ハリーポッターと混血のプリンス邦訳発売決まる!

ハリーポッターと混血のプリンス(仮)
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 邦訳版発売=来年5月17日
日本版のタイトルは最終的にこうなったみたいです。
【Harry Potter and the Halfblood Prince】(Harry Potter 6)

「Elinor's Forest 」さんのページで邦訳版発売の予定を教えていただきました。

↓アマゾンのページ:
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 
   ハリー・ポッターシリーズ第六巻

「Amazon.co.jp は、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』をご予約のお客様に、発売当日(2006年5月17日)に配送料無料でお届けいたします。」ということです。


邦訳が出る前に英語版で読もうと思ったのに、まだ買っていません。
前回第5巻(不死鳥の騎士団)のときは、イギリス版のハードカバーを予約して
発売と同時に、入手したのにあの6~7センチ位ある厚さに圧倒されて読み始めが遅れて
読み終えたのが日本語版が出てから2ヶ月近く過ぎたころでした。

まあ、あの本のお蔭でSSS多読法の「辞書をひかずに読み飛ばす」癖がついたのでしたが・・・

今回まだ読んでいないのは、そのうちハードカバーでなくて半額近くのペーパーバックが出るから
それを買おうと思っているのです。

本当は速く読みたいのですが・・・。
画像
一回息子がネットでネタバレを見つけて得意になって話そうとするからあせった。なんかとんでもないことをいっていたんだけど・・・忘れた。(意識して思い出さないようにしています)

(4月6日更新)「謎のプリンス」の目次とその和訳(よくわからないかもしれない直訳)

抜粋(Amazonco.jp より)
彼は年老いたライオンのようにみえた。たてがみを思わせる黄土色の髪、ふさふさの眉毛、そのどちらにもちらほらと白髪があった。針金縁の眼鏡の奥で黄色がかった目を鋭く光らせ、少し足を引きずってはいるが大またで歩く姿は、さっそうとして気品があった。(試訳)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年12月05日 00:28
こんばんは! Elinorです。TBありがとうございました。
ハードカバー、確かにあの厚みはビビりますね。
Halfblood Princeも前作よりはページ数が少ないですが、
分厚いです! 辞書と同じ厚み。(笑)
腕が腱鞘炎になったのは、このせいかもです。

ネットではネタバレのとこがたまにありますので、
ご注意ですね~。私も知ってしまいました。
でもナゼそうなったかという過程が楽しみです。
Elinor
2005年12月11日 14:00
たびたび失礼いたします。Elinorです。
ペーパーバックの発売が決定されたようですので、
お知らせとともに、先日の拙ブログの記事に
追記いたしましたので、トラックバックさせて
頂きました。
ただし、これはUK版のペーパーバックです。

この記事へのトラックバック