ブルックナー交響曲第8番オルガン編曲版~「勝手にブルックナーの日」

ブルックナーは交響曲はシューリヒトの8,9を両方書いていますので極め付けでなく、変化球で行きます。
オルガン編曲版交響曲第8番です。
『作曲もするオルガニスト,リオネル・ロッグが京都コンサートホール委嘱により編曲したオルガン独奏版』だそうです。
この録音はジェノヴァのヴィクトリアホールのオルガン。

■第1楽章
 最初からあのブルックナーの音です。
シンフォニーをオルガンで弾いている違和感は全くありません。
というより、ブルックナーがオルガン奏者であったことが納得できます。
パイプオルガンの音が多彩であることが良くわかります。
ロングトーンのピアニッシモがクレッシェンドしていくのも表現されています。
クライマックスのファンファーレのフォルティッシモも劇的に表現されている。

とはいえオルガンの音は心地よすぎて、聞いていて興奮してくるようなものはあまり感じられないのも事実です。

■第2楽章
 オーケストラのようなざわざわした感じがないのが物足りませんが、このスケルツォも美しい。。画像
トリオの部分で優雅な舞曲を奏でるところ、弦の艶やかな音が聞こえないのはちょっと寂しい。

■第3楽章
 天国的な美しさのアダージョ。
確かに美しいが、これは弦の音が聞こえないのが本当に物足りない。
 ちょっと間が保てないで落ち着かないような気がするのですが・・・・・・。

終わり3分前頃にクライマックスがくるところ、オルガンのフォルティッシモのすごい音。実際にホールで聞いたら鳥肌モノだろうと思います。
この楽器はオーケストラ以上に狭い部屋で聞いても伝わらないのでしょうね。
何しろ床から振動してこないのですから。

■第4楽章
 ティンパニーが入っていないので華やかな感じはありません。
ひたすら荘厳な和音の出だしです。
そして、ひたすら長い楽章、注意が他に行って完全にBGMになってしまっています。
これもなかなか悪くはないのですが・・・・・・。

そして最後の2分の悲しげな雰囲気から、超低音に支えられた輝かしい和音になって、終わりました。



クラシックブログ共同企画「勝手にブルックナーの日」

Bruckner: Symphony 8
Bruckner/Symphony No 8 - ブルックナー:交響曲 第8番(ロッグ編曲)オルガン版

"ブルックナー交響曲第8番オルガン編曲版~「勝手にブルックナーの日」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント