アデリータ~ICレコーダーテスト

チェロの練習とか録音しようと思って,ICレコーダー,ローランドのR-09を買いました。

ちょうど正月の帰省で手元にあったギターでテスト録音してみました。

まったく残響のない小さな部屋です。

ギターではこの広さでもなんとかなるけど残響のあるところが良いです。





曲は「アルハンブラの思い出」で有名なタレガの「アデリータ」です。
最初の下降音階がエキゾチックでかわいい曲です。
実家で探し出した楽譜です。
この曲○十年ぶりに弾きました。

練習なしのぶっつけ本番のテストなのでちょっとよたよたしています。
なので後半はカット!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ninja
2009年01月12日 10:43
あともう少しで終わるのに聴かせてほしかった~。
ギターってロマンチックですよね~。どうしてかわからないけれど。。。チェロと又違います。
学生の頃(年がばれますが)フォーク全盛で、ギター弾ける男の子は皆素敵に見えました。ドア様ももてたのでは?楽器によってその人の印象も違ってきますね。この演奏を聴いていると、チェロのドア様は浮かんでこず、別の人みたいです。何を言っているか意味不明でしょうが、私も上手く言えません。これだけきれいに録音できたら上々ですね。どこかで読んだのですが、演奏したらすぐ録音を聞くのがよいとか。この録音機とメトロノームでチェロのほうもますます上達されますね。
ダンベルドア
2009年01月12日 23:52
ninjaさん

ここ1年ギターはほとんど触っていないのですが,録音のテストと思って入れてみました。いつの間にか息子がギターを始めているようなので実家から持ってきた楽譜のひとつです。このあとちょっと失敗したからカットしてしまいました。練習してからちゃんとアップしましょうね。

チェロを弾いている私と別人ですか。じゃあ,チェロを横に抱えてアルハンブラを弾いているのと,ギターソロでアルペジョーネソナタを弾いているときはどっちかな。

この録音機今度はオケの練習のときもっていって,まるまるとってこようと思います。
2009年01月28日 15:00
作曲とヴァイオリン演奏の玉木宏樹です。
私儀、このたび「クラシック埋蔵金、発掘指南書」(出版芸術社\1800)を上梓致しました。
不当にも埋もれてしまった名曲150曲を紹介していますが、今回、
http://8724.teacup.com/justint/bbsの掲示板を建て、作曲家名と作品名をお知らせしています。
一度ご覧になられてご意見,感想を賜れば幸甚でございます。

NPO法人 純正律音楽研究会のホームページもリニューアルしました。
http://just-int.com/
以上,よろしくお願い致します。
玉木宏樹

http://8724.teacup.com/justint/bbs

この記事へのトラックバック