターの音ってちょっと時代を感じさせて、何か好きになれないです。録音のせいかもしれませんが・・・・・・。

バロック・ギター名曲集
~ ブリーム(ジュリアン)

ディスク:1
1. パバーナス(サンス)
2. ガリャルダス(同)
3. パッサカーリェス(同)
4. カナリオス(同)
5. ビリャーノス(ゲラウ)
6. カナリオス(同)
7. 前奏曲ニ短調BWV999(バッハ)
8. フーガ イ短調BWV1000(同)
9. パッサカーユ(ヴァイス)
10. ファンタジー(同)
他全17曲

ディスク:2
1. リュート組曲第1番BWV996(バッハ)
2. 同第2番BWV997(同)
3. トリオ・ソナタ第1番変ホ長調BWV525(同/ブリーム編)
4. 同第5番ハ長調BWV529(同)


カタルーニャ民謡 ;アメリアの遺言
 ~これも「鳥の歌」と同じカタルーニャ民謡の哀愁がたっぷり。
中間の技巧(人工)ハーモニックスの旋律の美しさが効果的です。
このジョンウィリアムス(ギタリストの)の若き頃の演奏でよく聞きました。
このCDの頃の彼は端正な中にもキレがあって好きです。


アルハンブラ宮殿の思い出~スペイン・ギター名曲集
 ~ウィリアムス(ジョン)

1. スペイン舞曲第5番「アンダルーサ」op.37-5(グラナドス)
2. ドビュッシーの墓に捧げる賛歌(ファリャ)
3. セビリアop.47-3(アルベニス)
4. アルハンブラ宮殿の思い出(タレガ)
5. ファンダンギーリョop.36(トゥリーナ)
6. 「タレガを讃えて」op.69~第2曲ソレアレス(トゥリーナ)
7. ラファガop.53(トゥリーナ)
8. アメリアの遺言
9. はちすずめ(サグレラス)
10. アストゥーリアスop.47-(アルベニス)
11. タンゴop.165-2(アルベニス)
12. ファンダンゴ(ロドリーゴ)
13. 詩的なワルツ集(グラナドス)
14. ソナタ ニ長調(M.アルベニス)
15. 「三角帽子」~市長の踊り(ファリャ)
16. 「恋は魔術師」~漁夫の歌(ファリャ)
17. 「三角帽子」~粉屋の踊り(ファリャ)
18. クリスマスの夜
19. 聖母の御子
20. ゴヤの美女(グラナドス)
21. コルドバop.232-4(アルベニス)


アルハンブラ宮殿の思い出~スペイン・ギター名曲集
アルハンブラ宮殿の思い出〜スペイン・ギター名曲集

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

うるる
2006年10月29日 00:05
わ~~っ、こんな記事書いてくださって(注;私のためじゃないですね・汗)うれしいです。
ヴィゼー・・・バロックだと思ったので、実はあれ?と思っていたんですが、別人でしたか。全音ギターピースにあったんですね。今でも見つかるかなあ・・・・。

いい親戚の方をお持ちですね~~♪v(*'-^*)^☆
ダンベルドア
2006年10月29日 20:32
>うるるさん
 最近はギターピース自体見かけないです。自分が気がつかないだけかも・・・・・。

ヴィゼーの組曲は今手許にないのですが、5~6曲からなる組曲です。元々ギター用にかかれただけあって、バッハの曲よりも簡単ですが、弾いて楽しめる美しい曲です。
うるる
2006年10月30日 19:40
ギターピース、見かけるのはポップスばかりですねえ。ニーズが少ないのかしら?
仕方がないので、ゼンオンの「新版演奏会用バロック名曲選集」を注文しました。ダブってる曲があっても1曲あたりはやっぱり曲集の方が安いし・・・(せこい?笑)
ダンベルドア
2006年10月30日 22:48
このゼンオンの「新版演奏会用バロック名曲選集」今、全音のページで確認しましたが、サンス、ヴァイス、パーセル、スカルラッティ他知っていても楽譜で持っていない曲がたくさんですね。私もこれ買おうかな。

この記事へのトラックバック