激安CDに聞くショパン~勝手にショパンの日

以前に買った、激安のCDボックス
ショパン ピアノ作品集 往年の名ピアニストたち(10CD)¥1,173
【往年の】と書いてあるだけに録音は古いがいずれも名手の若き日の録音です。
そのうちのいくつかを「勝手にショパンの日」を機会に聞いてみました。

○ 比較的親しみやすいショパンの初期のノクターン作品9。
分かりやすいストレートにロマンティックなショパンです。
特に9の2は私の独習ピアノの数少ないレパートリー。
聞いたのはルービンシュタインの1930年代の録音。
曲を崩さずストレートに曲が楽しめました。

○スケルツォ第2番
去年の秋、ルイサダのスーパーピアノレッスンでよく聞きました。
情熱的な曲。
 ショパンが結婚を申し込んだマリアは家族に諭されて婚約を取りやめた。ショパンはこのことを心に封じ込めた。この年に彼はジョルジュサンドと知り合ったのだが彼の心の中はマリアのことだけだった。その頃に作られた曲。
 動揺や失望、前向きな躍動の混じった暗い情熱の曲ですね。
どちらもよく表現されたルービンシュタインとミケランジェリの演奏で聞きました。

○ ノクターンOp.27-2
 このとても美しい曲をスーパーピアノレッスンの楽譜を見ながら聞きました。
ソロモンの透明でニュアンスのこめられた演奏。

○ エチュード
 晩年はベートーヴェンやブラームスなど独墺音楽しか弾かなくなったバックハウスの1927年録音のエチュード集。
 軽やかで力みが無くてしかも、早いパッセージでも崩れない技巧と歌。
バックハウスは若い頃は技巧派といわれていたのが良くわかります。
バックハウスのショパンっていいじゃない。
全部通して聞いてしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

KiKi
2006年12月03日 17:11
こんにちは♪  バックハウスのエチュードですか??  う~ん、何となく想像が難しいなぁ・・・・ ^^;  どんな演奏なんだろう???  もちろん技巧派のバックハウスのことだから素晴らしいんでしょうけれどねぇ・・・・。  どうも KiKi にはバックハウスはベートーヴェン or ブラームスの印象が強すぎて、ショパンとはなかなか結びつきません ^^;  1度聴いてみたいような気はするんですけどね♪
ダンベルドア
2006年12月03日 22:57
本当にセットに入っていなかったらバックハウスのショパンは聞く機会はなかったと思いました。
でも技巧的な曲だけでなく。別れの曲なんかはも構ルバートしたりして、板についていました。
2006年12月04日 13:36
先日はトラックバックおよびご訪問、誠に有難うございました!
10枚セットで\1,294ですか。それは凄い。
その値段で普段なかなか聴く機会がない音楽家の作品に触れられるというのはいいですね。
古い録音のものは一度失敗してからずっと敬遠していたのですが(1902年物…)、ツレがダイソー(!)で買ってきたフルトヴェングラーの激安CDを聴いて、いい演奏というのは音質の悪さを超える輝きを持っているのだな、と思いました。
「往年の名ピアニストたち」も、きっとそんな作品のひとつなのでしょうね(^^)。
ダンベルドア
2006年12月05日 01:22
>Fu Shuseiさん
ピアノの古い録音というのはヴァイオリンなどに比べて聞きにくいことは聞きにくいのですが、続けて流していると音の悪さは気にならなくなってきて、結構音楽に集中できるようです。
ダイソーのフルヴェンは先日見に行ったらもう置いていませんでした。ちょっと興味あったのですが。

この記事へのトラックバック