吐くブレス

ハーモニカを吹き始めてまず困ること、それは吹く音よりも吸う音が多くすぐに空気で胸がいっぱいになること。曲によっては吸って、吸って、吸って、吸って、吸って、吸って、吸って、吸って…もうあかん、これ以上吸えませんってなります。
夢や希望や幸せで胸いっぱいなら良いですが、ただの空気はそんなにいっぱいいらないです。

ハーモニカのレッスン初日から簡単な曲でもまず練習するのが、吹く音では口から息を出すと同時に鼻から息を抜くこと。この加減はなかなか難しいです。今とっても寒いんで、戸外から入ってすぐ吹いたら鼻息と一緒にスプレーが出てしまいました。

吸う音が続く前の休符でのブレスは、息を吐く。そういわれやってみると、息を吐いて準備していたのに直前に吸ってしまいましたねといわれました。

歌もすべての管楽器ではフレーズは物理的に息を吸わなければ始まりません。物理的だけでなくアンサンブルは息を吸うことで文字通り呼吸が合うので、弦楽器も息を吸って合わせます。チェロセクションはみんなフンフンいってますね。(笑)

なので吐いてから弾き始めるってカルチャーショックです。

"吐くブレス" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント