天才ジャクリーヌ・デュプレの動画

 ジャクリーヌ・デュプレはまだまだこれからという20歳代のときに難病に倒れ夭折した女性チェロ奏者です。
彼女のことは映画にもなったし,もうすでに伝説化しています。

youtubeで彼女が16歳のときにテレビ初登場したときの動画があります。
グラナドスの「ゴエスカス間奏曲」です。
この作曲者グラナドスも確か第1次大戦中に悲劇的な最期を迎えたのです。



デビュー後はブロンドのロングヘアーのイメージが強いのですが,このときはショートです。

でもなんと言う貫禄でしょう。

オーラが漂っています。

弾きながら首を動かす癖。
でもこの動きで音楽の表現したいことがよくわかります。
そしてそのとおりの心の音がチェロから出るのです。

このときはほかにもアレグロ・アパッショナートやメンデルスゾーンの無言歌などもありますがどれもすばらしいです。
この曲では写っていませんがピアノ伴奏は彼女のお母さんです。見事なサポートです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

フーニャ
2008年10月18日 14:39
 デュ・プレは素晴らしい演奏をしてくれますよね。どの演奏を聞いても素晴らしいです。普通、だんだん成長していくものなのにデュ・プレは一瞬で成長したようです。
 デュ・プレの姉と弟が書いたあの伝記は、2回読み返しました。2回読んでもあれは泣けますね
ダンベルドア
2008年10月24日 12:39
フーニャさん

レス遅くなりました。

>普通、だんだん成長していくものなのにデュ・プレは一瞬で成長したようです。

この演奏聴くと本当にそう思いますね。

>デュ・プレの姉と弟が書いたあの伝記は、2回読み返しました。2回読んでもあれは泣けますね

映画は見ましたが伝記があるんですね。今度呼んでみたいと思います。ありがとうございました。

この記事へのトラックバック