ファジル・サイ、ハイドンを弾く

サイははじめてのCDのバッハ、モーツアルトから聴いていますが、その目のさめるような音がいつも楽しませてくれます。
特にトルコ行進曲はトルコ人サイの演奏が本当にサイ高だと思っています。

このハイドンも期待を裏切りませんでした。
私はハイドンの良さが感じられるようになったのはモーツアルトよりもあとです。
シンフォニー全集を聞いてハイドンもいろいろな表情があることが分かりました。
きっとピアノ曲もそうなのでしょう。

共通にいえるのははじけたような明るさ。
それをサイは思い切ったリズムと表情で表現しています。
これは楽しい。

彼自身も弾きながらグールド張りに歌っています。意外とこういうピアニスト少なくないんですね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック