テーマ:ヴァイオリン

ティボーのヴァイオリンをお風呂で聞く

ティボーはSP盤のレコードの時代。 おそらくかつては蓄音機のぜんまいを巻いて、竹針をセットし、慎重に盤をおいて、そっと針を載せて蓄音機のラッパの前で聞いたに違いない。ビクター(本家ではHMV=HisMastersVoice)のわんちゃんのように。 それをお風呂に入って聞ける贅沢。 こういうヴァイオリンの小品はあまり低音を気にし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ルクーのヴァイオリンソナタ~グリュミオー

ルクーは24歳で短い生涯を終えたベルギーの作曲家です。 そのために知られている曲はわずかです。 このヴァイオリンソナタは最も知られているのですが、これがいい曲なんですね。 フランクのヴァイオリンソナタに雰囲気が似ているのですが、そのフランクに学んだのです。 1. ヴァイオリン・ソナタ(ドビュッシー) 2. ヴァイオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮本笑里のヴァイオリン~題名のない音楽会

今日は遅く起きたのでTV朝日「題名のない音楽会」を途中からみました。 ヴィオリン奏者の宮本笑里がでていました。 実は彼女の歌い方が気にいっています。 もう最後の方でした。弾いていたのは「Le Premier amour 」作曲:大島ミチル この曲は知りません。 でもヴィブラートの掛け方が良いんです。 彼女は最近引…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

チャイコフスキーコンクールで神尾真由子さんが優勝

 第13回チャイコフスキー国際コンクールのヴァイオリン部門で神尾真由子さんが優勝されたそうです。 若手演奏家の登竜門で知られるチャイコフスキーコンクールは、おそらく数あるコンクールの中でも有名ですね。 演奏・声楽部門はピアノ、バイオリン、声楽、チェロの4部門で行われる。 ベルギーのエリーザベト・コンクール、ポーランドのショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンバロ編曲でも美しいバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、チェロ組曲

バッハの無伴奏チェロ組曲を最近はあらゆる演奏を聞くようにしています。 自分が弾く参考にするためです。 最もプロは逆に他人の録音をあまり聴かない方も多いようです。 人に影響されないようにするからでしょうか。 聴く時間があったら練習しているからでしょうか。 私はこの録音はチェロを弾く時に大変参考になります。特にテンポに対す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレーメルの弾くウィンナワルツのアルバム

クレーメルとヨハン・シュトラウス。クレーメルのドライな音のイメージから、何かイメージ違うような気がしていました。 先日ある方とクレーメルの話をしていたとき、この演奏をご存じなかったことを思い出しました。 久しぶりに聞いてみました。 アンネン・ポルカ~J.シュトラウス 世とランナーのワルツ ヨハン・シュトラウスのワルツ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モーツアルトのヴァイオリン協奏曲第1番~勝手にヴァイオリンの日(2)

 モーツアルトのヴァイオリン協奏曲第1番はのだめカンタービレのドラマのBGMでさりげなくかかっていました。  ミルヒ(シュトレーゼマン)が千秋を連れて行くクラシックのかかっているキャバクラのシーンです。 最初はイントロだけで何の曲かわかりませんでした。 その頃タイミングよくこのCDがショップの店頭にありました。 モーツアルト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティボーの弾くヴィタリのシャコンヌ~勝手にヴァイオリンの日

ジャック・ティボーの弾いたヴィタリ作曲シャコンヌ。 これは絶品です。 ○スタイル ティボーは私の最も好きなヴァイオリニストです。 ロン・ティボーコンクールはその名を冠にしています。 ティボー(1880-1953)は活躍したのが20世紀前半ですので、はじめて聴く人は違和感を感じるかもしれません。 私も初めて聴いたときはそう…
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

ミルシテインのシャコンヌ

ブリリアントをもしのぐ激安のCDセットをだしているDocument(ドキュメント)レーベル。 グレート・チェンバー・ミュージック(10CD)というCDセットを聴いています。 グレート・コンダクターなどの後に続く室内楽と器楽曲のオムニバスです。 あまりHMVの店とネットショップ以外では見たことがないです。 10枚で17…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

モーツアルト:ヴァイオリンソナタ~モーツアルトの誕生日(1/27)

 昨年のことですが、カシオのメーカー・アウトレットセールがありました。そこで物色していて目にとまったのがお風呂用の防水ポータブルCDプレーヤー。 もう小さいスピーカーなので音が良い訳ではないのですが、ゆっくりお湯に使って聴く音楽は同じ曲でも印象が違います。 スピーカーを鳴らすので電池の消耗が早いし、低音が弱いので小音量で聴け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バリリの弾くヴァイオリンソナタ~「勝手にモーツァルトの日」(その2)

ワルター・バリリが弾いたモーツアルトのバイオリンソナタ。 なんともいえない芳香が立ち上ってくる音で、奏でられる夢のようなモーツァルト。 かつて入っていた弦楽合奏のコンマスがバリリに心酔していて、似たような弾き方を良くしていました。 バリリのウェストミンスターの一連の室内楽シリーズに入っています。 バリリのかるくふんわりと…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more