チューニングの快感

正月にハーモニカのリードを削って半年たちました。あの頃はまだ吹き方も教えてもらっていなかったのでチューニングもおおざっぱにしておきました。吹きかたによって音程は上下するのでどれが自然の音程かよくわからなかったのです。
吹いていくうちに、高め、低めの音が気になっていました。そこで半日かけてリードを削りました。

まだ完全ではないですが吹きやすくなりました。やはり音が狂っていると無意識に直そうと口にストレスがかかるような気がします。チェロでもそうですがチューニングがいいと快感です。

一つ失敗したのはカーテンを閉めようとしたらハーモニカのカバーにぶつかって、ハーモニカを組み立てるネジを飛ばして行方不明になりました。あぁ、今ハーモニカのカバーはテープで止めています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック