ショスタコーヴィッチ「交響曲第8番」:ムラヴィンスキーの晩年のライブ

タワーレコードのオリジナル盤「ヴィンテージ・シリーズ」。
このシリーズは「1年365枚」のgarjyuさんが以前この予告をみて夜中に興奮してましたね。
その中にムラヴィンスキーのショスタコーヴィッチの交響曲第8番がありました。
ショップで試聴してそのよさを確信して買ってきました。

この曲を初演者し40年近く演奏してきたひとつの到達点です。画像

第1楽章、最初のチェロとコンバスのユニゾンからひとつの楽器のような統一されたニュアンスが伝わってきます。

有名な第5番の冒頭に似ていなくもない。
続くヴァイオリンのノン・ヴィブラートのように聞こえる音。

やはり似ている。5番の続編の雰囲気です。
弦の音は美しくこのオケだけの音です。

 深刻で美しく、しかし達観したようなアダージョが続きます。
24分に及ぶ長大な1楽章も集中して聞けます。

陽のプロコ、陰のショスタコっていわれますが、この悲劇性は、
・・・とおもったら、1943年の作曲。
やはり戦争がテーマなのですね。
・・・あ、これ「勝手に○○の日」にとって置けば良かったな。

特に素晴らしいのが第3楽章。ヴィオラから始まり楽器を受けついでずっと続くリズム、つんざく高音の木管の叫び。
途中のトランペットの部分「剣の舞」に似てない?

4楽章 打楽器をしたがえた金管のファンファーレのあと、これも悲哀の歌が続くラルゴ。

そして、第五楽章まであります。
ファゴットののどかなソロ。
フルート、ヴァイオリンと優美な旋律が続きます。
割と静かに、平穏に終わります。

※追記
 この曲はショスタコーヴィッチの戦争交響曲のひとつですので8月15日の「勝手に戦争(反戦)関係の音楽(終戦記念日に)の日」に参加します。



【曲目】
ショスタコーヴィチ:交響曲第8番
【演奏】
エフゲニー・ムラヴィンスキー(指揮)、レニングラード・フィルハーモニー交響楽団
【録音】
1982年3月28日(ライヴ)


ブログランキングに登録しています。御協力ありがとうございます。

人気ブログランキング・クラシック
画像


ブログ村クラシック
にほんブログ村 クラシックブログへ


音楽ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ オーケストラへ
オーケストラ

"ショスタコーヴィッチ「交響曲第8番」:ムラヴィンスキーの晩年のライブ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント