引越し初日に聞いたバッハの平均律

4/12
 無人島の1枚という言葉があります。今の一人暮らしは無人島ではないが、もって来るCDはかなり制限した。

部屋を片付けるのに聞くのはと浮かんだのがバッハの平均律。最初に聞いた1枚はグールドでバッハの平均律第2集を聞きました。本当に何かをしながら聞いていてすっと入ってくる音楽だ。

 とりあえず一人暮らし初日は外食。近くに低価格ファミレスのガ○○発見。モーニングの時間帯だが量が物足りなそうなのでランチを食べる。セットにしたら818円。食べたいだけ食べて3食外食だと健康と財布が心配。

 近くにパン屋を発見。石窯で焼いているんだ。おいしそう。食パンとクロワッサンとクリームパンを買う。クリームパンのクリームは洋菓子に使っているような本格的クリームがどっさり。クロワッサンはさくさく。本当においしい。
 食パンは1斤買うと何回もパン食になる。量が多い。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年04月21日 21:07
こんにちは。
単身赴任、大変かと存じます。お風邪など召さぬようご自愛ください。
さて、擬似無人島の最初は、やはりバッハの平均律、しかもグールドですか。これは多分、私も一緒だと思います。
しかし、擬似無人島ですから、本当の無人島とは違って、随時補給可能ということになりますね。散財して、“帰国”時に持って帰るCDが“倍増”なんていうことも・・。お気をつけください。
ダンベルドア
2008年04月22日 08:53
garjyuさん

>擬似無人島の最初は、やはりバッハの平均律、しかもグールドですか。これは多分、私も一緒だと思います。

グールドのバッハは本当にあれこれを忘れて音楽の世界に入れますね。

>しかし、擬似無人島ですから、本当の無人島とは違って、随時補給可能ということになりますね。

昨日は東京出張だったのですが、早速補給してしまいました。

この記事へのトラックバック