テーマ:チェロ

ぼちぼち

ずっと更新していないのですが、久々にコメントを頂いたので、ちょっと記事をアップしようかなという気になりました。 夜遅いのでとりあえず箇条書き的に・・・・ チェロは弓が故障していてずっと弾いていません。 ハーモニカは夜中まで吹いたりしています。 CDはHDにデータ化しようと思っていますがなかなか進みません。引越し以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェロアンで弾くシンフォニー

第1楽章はのだめのテーマになったベートーヴェンの交響曲第7番。 この第2楽章を8人のチェロアンサンブルで弾いて見ました。 私が編曲して今回の発表会で弾いたので世界初演です(編曲は・・・)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛の挨拶~チェロ自演

伊丹オトラク。私はチェロで回りました。 某アジアンダイニングで弾いた内の一曲。 朝一回しか練習出来なかった上に暗譜で弾いたにしてはまあまあかな。 ピアノはラジカセ,ボリューム最大でも良く聞こえないときあり。 この前に行ったお店で頂いたワインがまわってくる頃なので,ボウイングが雑になっていることを反省しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1000人のチェロコンサート公式練習風景

このレリジオーソがあまりにも美しかったので,これを弾いているだけでも参加してよかったと思います。 第4回1000人のチェロコンサート本番前日の公式練習のとき,自分の席での音源です。 パート1の後方で弾いていたらこんな感じで聞こえていたということで,お聞き苦しいかと思いますが,ひとつの記録としてご理解ください。 2010…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェロで弾くポップス

「世界の車窓から」 ポップスというのかわからないけど,あるTV番組のテーマ曲でクラシックではないチェロの曲でポピュラーな曲には違いない。この番組関西でもやっているのかな。見かけたことないけど。 階名のシから始まる曲はロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)以外に見当たらないと誰かが言っていたけど,この曲はシから始まるよ。 ハ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バッハ無伴奏チェロ組曲;サラバンド~今度はチェロで

予告どおり1ヶ月たちました。 チェロ版です。 バッハは5弦のチェロピッコロのために書いたらしいですけど, 普通の4弦のチェロで弾くと難しいですね。 エンドピンが少し短かった・・・ もう少し弓のスピードを・・・ と後からいろいろ気づくのでした。 ・・・公開終了しました・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェロの録音ジャズっぽく~Someone To Watch Over Me

この曲3年前にチェロを始めるちょっと前に某不動産会社のTVCMでよく流れていた曲です。 チェロの音がとても効果的で,チェロを始めたらいつか弾こうと思っていた曲です。 今でもこの会社のCMはこの曲かもしれないですが,今はチェロじゃなくて他の楽器に変わってしまいました。 ジョージ・ガーシュイン作曲の Someone To Wat…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

Auld Lang Syne(ジャス風チェロアンサンブル)

本当にこれを聴くと卒業式か,「本日はこれをもちまして閉店させていただきます」になるのだが,このブログを休止するわけではありません。 原曲の歌詞はちょっと違うようです。 遠い昔の友を偲ぶ歌なのです。 多重録音によるチェロの四重奏でお送りします。 名前をつけました。 ・・・エピファニー・チェロ・アンサンブル 曲名 A…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ライブ2件目の雰囲気は

2件目はわいがやの雰囲気のイタリアン。 要するに居酒屋です。 ワルツフォーデビー状態の録音です。 エルガーの愛の挨拶を無伴奏チェロで。 気軽に弾きました。 ・・・公開終了しました・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじゃましますライブの雰囲気

1件目のカフェで弾いた雰囲気はこんなんです。 これ聴くとちょっと脱力していないのがわかります。 無伴奏で編曲しながら弾いてみました。 ・・・公開終了しました・・・ 「おじゃましまぁ〜す☆」こそどろねこ携帯ストラップ(灰色猫)【バッグや財布にもGOOD】携帯グッズ専門店のストラップヤ!こそどろねこ携帯ストラップ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィンランディア賛歌~一人チェロアンサンブル

多重録音一人チェロアンサンブルの2回目です。 シベリウス作曲;賛歌~フィンランディアOp.26による これ合唱曲でもあるんですよね。 チェロ4本は男声合唱の雰囲気かな。 聴いてみるとアンサンブルが悪いですが,多重録音は他の奏者とのアイコンタクトが取れないのが難しいところです。そこで,どうやったら録音で合わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トランペット・チューン~チェロアンサンブル

ついに多重録音でチェロアンサンブルをやりました。 初回お験しなので簡単でテンポが明快なのにして見ました。  ヘンリーパーセルのトランペット・チューンです。 チェロ4声です。 ※追加(7月27日) リミックス・バージョン ・・・各パートのバランスを変えたのと,リバーブを多めにつけてより一体感が出るよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ピアソラのアヴェ・マリア・・・Tanti Anni Prima

本当に大好きな曲です。 なんとも切なさを感じる曲です。 原曲はピアソラのアヴェマリア。 後に映画でTanti Anni Primaとして使われました。 むかしむかしです。 昔を懐かしむ老人の演奏になったかな。 2年前,チェロを弾くブログ仲間18人でアンサンブル「東京チェロ」をやったとき一度弾きました。 懐かしい…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

アリオーソ

ここのところ毎月になっているライブハウスでの演奏 相変わらず自分で突っ込みたくなる演奏です。 特にシシリエンヌは落ちて,外して,しょぼいかも。 でもカットするのも大変だし,懲りずにアップします。 今回はぴあふるさんに伴奏していただきました。 やはり,ぶっつけ本番です。 ピアノと合わせるのは楽しいです。 演奏:チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び白鳥

この間ピアソラのル・グラン・タンゴを弾いたとき,最後に白鳥を弾きました。 白鳥はチェロを始めて半年で弾く曲だと聞いたので,今から2年前録音したのがあります。 →こちら それから白鳥はほとんど弾いていなくて,今回いきなり弾いたというのは言い訳ですが,2年たっても進歩があまりないなあ。 ・・・と思いましたけれど,…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ピアソラ:ル・グラン・タンゴ~チェロ自演

 初合わせで録音ということでご容赦ください。 次回はもっと弾けるように練習したいと思います。 曲:アストル・ピアソラ;ル・グラン・タンゴ 演奏:チェロ;ダンベルドア     ピアノ&MC;akkanbeさん  ピアソラがロストロポーヴィチに献呈したチェロとピアノのオリジナルタンゴです。 Date:2009年5月1…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

チェロ録音(2) バッハ:無伴奏チェロ組曲から

いろいろ瑕疵はあるのですが,やっぱりアップしてしまおう,ということで第2弾です。 曲 バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番~サラバンド バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番~メヌエット バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番~サラバンド 以上,3曲続けて。 何でこういう組み合わせかというと,1番の前半3曲は最初に弾いていて,…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

チェロアンサンブルの録音

11月16日姫路でのチェロアンサンブルの発表会の録音です。 HさんとKさんと私のチェロ3人の演奏で曲目はカッチーニの「アヴェ・マリア」です。 ・・・公開終了しました・・・ 反省点はいろいろありますが,2~3回の練習で良くやったと思います。 録音レベルは小さいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カザルス~チェロ小品集

カザルスといえばバッハの無伴奏チェロ組曲。 では,カザルスが弾くアンコールピースのような小品を聴いたことがあるでしょうか。 1曲目のボッケリーニ。数々の美しいチェロ曲を書いたボッケーリーニのソナタの中でよく演奏される第6番。 このアダージョ何というカンタービレでしょうか。現代でこんなに纏綿と歌うチェロはまず聴けないでしょう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チェロ・オン・ステージ~メンデルスゾーン;無言歌

久しぶりにチェロの演奏です。 しかもカラオケでなくでライブです。 チェロを始めて2年。 初めてステージで人前で弾く機会を得ました。 曲は メンデルスゾーン作曲 無言歌 Op.109 この無言歌は,チェロとピアノのためのオリジナルです。 曲はいい曲で大好きです。 ・・・公開終了しました・・・ 自…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ショパンのチェロ・ソナタ~モルクのチェロ

 モルクはノルウェーのチェリスト。 彼の今回の来日は急病で中止になったそうです。 そのために私は6月25日に上京して往復の飛行機の予約も取ったが結局チケットは払い戻しとなり彼の音は聞けませんでした。 今、実際に聴くはずだったショパンのチェロソナタのCDを聴いています。 ショパンといえばピアノ。 ショパンの作品のほとんどはピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハ無伴奏チェロ組曲第5番~ついにカザルス

 バッハの無伴奏チェロ組曲6曲は技術的にはやさしい順になっています。 音楽的には,6曲全部性格が違います。 第1番から第6番へとだんだんと外へ広がっていくような気がします。 以前コメントをいただいた方から「第5番のお勧めは」と聞かれて,カザルス,マイスキー(旧盤),ビルスマ(新盤),鈴木秀美(新盤)などをあげたのですが,そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天才ジャクリーヌ・デュプレの動画

 ジャクリーヌ・デュプレはまだまだこれからという20歳代のときに難病に倒れ夭折した女性チェロ奏者です。 彼女のことは映画にもなったし,もうすでに伝説化しています。 youtubeで彼女が16歳のときにテレビ初登場したときの動画があります。 グラナドスの「ゴエスカス間奏曲」です。 この作曲者グラナドスも確か第1次大戦中に悲劇的…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

よく眠れるヨーヨーマのバッハ:無伴奏チェロ組曲第6番

 ようやく更新ができる状態になりました。 さて新生活の時間で変わったのは通勤時間が短くなったこと。変わりに家事の時間が増えたこと。 毎日の食事の献立を考えるのが日課。主婦の苦労のひとつに今日の献立を考えるのがあると聞いたことがあるけど同じ立場です。ただしここでの加熱調理はIHヒーターとなべひとつ、オーブンレンジだけ。 焼く、揚…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

なぜベートーヴェンはシチューをほっぽったか

この言葉は  チェリストのスティーブン・イッサーリスの書いた本の題名。 日本語のタイトルは 「もし大作曲家と友達になれたら・・・」 バッハ、モーツアルト、ベートーヴェン、シューマン、ブラームス、ストラヴィンスキーの6人の作曲家のエピソードについてとても興味深く書いてあります。 子供向けに面白く書いてありますが日本語訳を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9ヶ月ぶりのバッハの無伴奏チェロ組曲録音

バッハの無伴奏チェロ組曲第1番ト長調。 以前プレリュードを録音(2007年6月10日)してから9ヶ月以上がたってしまった。 今日チャンスがあってようやく2曲目のアルマンドを録音しました。 この調子だと全曲やるのに何十年もかかってしまう。 このアルマンドは特に最初どう弾いてよいかわかりませんでした。 メヌエット、ブーレ、サラ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

バッハ;無伴奏チェロ組曲~ビルスマ(1979年録音)

 バッハの無伴奏チェロ組曲はチェリストにとって特別な扱われ方をせれています。 いわば旧約聖書ともいわれ神格化されているようです。 練習曲のひとつのように扱われていた無伴奏チェロ組曲をカザルスが初めて深い音楽性を持つものとして世にだした経緯があるからでしょう。  後に続いたチェロ奏者はみんなどこかしらカザルスの影響を受けています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more