テーマ:ギター

アドリブの基礎

アドリブは、やることを事前に決めなくていいんだけど、 世界観とか構想とかは持っていた方がいいですね。 アドリブはその場の状況で音のコミュニケーションをとること。 コミュニケーションなので言いたいことがいう前にないと伝わりません。 最初は、かっこいいアドリブをやろうとしない。 1音、2音、休符だらけでも立派なアドリブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェロアンサンブルの名曲をギターで

お正月に帰省中はチェロは弾けません。 替わりにギターを弾いたりしました。 この曲を弾いたらとても美しいだろうなと思いました。 原曲は12パートのチェロ・アンサンブルの曲です。 ベルリンフィルの指揮者のニキッシュの追悼で作られた曲です。 これをギター独奏曲にしてみました。 スコアを見ながらコードをつけてアドリブで弾…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今年の弾き初め~無伴奏チェロ組曲第六番サラバンド

今年の弾き初めです。 帰省してますので今年はまだチェロは弾いていません。 無伴奏チェロ組曲の楽譜を見ながらそのままギターで弾いています。 チェロ版はそのうち(多分一ヵ月後)アップします。 ギターで弾いても何の違和感もありません。 バッハは素晴らしいです。 バッハ作曲 無伴奏チェロ組曲第6番~サラバンド
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アデリータ~ICレコーダーテスト

チェロの練習とか録音しようと思って,ICレコーダー,ローランドのR-09を買いました。 ちょうど正月の帰省で手元にあったギターでテスト録音してみました。 まったく残響のない小さな部屋です。 ギターではこの広さでもなんとかなるけど残響のあるところが良いです。 曲は「アルハンブラの思い出」で有名なタレガの「ア…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Reverie~夢想~/ジャン・ワンのチェロ、セルシェルのギターの小品集

ジャン・ワンのチェロとイェラン・セルのギターの小品集 Reverie~夢想~ ジャン・ワン(vc)セルシェル(g) ジャンワンはバッハの無伴奏チェロ組曲しか聴いたことなかったがこういう小品を切々とうたうのはぴったりです。このヴィブラートは参考にしたいと思います。 ジャン・ワンの楽器は名器アマティ。枯れた楽器の音がいい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フィンランディアをギターで弾いてみました~「勝手にシベリウスの日」

 シベリウスでいちばん有名なのはおそらく管弦楽曲のフィンランディアでしょう。 いろいろな指揮者の演奏で聞いてきました。 これは歌詞をつけてフィンランドの第2の国歌として歌われているそうです。。 CDも合唱版や吹奏楽版、ピアノ版もあります。 私も娘もいろいろな機会で弾いてきました。 このギター版は高校の頃、吹奏楽でやると…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

押尾コータロー「StartingPoint」

 ブックオフで、楽譜を見つけました。 TAB譜付スコア 押尾コータロー STARTING POINT 要するにギターの楽譜です。 しかし普通のギター曲じゃない。 タブ譜が付いていますが、普通は楽譜があればそんなもの見ないのですが、この曲は変則調弦の上、いろんな記号が複雑についています。タブ譜見ないと何のことか分からないのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アランフェス協奏曲~チェロでギター自演

下痢と発熱が続いて、パソコンに座りつづける力がありません。 チェロも2,3分弾いただけで汗が止まらない。 なので過去に遊びで入れた録音をネタとしてアップします。 ロドリーゴのアランフェス協奏曲の第1楽章の冒頭。 チェロをギターとして弾いてみました。 よくチェロを弾いていて疲れるとこんなことやっています。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アヴェマリア:グノー~ギター2重奏

miwaplanさんからご紹介していただいたフリーソフトを使って多重録音に挑戦してみました。 とりあえずソフトの取り扱いを理解するために、簡単な曲でテストしてみます。 曲はグノーのアヴェ・マリアの前半部分だけ。 手近にあるギターで即興で入れました。 なので楽譜もなしにかなり適当に弾いています。 ソフトは「Sound…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ピアソラのタンティ・アンニ・プリマに泣ける~10弦の響

趙静(チョウチン)のチェロと大萩康司のギターのアルバム【Les Dix Codes 】(10弦の響) チェロの弦は4本、ギターの弦は6本なので合わせて10弦。 以前NHKでやっていて良かったのですが(→こちらの記事) ようやく聞きました、 ○ブラジル風バッハ第5番  原曲はソプラノ独唱と8台のチェロのための作品。後にソプラ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

パコ・デ・ルシアの弾くアランフェス協奏曲

 ギターの協奏曲といえば、このアランフェス協奏曲がいちばん有名。 というより一般的にはこの曲しか知られていないだろう。 だからクラシックのギタリストは必ず弾く。 特に,この2楽章のメロディはジャズからポピュラーまで編曲されるくらい親しまれています。 ここにフラメンコギターのスーパースター、パコ・デ・ルシアが弾いたアランフ…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

ヴィゼー「組曲ニ短調」、アメリアの遺言~映画 「禁じられた遊び」 使用曲

中学の頃ギター部の級友が目の前で弾いたのがスペイン民謡「禁じられた遊び」。 初めて聴くギターの音のとりこになった。 でもギター部にはなぜか入らなかった。あんなにうまく弾けないと思ったから。 自分はテニス部でした。 どこでも同じだと思うが、テニスは人気が高い。 新入生は素振りと球拾いと筋トレ。 ひまなときはラケットのガット…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

学園祭のギター部と吹奏楽のコンサート

先週の土曜日と日曜日の2日間息子の学校の学園祭に付き合ってきました。 彼は運動部系で1年なので出番はない。 私は音楽系の公演を二つ聴きました。 ギター部と吹奏楽というのはクラシックファンからみるとマイナーなジャンルかもしれません。 ■ギター部 以前に書いたギター部は全国大会で金賞や最優秀賞を何度もとっているそうなので、今度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大萩康司「シエロ」~魅力的なギターの音

以前に、CDショップの視聴機に入っていた新進ギタリスト大萩康司の1stCD「11月のある日」 その音色に惹かれました。 一音一音、いかにもギターの弦の振動がスプルースの表面板を鳴らしているという感じ。 憧れる音。 自分のギターにはこういう音は出ない。当たり前だけど。 夏になって、ラテン系ばかり聞いているのですが、今回、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ジョアン・ジルベルトの伝説~偶然手に入れた幻の名盤

家族で出かけて、子供が文房具屋に寄っている間にむかいのCDショップに寄ったら、廃盤になっていたCDがあったので思わず買ってしまいました。 「ジョアン・ジルベルトの伝説」 何と韓国EMIのリリースでした。 わが国でも以前出ていたのですが、本人のクレームによって全世界廃盤になったということ。 彼の初期のLP3枚分。 1曲が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンダーカレント~ビル・エヴァンス&ジム・ホールのインタープレイ

とにかく、この1曲目の「My Funny Valentine 」はすごい。 このレコードを聞いたのはかなり以前のことでしたが、初めて聞いてこれほど衝撃を受けた演奏は、そうたくさんありません。 ビル・エヴァンス、ジム・ホールどちらかというと穏やかなバラードが合うイメージがありました。いずれもそれまで聞いてきたイメージと違う。…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

WAVE~ジョビンへのオマージュ~チェロとギターでジョビンの曲を

夏らしいラテン・アメリカの曲が聞きたくなりました。 長谷川陽子のチェロと福田進一のギターのデュオでカルロス・ジョビンの曲を中心としたものです。 長谷川さんは最近ではNHKの連続テレビ小説「純情きらり」のテーマも弾いているチェリストですね。 ボサノヴァのスタンダートともいえるレパートリーではアントニオ・カルロス・ジョビンの曲は欠…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

カステルヌォーヴォ=テデスコ「ギター協奏曲全集」~昔の映画音楽のようなのどかな雰囲気

ギター協奏曲といえばアランフェス協奏曲が一番有名です。 カステルヌォーヴォ=テデスコ(新しい城のドイツ人?)という長い名前の作曲家が作ったギター協奏曲はセゴビアの委嘱で作られた第1番が良く演奏されますが、親しみやすくて美しい曲だと思います。 この曲をきっかけに彼はギター音楽の大作曲家になったのです。 イタリア生まれなのでアラン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラヴェル「道化師の朝の歌」~管弦楽版、ギター版

NHKのスーパーピアノレッスンでラヴェルの「道化師の朝の歌」をやっていました。そのときオーケストラ編曲版もちょっと流れました。 手持ちのCDでパレー指揮デトロイト交響楽団がでてきたので聴いてみた。 ピアノの楽譜を見ながら聴いていると、最初からオーケストラの演奏を念頭に書いたかのように感じました。 このパレーの演奏はピアノで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

はちすずめ◎インドの歌 / 山下和仁ギター小品集2

秘曲ともいえるギターの小品を集めたもの。 そして山下和仁お得意の編曲もの。 うるるさんの記事「CD入手ラッシュだぁっ\(◎o◎)/!」を見ていて山下和仁の「鳥の歌」があったので同じCDがあったはずと探したらなくて替わりにでてきたのがこれ。 この中では編曲物のほうがおもしろい。 ビゼーのカルメン「アラゴネーズ」が素晴ら…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

学校のギターアンサンブルを聞いて

先日、子供の学校の集まりがあっていったらギター部が何曲か演奏してくれました。 自分のギターは独習(自己流)だし、こんなにたくさんのギターのアンサンブルを見た聴いたのは久しぶりでした。 全国コンクールで何度も金賞や最優秀賞をとっているということでなかなか楽しく聞けました。 アルトギターは知っていたが、ソプラノギターやバスギター、…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

吉松隆のギター楽譜購入

明日使うチャイコフスキー「荘厳序曲1812年」のスコアを買いに行きました。 楽譜売り場に行くのは久しぶり。 ついでにギターの楽譜を買いました。 まずメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲のスコア。 それとモーツァルトのディヴェルティメントのスコア。 実はこれギターで弾けないかと思っていました。 ギターの楽譜みていて武満…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

武満徹のギター曲~マタイがのぞく「フォリオス」やビートルズ

武満徹は多くのギター曲を残している。ギターが好きだったそうです。 その中で確かマタイ受難曲のコラールが引用されているのがあった。 「フォリオスIII」という曲。 「勝手にバッハの受難曲の日」に聴こうと思って家中探したけれど見つからなかった。 勤務先の机の下に隠して置いてあった。^^; 今日聞きなおしました。 ギターの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しいチェロの音~趙静(チョウチン)NHK「トップランナー」

途中からだったが、NHKテレビ「トップランナー」でチェリストの趙静(チョウチン)がでていました。 このテレビ番組は途中からみたので予告にあったバッハの熱演は聞けなかったが、ギタリストの大萩康司とのデュエットでピアソラの「タンティ・アンニ・プリマ」をやったが二つの楽器の甘い音にひきつけられました。ピアソラにはこういう雰囲気の曲もある…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

ウィーンの森の物語~音声付

電話で音声が入れられるようになったので、ついにやってみました。 まずは手近にギターで。 週一の練習で、十分さらってからいれようと思うとたぶん永久に未完成だと思うので、即興演奏です。 下手なので他人と比較できないみんなが弾いていない曲にしようと思います。 ということでまずはヨハン・シュトラウスのワルツ「ウィーンの森の物…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

楽器に挑戦したい人は全体の7割超

 現在は聞くことが中心の音楽に、自らチャレンジしたいと考え、楽器を演奏してみたい人は全体の7割を超えるそうです。 <C-NEWSと日経産業新聞が楽器演奏について共同で実施した「ネット1000人調査」(2月20日付日経産業新聞に掲載)では、現在は聴くことが中心の音楽に、自らチャレンジしたいと考える人は7割を超えた。演奏したい楽器はピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーヨーマ・プレイズ・ピアソラ~タンゴ組曲、リベルタンゴ

先日、ピアソラの「タンゴ組曲」について、オリジナルのギター・デュオ版ではなく ヨー・ヨー・マがチェロで弾いたものがある事に触れました。 この「SOUL OF THE TANGO」(邦題:ヨーヨーマ・プレイズ・ピアソラ)はチェリストのマがピアソラの曲を集めたものです。 あのサントリーのTVCMで有名になった「リベル・タンゴ」が収…
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more

「ピアソラ タンゴ組曲 / セルジオ&オダイル・アサド(ギター)」

「ピアソラ タンゴ組曲 / セルジオ&オダイル・アサド(ギター)」について~ 自分でギターを弾く身でありながら、クラシックギターのCDはほとんど持っていなかった。曲のせいなのか、音色のせいなのか退屈なのが多かった。 しかし、このタンゴ組曲が突然ラジオから流れてきたとき(なんかこの表現セピア色になった昔の映像みたい)まさに衝撃的だった…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

くるみ割り人形~ギター編曲してみました

去年の暮れぐらいから、ギターでオーケストラ曲の編曲を試みています。 もともとは、学生の頃ワーグナーのマイスタージンガーを編曲しようとしましたが、 途中で手におえなくなって挫折。 今度はチャイコフスキーのくるみ割り人形から 「花のワルツ」を完成。 でも最後のテュティの部分はもう自分自身で弾けません。 「金平糖の踊り」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吉松隆 ギター・ソナタ「空色テンソル」他 / 山下和仁」について

「吉松隆 ギター・ソナタ「空色テンソル」他 / 山下和仁」について ちょうど、このCDを聴いていたところです。 確かにかっこいいですね。最初の「空色テンソル」のまさに雲が流れていく様子をイメージさせる早いパッセージが心奪われます。 その5曲目の「夜明け」は後に吉松氏は発展させて交響曲に使われたそうでまさに壮大です。 山下…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more