★ 音楽と季節の記♪ ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ブルックナー:交響曲第9番、クナッパーツブッシュ;ベルリンフィル〜勝手にベルリンフィルの日

<<   作成日時 : 2007/01/14 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

ベルリンフィルのディスクは意外に少ないことに気づいた。
しかもカラヤン以外となるとLPではフルトヴェングラーとかあったけれど、CDで買いなおしていません。
ヴァントのブルックナーを探していたら見つからず、クナッパーツブッシュ指揮ベルリンフィルのブルックナーの8、9(2枚組)が出てきました。

クナといえば8番が有名で、9番は珍しいと思って買っていたのです、
9番の方を聴きました。
1950年1月のライブ。
9番はシューリヒトVPOのスタジオ盤が一番だと思っているので、いままで他の盤を聞いてもなかなかなじめないのです。今回はテーマがベルリンフィルなのでオーケストラ中心で聴いてみようと思います。

クナッパーツブッシュは嵐のような力が最初から全開です。
ベルリンフィルの音は厚みがありますね。
ウィーンフィルだと音色のせいでどこか艶やかさがあるのだが、ベルリンフィルは暗い。
この頃のは特に暗い。
録音はこの年代としては悪くないので、これはベルリンフィル特有のものでしょう。
かなりテンポが変化します。人間の感情の高まりが大きなパワーとなって押し寄せてくる。
やはりこういう音はこの頃のベルリンフィル以外では出せないでしょう。

第2楽章のスケルツオ画像
 巨大な圧力で迫る。田舎の踊り風のトリオも何か不気味さがある。
再現部、さらにパワーアップ。熱くなってきます。

第3楽章
 崇高な自然の神の力を感じさせるこの曲を、思いっきり人間的な感情を移入して歌っていきます。
大きなうねり、クレッシェンド、カンタービレ。
もう、これはこれで本当に見事です。
最後のほうで聴きなれない個所があります。
ゲネラルパウゼで突然ピチカートの強奏。
版が違うのでしょうか。
このスタイルでブルックナーをやる人は今はいないでしょう。
実現にはベルリンフィルが見事に答えていることがあるでしょう。
この演奏では泣けないですが、あらためて聴くとこれは凄いです。


Symphony No. 8 In C Minor:
Symphony No. 9 In D Minor:
作曲: Anton Bruckner
指揮: Hans Knappertsbusch
オーケストラ: Berliner Philharmoniker
ディスク枚数: 2
レーベル: Tahra

H. Knappertsbusch Legacy, Vol. 1
Symphony 8 & 9

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハイドンの《交響曲第82番「熊」》を、ザンデルリンク&ベルリン・フィルでBPH0611
クラシック音楽ブログ共同企画  「勝手にベルリン・フィルの日」(カラヤン以外)用エントリ テーマ曲と対象演奏  フランツ・ヨーゼフ・ハイドン:交響曲第82番ハ長調《熊》  指揮:クルト・ザンデルリンク 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  録音:1997年6 ...続きを見る
まぁちゃんのクラシック音楽覚書き
2007/01/15 22:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ダンベルドアさま

クナのブルックナーの9番は聴いたことがありません。ベルリンでの演奏なんですね〜。聴いてみたいですね〜
私も、クナのLP3,4番ヴィーンの演奏でデッカのモノラル録音好きだったんですが、CDに買い直していません。
ミ(`w´)彡 
rudolf2006
URL
2007/01/15 04:41
rudolfさん

こんにちは
私がかつて初めて学生オケにはいって最初の年にひいたのがブルックナーの3番。そのときに聴いたのがクナのLPでした。最初に聞いたときはブルックナーもクナも何?って感じでした。
ダンベルドア
2007/01/15 13:03
こんにちは。これはまた、随分と昔の演奏からチョイスしましたね。

なぜか皆さん、ブルックナーを取り上げる率が高いのは、なぜ?

アバドやラトルの演奏がもっと推されるかと思ってたんだけどな。
もしかして、もしかしたら皆さんも、好きじゃないのかなぁ?

一気にカラヤンと同時代か前まで遡ってしまう傾向になるんだよね。不思議な現象です。

次回の「メンデルスゾーン」も、よろしく、どうぞ。

そうそう、年号表記の件、ありがとう。全く気がつきませんでしたよ。既に修正してあります。助かります、ほんと。
miwaplan
URL
2007/01/15 22:52
アバードやラトル、当然最近のものが多いので聞く機会は多いのですがこれといったものが思い浮かびませんでした。
ブルックナーは弾く立場からすると弾きにくいので、オケの素が出てしまうような気がします。
ダンベルドア
2007/01/15 23:13
私はクナ/BPOの1950年1月28日録音(ARCHPEL)を持っています。同じ演奏でしょうか。
第3楽章は独特ですね。やはり楽譜の版が違うように思います。演奏はかなり強烈だと思います。
ピースうさぎ
URL
2007/01/16 13:50
ピースうさぎさん
私の持っている盤(Tahra)の録音は1950年1月28日で同じ演奏です。
最初聞いたときは強烈でついていけなかったのです。今回は版の違いは気がつきましたが、演奏は面白かった。やっぱりクナですね。
ダンベルドア
2007/01/16 23:15
こんばんは。

クナは8番のイメージ強いですね。5番の異稿も面白かったです。
9番は強烈そうですね。ベルリンフィルも、戦後このころが、音もローカルぽかったのでしょうか。

garjyu
garjyu
2007/01/17 19:56
garjyuさん

>ベルリンフィルも、戦後このころが、音もローカルぽかったのでしょうか。

これはよく言われますが、その後の統括者が意志をもってローカル色をなくしてしまったのですよね。
ダンベルドア
2007/01/17 23:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブルックナー:交響曲第9番、クナッパーツブッシュ;ベルリンフィル〜勝手にベルリンフィルの日 ★ 音楽と季節の記♪ ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる