★ 音楽と季節の記♪ ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ベロフのスーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」

<<   作成日時 : 2006/04/09 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

ベロフのスーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」
ついにスーピーも(我が家ではこう呼ばれるように)再放送が定番化。
嬉しいけど、本放送は子供の裏番組に譲ることに(-_-)

なので、今日初めて再放送でみました。画像
曲は「亜麻色の髪の乙女」・・・ドビュッシーのです。
ビレッジシンガーズでも島谷ひとみでもないです。(誰も勘違いしないって)

ドビュッシーのピアノ曲の中では月の光と並んで一番ポピュラーです。
まず

譜面は難しくないですが、ベロフは随所に注釈を入れていきます。

曲全体の解釈としては
”この曲は印象派よりラファエロ前派の影響がある。”・・・美術の話です。
”髪の流れに似たしなやかさと緻密な素描の両方の側面がある。”
”古典的な滑らかさを持つケルト芸術”
 ・・・確かに前奏曲集の自由な曲想の曲を順番に聞いていくとこの曲はとっても古典的に聞こえます。

技術的には
”ドビュッシーはセデ(速度を緩める)を頻繁に使う。急がず性格に・・・。
”ペダルで響かせるのは低音ではなく、内声です。”

良い演奏をするために
”やさしく、柔らかく、色彩豊かに。そのために必要なのは教養。絵画を見たり、ドビュッシーの管弦楽を聞いたり、本や彫刻に触れよう。良い演奏の糧となる。”
 ・・・これと同じことをショパンのときのルイサダも言っていました。

演奏スタイルは違っても一流の音楽家は共通していると思いました。
多分、音楽に限らず、仕事でもクリエイティブなことに関しては当てはまるのだと思います。

関連記事【瞬間の音楽】Preludeさん

ランキング参加中です。宜しければClickをお願いします。
人気ブログランキング
画像

ブログ村クラシック
にほんブログ村 クラシックブログへ








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミシェル・ベロフによるレッスン第1回(2006.04.04)
ISBN:414910610X:detail  NHKスーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」が、この4月からミシェル・ベロフの講師で始まった。  その第1回の曲目はC・ドビュッシーの「亜麻色の髪のおとめ」。 この番組のことは、ダンベルドアさんが書かれているブログ「★ 音楽と季節の記♪ ☆」http://mholmes.at.webry.info/で知って興味を持ったので、早速テキストを購入して毎回視聴することを決めました。ダンベルドアさん、ありがとう(^_^)v そのテキストですが、税... ...続きを見る
まぁちゃんのクラシック音楽覚書き
2006/04/12 21:37
ミシェル・ベロフによるレッスン第2回(2006.04.11)
ISBN:414910610X:detail  NHKスーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」 講師:ミシェル・ベロフ  第2回の曲目はM・ラヴェルの「水の戯れ」。 この曲については以前から「寸足らず・字余り」というイメージを持っていました。今回の講座で使われている楽譜を初めて見て、それが納得できました。 倍の速さの動き、半分の長さの小節、またその半分の長さの小節が、はさまっていたんだね。こういうところが、聴いただけではわからない部分なんだ。でも、こうして楽譜を見れば、なるほどと、その構... ...続きを見る
まぁちゃんのクラシック音楽覚書き
2006/04/13 00:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ベロフのスーパーピアノレッスン「フランス音楽の光彩」 ★ 音楽と季節の記♪ ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる