テーマ:モーツァルト

モーツアルト;ピアノ協奏曲第9番「ジュノーム」~ハスキル、シューリヒト

 昨日、あるオーケストラの演奏会にチェロでお手伝いに行きました。 そこで弾いたのがモーツアルトのピアノ協奏曲第9番。 モーツアルトのピアノ協奏曲は第20番以降の曲が有名で演奏も良くされるのですが、この第9番は例外ですね。 それだけ良く出来ているということでしょうか。 手持ちのCDでハスキルのピアノ、 シューリヒト指揮  シ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モーツァルトの生活/アコーディオンのモーツァルト~「勝手にモーツァルトの日」(その7)

「勝手にモーツァルトの日」最終日となりましたが,この機会にモーツァルトのエピソードを書いてみます。 ~スーパーピアノレッスン「モーツァルトを弾く」;NHKより ■モーツァルトは引越し魔  25歳から10年間ウィーンに住んでいたそうですが、その間13回も引越ししたそうです。 常に新たな刺激を求めていたということです。  そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューエイジ・ミュージックのモーツァルト ~「勝手にモーツァルトの日」(その6)

今、モーツァルトにちなんでジャズ、ボサノヴァさらにラップにアレンジしたものもでているそうです。 ここにあげたのは 「Different Mozart」 以前国内盤では「コンテンポラリー・モーツァルト」として出ていたものでニューエイジミュージックとかヒーリングにおいてあるものです。 楽器編成を見てもわかる通り、単なるメロディー…
トラックバック:3
コメント:10

続きを読むread more

春への憧れ;ピアノ協奏曲第27番~「勝手にモーツァルトの日」(その5)

「ピアノ協奏曲第27番」k.595はモーツァルトのピアノ協奏曲の最後の作品です。 作曲されたのはレクイエムと同じ1791年。つまりなくなる年です。 しかし深刻な暗さは微塵もなく、澄み切った美しさと、喜びにあふれています。 ピアノはシンプルです。でも、それには感情があふれています。 オーケストラも数々の交響曲よりあとに書かれた…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

ピアノソナタの聴き比べ~「勝手にモーツァルトの日」(その4)

モーツァルトは最初は天才ピアノ少年としてスタートした。作曲も同時に始めた。 この機会にモーツァルトのピアノソナタのCDを聞き比べてみました。 全部現代ピアノです。今だったらフォルテピアノ(モーツァルト時代のピアノ;写真)のよいCDもでているのでしょうが未聴です。 ■ファジル・サイ  【第10番K330、第11番k331「…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

弦楽五重奏曲ト短調~「勝手にモーツァルトの日」(その3)

バッハのロ短調、ベートーヴェンのハ短調と並んで、モーツアルトはト短調が宿命的な調性としてがあげられます。 2曲しかない短調の交響曲25番と40番はいずれもト短調です。 弦楽五重奏曲にもト短調の曲が1曲あります。 この五重奏の編成は弦楽四重奏にヴィオラを加えたものです。 このため内声が充実して響きが豊かになっているのとヴァ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

バリリの弾くヴァイオリンソナタ~「勝手にモーツァルトの日」(その2)

ワルター・バリリが弾いたモーツアルトのバイオリンソナタ。 なんともいえない芳香が立ち上ってくる音で、奏でられる夢のようなモーツァルト。 かつて入っていた弦楽合奏のコンマスがバリリに心酔していて、似たような弾き方を良くしていました。 バリリのウェストミンスターの一連の室内楽シリーズに入っています。 バリリのかるくふんわりと…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

フルート四重奏曲集:パユ~「勝手にモーツァルトの日」(その1)

モーツァルトの室内楽は結構管楽器のレパートリーがあります。 最高傑作の(と私は勝手に思っている)クラリネット五重奏曲をはじめ、オーボエ、フルート、ファゴット、ホルンのアンサンブルが豊富です。 このフルート四重奏曲はフルート、バイオリン、ヴィオラ、チェロの四重奏で4曲あります。 (k285、k285a、k285b、k298)…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

モーツァルトそっくりなフンメルのトランペット協奏曲

フンメルのトランペット協奏曲を聞いていて「あれっ」と思った。 モーツァルトにそっくりなのである。 作風が似ているという意味ではなくいわゆる有名な曲に似せている。引用というかパクリというか。 1楽章はしばらく聞いているとオーケストラが交響曲第35番「ハフナー」にそっくり。 2楽章はピアノ協奏曲第21番の第2楽章「短くも美しく燃…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

モーツァルトで癒されるのは~「たけしの誰でもピカソ」(2)

「たけしの誰でもピカソ」でモーツァルト特集。前日の記事、感想の続きです。 ■青島先生いわくモーツァルトで癒される理由  ピアノ協奏曲第21番k.467の第2楽章(短くも美しく燃え)を例にあげ説明  1.テンポがゆっくり  2.メロディラインが長い  3.低い音が時々入る  4.へ長調は母性愛を表す。 1.はモーツァ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「たけしの誰でもピカソ」のモーツァルト特集をみて(1)

「たけしの誰でもピカソ」でモーツァルト特集をやっていた。 出演:青島広志(作曲家)、鈴木慶江(ソプラノ)、茂木大輔(N響奏者&指揮者) 「勝手にモーツァルトの日」の参考になるかと思いますが・・・。 途中からみて途中まで見た。  ・・・子供にチャンネルを譲った。Orz ■よくわからないけど、1/fのゆらぎというのがあって…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more