テーマ:クラシック

チェロアンで弾くシンフォニー

第1楽章はのだめのテーマになったベートーヴェンの交響曲第7番。 この第2楽章を8人のチェロアンサンブルで弾いて見ました。 私が編曲して今回の発表会で弾いたので世界初演です(編曲は・・・)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーンフィルのニューイヤーコンサート

あけましておめでとうございます。 まず元旦といえば恒例のウィーンフィルのニューイヤーコンサートの生中継。 今年の指揮者はフランツ・ウェルザー・メスト。よく知らないのですが、カラヤン以来の地元オーストリア人の指揮者の登場だそうです。 曲はシュトラウスのワルツやポルカが中心。私も弦楽四重奏ですが新年早々ワルツやポルカを弾くので…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デュダメル~シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ

天才といわれているデュダメル,ユーチューブではいくつか見ていましたが,テレビでは初めて見ました。 ユースオーケストラを指揮しているからかも知れませんが非常に見やすい棒です。 そしてすごい人数です。弦も管も普通のオケの倍はいる。みんなからだが大きそうなのに良くこれだけ舞台に乗ったものです。 細かい表情付けやアゴーギクにオケがよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アデリータ~ICレコーダーテスト

チェロの練習とか録音しようと思って,ICレコーダー,ローランドのR-09を買いました。 ちょうど正月の帰省で手元にあったギターでテスト録音してみました。 まったく残響のない小さな部屋です。 ギターではこの広さでもなんとかなるけど残響のあるところが良いです。 曲は「アルハンブラの思い出」で有名なタレガの「ア…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2009

あけましておめでとうございます。 ぼちぼち更新しようと思います。 よろしくお願いします。 元日の夜はウィーン・フィルのニューイヤーコンサートをみました。 衛星生放送なのでなかなかはじまらないし休憩時間もある。再放送もあるようです。 生放送なので演奏前にウィーンフィルの弦楽器を扱う工房が出てきました。原則として全員が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブルックナー交響曲第9番(第4楽章付)~芦響定期演奏会

ブルックナ―の交響曲第9番、関西のアマチュアオーケストラ芦屋交響楽団(芦響)の演奏会。 知人が出演するのがご縁で聴いてきました。 まずファーガソンのディベルティメントは始めて聞く曲でしたが、いかにもイギリス、アイルランドという親しみやすい、美しい旋律と心地よいオーケストレーションのいい曲です。 イギリス曲ファンにはたまらないで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

小曽根真のサプライズ・コンサート~大阪クラシック2008

9月7日に続き,大阪クラシックに行ってきました。 今日は,まず当初の予定には入っていなかったコンサートから始まりました。 ジャズピアニストの小曽根真のコンサートです。 曲目は秘密とか。 開始2時間前に会場の中央公会堂に行って指定券をゲット。  ・・・・・・結局開始直前でも券を配布していました。ほとんど宣伝していなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カザルス~チェロ小品集

カザルスといえばバッハの無伴奏チェロ組曲。 では,カザルスが弾くアンコールピースのような小品を聴いたことがあるでしょうか。 1曲目のボッケリーニ。数々の美しいチェロ曲を書いたボッケーリーニのソナタの中でよく演奏される第6番。 このアダージョ何というカンタービレでしょうか。現代でこんなに纏綿と歌うチェロはまず聴けないでしょう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベートーヴェン;合唱幻想曲~ピアノ,合唱と管弦楽のための

ベートーベンの合唱幻想曲はそんなに有名ではないです。 でもベートーヴェンはずいぶん力を入れていたと感じます。 ピアノと合唱と管弦楽という組み合わせ。 普通あまり弾かれないこの曲を縁あって弾きました。 最近ちょっとオーケストラの末席でチェロを弾かせていただいていて,最初のコンサートの曲のひとつだったのです。 最初はまさにピア…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

そろそろ再開

気がついたら更新が1月以上あいてしまいました。 7月は1回も書いてないですね。 もうひとつのブログ「日曜チェロ弾き無伴奏日記」の方は大体毎日書いてましたが,最近あまりCDとか聴いていなくて,聴いていてもチェロ関係だったりしていたのでこちらの方はご無沙汰だったのです。 実は,関西に来てから,最近オーケストラでチェロを弾くよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ショパンのチェロ・ソナタ~モルクのチェロ

 モルクはノルウェーのチェリスト。 彼の今回の来日は急病で中止になったそうです。 そのために私は6月25日に上京して往復の飛行機の予約も取ったが結局チケットは払い戻しとなり彼の音は聞けませんでした。 今、実際に聴くはずだったショパンのチェロソナタのCDを聴いています。 ショパンといえばピアノ。 ショパンの作品のほとんどはピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハ:ゴールドベルク変奏曲~グールド1981年

 バッハのゴールドベルク変奏曲はピアノの出現する前にチェンバロのために書かれた曲だが,アマゾンで検索してもグールドのピアノ演奏の新旧2種類の演奏がトップに来ています。  ゴールドベルクといえばこの曲でデビューしてポピュラーにしたのはグールドであり,彼の最後の録音もこのゴールドベルク。 最近,私の聴き方は1枚のCDを数十回聴き続け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブラームス弦楽6重奏曲

ブラームスの弦楽6重奏曲を食事しながらずっと聴いている。  ブラームスは低音の重厚な和音が多用されていますね。 ピアノ曲も左手の動き,交響曲のチェロやコンバスの動き。 ブラームス独特のものです。 だから室内楽も弦楽四重奏よりもこの六重奏のほうがブラームス色がよく出ていると思います。 今,聴いているのはGREAT CHAMB…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天才ジャクリーヌ・デュプレの動画

 ジャクリーヌ・デュプレはまだまだこれからという20歳代のときに難病に倒れ夭折した女性チェロ奏者です。 彼女のことは映画にもなったし,もうすでに伝説化しています。 youtubeで彼女が16歳のときにテレビ初登場したときの動画があります。 グラナドスの「ゴエスカス間奏曲」です。 この作曲者グラナドスも確か第1次大戦中に悲劇的…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

引越し初日に聞いたバッハの平均律

4/12  無人島の1枚という言葉があります。今の一人暮らしは無人島ではないが、もって来るCDはかなり制限した。 部屋を片付けるのに聞くのはと浮かんだのがバッハの平均律。最初に聞いた1枚はグールドでバッハの平均律第2集を聞きました。本当に何かをしながら聞いていてすっと入ってくる音楽だ。  とりあえず一人暮らし初日は外食。近…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なぜベートーヴェンはシチューをほっぽったか

この言葉は  チェリストのスティーブン・イッサーリスの書いた本の題名。 日本語のタイトルは 「もし大作曲家と友達になれたら・・・」 バッハ、モーツアルト、ベートーヴェン、シューマン、ブラームス、ストラヴィンスキーの6人の作曲家のエピソードについてとても興味深く書いてあります。 子供向けに面白く書いてありますが日本語訳を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻想交響曲の熱い演奏

今日のテレビはN響アワーでなくて「オーケストラの森」 大植英次大阪フィルの演奏でした。 大阪フィルって30年位前、朝比奈時代に1度ブルックナーを聴いたことがあった。 CDでもベートーベンやブルックナーのドイツモノしか聴いたことがなかったです。 きょうはラヴェルとベルリオーズ、フランス物。 パソコン片手間で聴いたのではっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

指揮を見ただけで曲が分かる

 テレビ朝日「題名のない音楽会」 で「音楽センター試験」 というのをやっていました。 3番目のクイズの 「音なしクイズ この曲なぁに?」 「クラシック名曲 エア・オーケストラ クイズ」です。 1問目は指揮者の岩村さんがある有名曲を指揮しますが、オーケストラの皆さんは音を出さずに演奏します。その様子だけで曲名を早押しで当て…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

チョン・ミュンフンのマーラー9番

 今、N響アワーでチョン・ミュンフンがマーラーの交響曲9番を振っています。 今、第4楽章です。 いい曲です。 熱演です。 このN響アワーでは1楽章と、4楽章しかやらないので曲が全部聴けないと思って、録画もしませんでした。 この4楽章だけ録っておくんだったかな。
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ラ・フォル・ジュルネ、今年はシューベルト

 ゴールデンウィークに複数のいろいろなクラシックの演奏会を同時進行的に1日中やっている、熱狂の日といわれるラ・フォルジュルネ。 今年のテーマは「シューベルトとウィーン」だそうですね。 場所はいつもの東京国際フォーラム 公式ページ この絵を見ると・・・・・・青いスニーカーはどういう意味なんでしょうね。 私が一番気にな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バッハ;無伴奏チェロ組曲~ビルスマ(1979年録音)

