寝て吹く

ハーモニカは口先だけも吹けるけど、良い音を出すにはお腹の底から吹き吸いする事だと良くわかりました。

つまり腹式呼吸です。
普通は腹式かどうかは意識していませんが、仰向けに寝ている時は誰でも腹式だそうです。なので寝て練習してみる事もよろしいと、初めてレッスンに行った時に勧められました。
でも実際にやってみる事はなかったのです。
それがある日酔っ払って帰ってきてベッドにダ~ンと寝た時にその勢いでクロマチックハーモニカを吹いたのです。そこで大きくお腹が凹凸するのがわかったのです。そして本当にいい音。

こんなに大きく動くのですね。腹式呼吸がわかりました。

この記事へのコメント

wareirumiti
2015年03月30日 07:04

いくら 酔っ払って 吹くにしても
寝て吹くことは危険
「折れたリードを吸い込む」
まあ~ そんなことないか
音色の善し悪しがわかるくらいだから
でも 「皆に薦めては いけないこと」だと思う
2015年03月30日 21:26
wareirumitiさん

 ハーモニカの記事で初めてコメントを頂きました。ありがとうございます。最近はずいぶん更新していなかったですね。
 先生が薦めたのも腹式呼吸のコツをつかむヒントだったのだと思いますよ。リードが折れることもあるんですね。気をつけます。
 その後、寝ながら拭いたことは余りありませんが、この記事を書いてから1年半がたち今では普通に腹式呼吸で吹き吸いできるようになっています。

この記事へのトラックバック