LPレコードについて

LPレコードについて



前の記事でロストロポーヴィチのLPレコードのことを書きました。
そこで頂いたコメントで
「私はレコードは聴いたことがない世代」
とありましたので少しLPレコードに付いて書こうと思います。

アナログレコードはサイズが大きい

とにかくずっしりとした充実感がありました。これがSPレコードになると大きさは同じでもさらに2倍くらい重いのですが。

○取り扱いには神経を使った

・ちょっと傷をつけるとノイズが出たり、その傷が深いと針が飛んで聴けなくなるのでジャケットから取り出すとき、針を置くとき結構気を使いました。
 しかもレコードの材料の塩化ビニールはCDのポリカーボネートより大分柔らかいのです。

・ほこりがつきやすく、ほこりがつくと溝の中に入ってなかなか取れない。
特に米国盤は紙ジャケットに無神経にそのまま入っているので、最初からほこりがついていて傷もついているのもありました

・指紋をつけるとほこりがつきやすくなる。
指紋をつけるとCDも再生が不安定なることがありますが、LPレコードは大きいので盤面をさわらないようにするもの大変でした。

○ジャケットの訴求力があった。

・ジャケットが大きい分訴求力があり、特にアートとして飾れるようなものもありました。
裏面が広いので裏一面使って解説が書いてありました。
だから買う前に裏の解説をひと通り読んで購入を決めることもありました。

○音が良い?

・CDよりも記録されている周波数が広いので、よくこういわれますが、私は同時に比較したことがないので音が良かったのか確かなことはわかりません。

ただしLPの愛聴盤をCDに買いなおしたときに
「こんな音だっけ」と思うことは良くあります。

○今LPレコードは売っているのか?
ネットショップで調べたら、ジャズやポピュラーでは今新譜のLPレコードが出るようです。

クラシックのレコードは、アマゾンでは見当たらず、他ではグールドのこちらと、フルニエのこちらの2点だけでした。

どちらも定評がある盤です
グールドは一度書いていますが、フルニエの演奏についてはCDですがそのうち書こうと思います。

これは中古ですがずいぶん高く売られているのですね。
実家に眠るLPも処分できるのでしょうか。
それともレコードプレーヤーを買う方が良いのかと考えています。

今音楽もダウンロード販売が普及してきてついに件数ではCDを抜いたそうです。
CDもやがてはLPレコードと同じ運命をたどるのでしょう。

ポピュラーのシングルも着うたの長さにあわせた短いものになってくるようです。
音楽を持ち歩くようになってどこでも気軽に聞ける半面、取り扱いや聞き方も軽くなっていくのが良いのかは微妙です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月19日 08:02
おはようございます。
LP、私は100枚くらい持っていますが、プレーヤーを手放したので聴いていません。音質はCDに比べていいとは言いますが、針音が気になりますし、利便性を考えるとやっぱりCDのほうを採ります。
CDも衰退すると思います。
ナクソス・ミュージック・ライブラリーってありますよね。パソコンの音なんて、と思っていたら、USBでオーディオ装置につなげられるようで、最近真面目に導入しようか考えています。これやったらCDを買う枚数は減るでしょう。
ダンベルドア
2007年05月19日 13:05
ピースうさぎさん

私も基本的にはレコードよりCDです。レコードの音のよさを享受するにはそれなりの装置が必要ですしね。

デジタルダウンロードは聞きたい曲だけ買えるのでCDよりも無駄がない気もしますが,私の場合,ファイルの整理がきちんとできるか心配です。
 ナクソスは無料で全曲聞き放題だった頃はよくBGM代わりに流していました。そのときはしょぼいパソコンの音で聞いていたので音が良いかは分かりませんでした。でもあの秘曲を含めた膨大なライブラリーは魅力ありますね。
2007年05月19日 20:54
ダンベルドアさん、こんばんは。
LPジャケットの訴求力と聞いて、アルゲリッチを思い出しました。
私はLP時代だった10代の頃、アルゲリッチのLPジャケットを見て、その漆黒の黒髪、情熱的な美貌に魅かれ、ショパン、リスト、ラヴェルといろいろ買いました。今から考えると曲と演奏とジャケットがよくマッチしていたと思います。
CDのジャケットだと小さくて、あれほど訴求力はありませんよね。
ダンベルドア
2007年05月19日 23:17
アルトゥールさん

アルゲリッチは若い頃はおきれいでしたね。その写真が30センチの正方形にあったら目を惹きますよね。

>今から考えると曲と演奏とジャケットがよくマッチしていたと思います。

そういう時ジャケットをステレオの真中に立てかけて見ながら曲を聴くとぴったりでしたね。なんとなくそういう感じで聴いていたこともありました。
確かにCDのサイズではジャケットの迫力はないです。
2007年05月26日 09:25
ダンベルドアさま お早うございます。

更新がないので、ご病気ではないかな、と少し心配しております。お元気でしょうか?

LPは懐かしいですね、私が音楽を聴きだした頃はまだまだLPの時代で、段ボール箱に7,8つレコードがつまっています、もっとあるかもしれませんが、爆~。
すべて実家に送っています。
CDの出始めは、LPの方が音が良いのではないかなって思ったこともあったのですが、便利さ、それに場所を取らないこと、などから、CDを聴くことになってしまっていますね。それなりに、プレーヤー、アンプなどを集めた頃が懐かしいです~。

ミ(`w´彡)
ダンベルドア
2007年05月27日 02:13
rudolf2006さん

お気遣い頂きましてありがとうございます。
疲れていますが、病気ではありませんのでご安心下さい。
仕事でも家でもPCには向かっていますが、少し仕事に追われています。
 blogは日曜に少し貯金することもあるのですが、5月20日は仕事を持ち帰って夜中までかかってしまいました。

>私が音楽を聴きだした頃はまだまだLPの時代で、段ボール箱に7,8つレコードがつまっています、もっとあるかもしれませんが、爆~。

rudolfさんもLPをたくさんお持ちですね。
やはり便利なCDを聞くようになってきますね。
私も今は1000枚近くあるLPは聴かないのですが処分もせずそのままおいてあります。

この記事へのトラックバック