テーマ:洋書

ハリーポッターの映画、そして最終巻の発売

 ハリーポッターの映画 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 の映画が7月20日に公開される。 何かいつのまにかという感じです。 予告編を見ましたがもうみんなすっかり大人に名なりましたね。 さて、ほぼ同時期7月21日に原作の第7巻(最終巻)が発売されます。 5巻、6巻と厚くなったので読むのに何ヶ月もかかり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハリーポッター第7巻「ハリーポッターと死の秘法」~ついに結末が・・・

ハリーポッター第7巻の英語版(UK及びUS)の発売がついに決まったそうです。 発売は7月21日 作者のローリングさんはもう何年も前からこの結末を先に書いて金庫にしまっていたといわれていますね。 発売時はハードカバーで高いし、英語版読むのは時間かかるし。 ・・・第6巻は1日15分ずつ読んでいって何ヶ月かかったことか(-_-;)…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」ついに読了

11月22日ついにハリポ第6巻 【Harry Potter and the Halfblood Prince】(Harry Potter 6) 読了。 いやあ。第5巻より160ページ少ないのにもかかわらずとても時間がかかってしまいました。 読み始めたのが4月6日ですから、7ヶ月と18日。 読むのは通勤電車の中だけ。しかも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハリーポッターと謎のプリンス~目次(ネタバレかも)

ハリーポッターシリーズ第6巻「ハリーポッターと謎のプリンス」をついに読み始めました。 発売が決まったときに一度御紹介の記事を書きました。安いペーパーバック版が出てから読もうと思ったが、日本の翻訳版より遅い。 アマゾンのマーケットプレイスでUK版が安くなっていたので手に入れました。 厚さは5巻の「不死鳥のの騎士団」より少ない60…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

チャーリーとチョコレート工場

「チャーリーとチョコレート工場」のDVDを見ました。 このBLOGの第1号の最初の記事はこのロアルド・ダール原作(英語版)の感想でしたが、 映画は見てなかったのです。 本で読んでいたのそのままの世界が映像化されています。 おもしろかった。 ウンパ・ルーパのイメージがちょっと違ったかな。 でもなんかシュールでかえってお…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

ハリーポッターと混血のプリンス邦訳発売決まる!

ハリーポッターと混血のプリンス(仮) 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 邦訳版発売=来年5月17日 日本版のタイトルは最終的にこうなったみたいです。 【Harry Potter and the Halfblood Prince】(Harry Potter 6) 「Elinor's Forest 」さんのページで邦訳版発売の…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

Jawsを読みました。もうすぐ100万語

1年くらい前より、英語の多読というのをしています。 中学の子供の塾で「めざせ100万語」という講座を知ってホームページを見たのがきっかけです。 このSSS英語学習法は、「多読(Extensive Reading)」を中心に、リスニングやシャドウイングなども併用して英語を習得する方法です。 中1修了程度の基本的な語彙を知ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モリー先生の火曜日(Tuesdays with Morrie)を読んで

 自分の年齢を自覚する時があります。でもそれを是認して、どう生きていくか。 人生で一番大切なことはなにか?人生の見方のヒントが満載の本だとわかりました。 しかし、読みながら自分の読解力が不足していると感じました。 読み飛ばすには惜しすぎる。そう思って、とても時間がかかる結果となってしまいました。 主に朝の満員電車…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

チャーリーとチョコレート工場を英語で読んでみましょう

以前, チャーリーとチョコレート工場のペーパーバック Charie and the Chocolate Factory をご紹介しましたが, 講談社英語文庫でも英語版のチョコファクがあります。 日本の文庫サイズですのでペーパーバックより小さく,紙質がよいです。 巻末に,むずかしい単語,熟語の日本語訳がつい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーホーの白い馬・・・草原のチェロ

今日は十五夜、本当に月がきれいだ。月見団子を食べた。こういうのは明日はもう売っていないだろう。 絵本「スーホーの白い馬」の英語版(CD付)を聞きながら読んだ。 英語もやさしく、朗読も聞き易かった。このお話は今の小学校の国語の教科書に載っている。 原作はモンゴル民話らしい。モンゴルの楽器モーリー・クーの由来の物語でちょっと悲しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Charie and the Chocolate Factory「チャーリーとチョコレート工場」

はじめまして。初ブログです。よろしくおねがいします。  さて 洋書の多読というのを始めまして、1年が過ぎました。 最近読んだのが  Charie and the Chocolate Factory        Roald Dahl;Penguin USA  29743語 これはちょうど「チャーリーとチョコレート工…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more