 バッハの無伴奏チェロ組曲はチェリストにとって特別な扱われ方をせれています。 いわば旧約聖書ともいわれ神格化されているようです。 練習曲のひとつのように扱われていた無伴奏チェロ組曲をカザルスが初めて深い音楽性を持つものとして世にだした経緯があるからでしょう。  後に続いたチェロ奏者はみんなどこかしらカザルスの影響を受けています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルトーク;管弦楽のための協奏曲~ライナー、シカゴ交響楽団

 管弦楽のための協奏曲という名前からヴィルトゥオーゾ的なソロが入れ替わり出てくる曲かと思うとイメージは違います。 聴き始めると厳しさを感じる曲ですね。 このライナー、シカゴの演奏が非常に引き締まった感じがすることもあります。 これが作曲されたのが1943年で第二次大戦の最中、バルトーク自身が白血病に侵されていたということから来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハのオルガン曲は宝物~ヴァルヒャの全集

バッハのオルガン曲。トッカータとフーガニ短調しか知らなければもったいないです。 私が最も心惹かれるのは短くて40秒長くても3分ちょっとの小曲。 コラール前奏曲とかオルゲルビュッフラインとかです。 カンタータの最後に必ず歌われる合唱曲コラール。 コラールをオルガンに編曲したものです。 ここに全集があります。 オルガン作品全…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チャイコフスキー;弦楽セレナード~カラヤン

図書館からチャイコフスキーの弦楽セレナーデのCDを借りてきました。 演奏はカラヤン指揮ベルリン・フィルです・  気がつくと狭い部屋にCDがあふれている。 こんなにあると実際に聞けるのは何年おきか。10年以上聴いてないのもたくさん出てきます。 特に最近時間があるとチェロの練習をするからディスクを聴くのは通勤途中のうるさい環境が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最期の鳥の歌

N響アワーで聖路加国際病院理事長、名誉院長の日野原重明氏がゲストでした。 趣味のひとつがピアノで作曲もやるそうで日野原氏の作曲の「ノクターン」の一部が池辺さんのピアノで弾かれました。 暗い感じの曲だったですけど多才ですね。 音楽療法の本を書いているそうです。 「悲しい時には元気な音楽をかけるより、悲しい音楽をかけるほうが効果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーカサスの風景

 ロシアのイッポリトフ=イヴァノフといえば「組曲コーカサスの風景」 その中でもせいぜい「酋長の行列」だけが愛好家に知られていた。  などと解説の紙に書いてあります。 管弦楽作品集「コーカサスの風景」第1 & 2組曲 / トルコ行進曲 フェイゲン / ウクライナ国SOは知られていないからつまらない曲かというとそんなことないです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェリスト、ヨーヨーマの弾くフランク、フォーレのヴァイオリンソナタ

これは、ここで偶然試聴して見つけたものでした。 ヨーヨー・マ/パリ~ベル・エポック @HMV わざわざチェリストと断らなくても、今はまずいちばん有名なチェリストでしょうか。 でも弾いているのが全部ヴァイオリン曲です。 もちろんフランクは作曲者自身がチェロに編曲したものです。 タイースの瞑想曲はよくチェロで弾いたりします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン;ヴァイオリン協奏曲~ムッター、カラヤン

ベートーベンのヴァイオリンコンチェルトをテレビをつけるとやっています。 アンネ・ゾフィー・ムッター・ヴァイオリンでカラヤン指揮ベルリンフィル。 東京MXテレビで今年はカラヤン生誕100周年とかでお正月にやっていたが気がつくと今日もやっています。 ムッターのヴァイオリンは艶やかな音。 まさにカラヤン、BPOのサウンドに合ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファジル・サイ、ハイドンを弾く

サイははじめてのCDのバッハ、モーツアルトから聴いていますが、その目のさめるような音がいつも楽しませてくれます。 特にトルコ行進曲はトルコ人サイの演奏が本当にサイ高だと思っています。 このハイドンも期待を裏切りませんでした。 私はハイドンの良さが感じられるようになったのはモーツアルトよりもあとです。 シンフォニー全集を聞いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒナステラ;パナンビ~春祭が好きならおすすめ

 ヒナステラはアルゼンチンの作曲家です。 アルゼンチンといってもタンゴばかりが音楽ではありません。 ヒナステラはピアノ独奏曲、協奏曲、室内楽等いわゆるクラシックの作曲家。 チェロ曲やギター曲もあります。 コープランドの弟子でアルゼンチンのコープランドと呼ばれたようです。 そしてタンゴの革命家ピアソラは、若い頃彼に支持していたこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more